スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クライマックス」 感想など

 
24日に、初日以来の観劇を、Wで。10日ぶり。

宙組大劇場公演で、こんなに観劇間隔があくことってあんまり無いので、
なんだか変な感じでしたね。


やっぱり好きだわぁ、宙組


お芝居の方は、初日よりすんなり見れました。
ツッコミどころ、特に結末以降は、初日観劇後、色々勝手に想像した
ポジティブなストーリーである程度、脳内補完したので・・・。

ナウオンで祐飛さんも、その後の「余白」を想像するのが楽しい作品に
なればいいって言ってたし。

ただ「誰も不幸にならない・・」って言ってたのには、「えっと・・・ロイは・・・・」って
思いましたけどね ロイの存在は本当に訳がわからないんですよねぇ・・
いっそのこと、最初から「子供の時に死んでしまったお友達」設定とかでも
話はなんとかなりそうなんですけどね・・・正体がばれるのは
何か別のきっかけでも色々出来るし・・・って、まぁそれはいっか。


その後、偽スポンサーはいなくなったけど、ショーの素晴らしさとゴシップ的な
盛り上がりで別のスポンサーが出てきて、ショーは続行、
ジュディは大スターになった、とか。

ジュディがロナウドを追いかけるパターンは、クラシコであったし、なんかジュディって
そういうタイプでもなさそうなので、それは無しだなと。

ニックは、証拠不十分とかで罪にはならなくて(なっても軽くて)、
すぐにロナウドと合流してまたどこかでひと稼ぎするだろう、とか。
キャサリンとは、結局上手くいかない気が・・・・
ニックはよくても、キャサリンが色々気にしてしまって気まずくなりそうだなぁ・・・って。

アーサーは、ロナウドを執念深く、でも結構楽しそうに追い続けるだろうし、
でも、ジュディのことは結局、遠くから見守るだけっぽいよなとか

ピーターはポーラと付き合って、絶対結婚して、
その結婚式でフローレンツはおいおい泣くだろうし(笑)

わからんのは、グラントだけど、ま、とりあえず、あの一味、仲良さそうだし、
子分がしっかりしてるしなんとかなるでしょう。
でも、親分を追い落として、自分がボスになろうとはしなさそうなのが、
あの子分たちの良いところ(笑) 愛されてそうだもん、グラント(笑)
囚人服で檻の中でギャーギャー言ってるのも、想像出来てかわいいけど


もちろんそんな勝手な脳内補完だけじゃなくて、
お芝居の変化ですんなりいった部分もありますよ。

特に、ロナウド少年@もんちの、「絶対這いがってやる!」っていう
悔しい思いが、ものすごく強く感じられたので、その後のロナウドが
悪いことであっても這い上がるためにやってやるんだ、と思いながら行動し、
あそこまでになったっていうのものが、つながってみれたので。
初日は、どーしてあんなにピュアな少年が、天才詐欺師と言われるまで
変わってしまったのかがつながらなくて、モヤっとしてたのでね。


とりあえず今回はストーリーより、みんなのキャラを楽しむ作品として
素直にそれ目線で楽しみながら観ます。
私の周りも「この作品好き」って言う人、多いです

キャラが楽しめる作品なので、新公がすっごく楽しみなんですよねぇ。
新公の配役見て、この役がこの子かぁ~とニマニマしてます


あ、あと、フォーリーズの場面、2階から観たら、めっちゃ綺麗でしたっ!!!



っと、では初日に書かなかった(上手く書けなかった)ショーの感想を・・。




宙組 『華やかなりし日々』初日感想。

 
行って来ました、初日。

私、大空氏がトップになってから「大江山-」以外の初日は全部観れたかな。

初日のあの独特の緊張感っていいでんですよね。

今回は特にサヨナラ公演ということもあるし、オリジナル作品でどうなるか・・・って
いう緊張感もありましたしね。


いくつか新聞に写真とかもUPされてますね。


  デイリースポーツ


  
神戸新聞


  
サンケイスポーツ



  
スポニチ



ま、何はともあれ感想を。ネタバレしますので・・・・






宙組稽古場情報

 
すっかり放置ですいません。

の情報が無く、観劇に行けてないので、完全にエンジン切ってました

そろそろふかし始めないといけないですね・・・・


さて今朝は稽古場情報がありました。

知的で、でも楽しい雰囲気が毎回素敵で、大好きな、すっしぃさんと、祐飛さんのトーク。

これも今回が最後です・・・・

2人の話の入りも、「今回が最後で・・・」みたいな。
わかっててても淋しいねぇ・・・

すっしぃさんの「ゆうぴちゃん」が聞けることももう無いのかなぁ・・・

配役発表

 

『華やかなりし日々』の配役も出ましたね。 コチラ

それなりにみんなに役がついたという感じでしょうか?
レビューシーンがあるので、劇団員的な役も多いのかもしれませんが・・・・


オリジナル作品なので、配役名だけではほとんど何もわかりませんよね。
これは相関図待ちですね。

そんな中、ともちんの、「フローレンツ・ジークフェルド」は、実在の人物です。


今回のお芝居の見せ場のひとつの、華やかなジークフェルド・フォーリーズの
レビューを作った人が、ジークフェルド。

彼のレビューはとにかく華やかで、キラキラの大きいケーキのセットに
レビューガールズが並んで、クルクル回ったりするのが有名ですよね。

その昔、峰さを理さんの星組が、「レビュー交響楽」というこの人が主役の
伝記的な作品をやったことがあります。 あぁ、懐かしい。

そして、せーこちゃんのアンナ・ヘルドという役がジークフェルドの最初の奥さんで女優。
ウエストを細くするために肋骨を2本?取っちゃったという人です。(ほんとかな?)

レビュー交響楽では、矢代鴻さんがやっていて、少し高慢な感じの役でしたっけね。


レビューのシーンがどういう風にストーリーに絡んでくるのか楽しみです。


トップコンビのサヨナラであり、貴重な宙の人材たちのサヨナラであり、
原田先生は大変なプレッシャーでしょうが、とにかく良い作品になることを祈ってます。


あぁ、それにしても、卒業メンバー、揃いも揃ってもったいない・・・・

同期のお花渡しが、84期と88期は組替えメンバーになるんですよね?

ちや姉にはみっちゃん、れなちゃんには大ちゃん。 何なのよ、それ・・・

イケメンズ♪

 

宙組本のイケメンズのポスター。

ようやくフレームに入れて飾りました。


フレームの色は、白か、シルバーか、黒か、ゴールドか・・・・

悩んで悩んで、結局渋めのゴールドに。


 これ、大正解ヽ(^o^)丿



どの色合いの写真にも合いますぞv( ̄ー ̄)v


  買ったのは、コレ。
     


安いけどシンプルだし写真が引き立ちますよん。


とりあえず3枚だけだけど、リビングの棚の上に2枚。

イケメンズ勢ぞろいと、祐飛さんを。

 P1260255.jpg

これも悩んでねぇ~。 88期トリオも捨てがたいし、テル氏のやつも好きだし・・・

でも、やはりサヨナラ公演終わるまでは我らがトップさんを!ということで

 P1260262.jpg 

 P1260264.jpg

ほんとはズラっと並べたかったんだけど、さすがにカレンダー取っちゃうと
ダンナに文句言われそうなので・・・・

そして、いつも自分が座るソファの真横の一番近いところには、やはり、ともまさを

 P1260249.jpg

しかし、落ち着くような落ち着かないような  でも、幸せ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。