スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Carnevale 睡夢』 感想



スカステ
で見たディナーショーみっちゃんが、めっちゃくちゃかっこよくて、
すっごい感動した、れおです ちーちゃんもかっこよかったッス~


さて、ゆみこちゃん大劇場サヨナラがいよいよ明日です。 早いなぁ・・・。

雨、降らないで欲しいぞ・・・。

でも、まだ東京公演もあるんだし、あんまりしんみりしないでおこう。

そう、明日は、『シャングリラ』のお稽古場の映像が流れるしねっ

で、ようやく雪組ショーの感想。
なかなか一回観ただけではわかりにくかったんですけど、さすがに4回観たので

ただ、ほんとにゆみこちゃん中心で見てたのと、色んなところに色んな人がワサワサと出ているので、
雪組さんは、あんまり詳しくないから、主要な人以外は、ほとんど判別できてませんので、あしからず

あと、ゆみこゆみこと、かなりうるさいので そこんとこ、ご了承下さいませm(__)m



ショー全体が、ベネチアカーニバルの数日間を表していて、
色んな雰囲気の場面が、途切れることなく流れていく感じ。
「オギーのショーの毒のない感じ」って書かれてるの読みましたけど、まったくそんな感じかな。

曲とかも、いろんなジャンルの曲を使っていて、耳慣れてるのも多いので、楽しい。
ただ、統一感が無いといえば、ないかも・・・・。

それでも、大劇場で初めてのショーで、とにかく組子をしっかり使って作ろう、
2階から観てもきれいに見えるように考えて作ろう(歌劇談)っていう姿勢は、いいと思う。(偉そうでゴメン)

ちょっと詰め込みすぎ、頑張りすぎ、な感じは否めないけど、
もっと経験を積んで、洗練されてきたら、おもしろいものが作れるかなと 稲葉先生、次にも期待。

デイリーの写真見ると、場面場面の雰囲気よくわかるので。 コチラに。

****************

開演前から、舞台には、建物のようなセット。
の音が流れてるんですけど、ちょっと波音ってわかりにくくて、なんかの雑音みたい

で、いきなり下手からチギちゃんが、側転で元気に登場!バトンもクルクル回しちゃって、
運動神経抜群なところを見せちゃいます 衣装はピエロ風
バトン、前から出来るのかと思ってたら、今回すごく練習したんだってね。ジェンヌってすごいね
今回、チギちゃん、大活躍で、キラッキラしてたよ 髪の毛もド金髪だから、すぐわかるし(笑)


周りから、チギちゃんの相手役みたいなみみちゃん(舞羽)、コマくん(沙央)、さゆちゃん(大月)、
キタロウくん(緒月)、あんなちゃん(花帆)、ナガさん(飛鳥)、ニワニワ(奏乃)たち登場。
この人たち、カーニバルの実行委員会ということらしい。
狂言回し的な役で、歌いながら銀橋に。この時に、チギちゃんが日替わりでいろんなことを言ってます。
初日は、マイクがちゃんと入ってなくてかわいそうだったけど、毎回、お客さんに拍手を求めて盛り上げてたり、
客席に誰か見に来てたりすると、「○○さんだ~!とかいじってたりね。

ちょっと違うけど、前作の「リオ-」の時も、こんな感じの始まり方だった気がする・・・・
まず前フリの場面があって、「これから、ブラジルに向けて飛行機離陸しま~す」みたいな。違ったっけ?

チギみみコマさゆきたろうあんな はペアなのねん。
このペアが、その後のストーリーに絡んできてたりもするのだ。

中世の騎士みたいなキタロウくん、カツラもかぶって、で、走り回るし、暑そうなんだよね(笑)
で、なんかの拍子には、すっごい“きれいなお姉さん”にも見える(笑)
コマくんの衣装は、悠河さまの着てたやつだよねん

今回、この実行委員会のメンバーがいろんな場面でいろいろやってるんだけど、
特にキタロウくんに注目しちゃうと、おかしくて、おかしくて
あんなちゃんに怒られてたり、花嫁の父みたいになって泣いてたり、チギちゃんいじってたり(笑)
ゆみこちゃんがいなかったら、ずっとキタロウくん見てたかも(笑)

で、この実行委員会が、カーニバルの開幕を告げると、本舞台には、ゆみこちゃんの乗るゴンドラがっ!
ゴンドリエーレゆみこちゃんの歌声が素晴らしい。 ほんとに気持ちのいい声。
さわやかなゴンドリエーレの衣装がよく似合うわ~~

盆が一周して、セリから、白い鳥?みたいな水さんが登場。
でも、ここでどうしても見ちゃうのは、後ろのゆみこちゃん
ゴンドラがスーッと上手奥に帰っていくときに、袖に向かって手を振ってたりするのがね~。かわいい。
あれ、スタンバイしてるみんなに手振ったりしてるって、ナウオンで言ってたな

白い水さんに、同じく白い衣装のみなこちゃんが登場。この衣装、すっごいかわいいわ~。

で、ひろみちゃんとか、キムくんとか、カラフルな衣装のみんなとかが登場して、華やかな雰囲気に。
すっごい下級生たちは、観光客という設定で、普通のお洋服で登場して、
いろんな場面で、周りでカーニバルを楽しんでるんですよね。
おもしろい設定なんだけど、そいういうのが、ちょっとゴチャゴチャ見えるのかもしれないかな。

上手花道には、カーニバルの仮面を売ってる、ハマコさんが。

みんなが楽しく踊ってると、上手花道奥から、濃いピンクのキラキラのお衣装に
着替えたゆみこちゃんが登場
衣装はキラキラなのに、ゴンドリエールの帽子をかぶったまんまで、ハマコさんに呼び止められて、
カーニバルの仮面(頭の後ろにつける)をもらって、装着。 みんなの踊りの輪に加わるの。

もうねぇ~、この時のゆみこちゃんがね~、かわいいっ!!!!!

帽子が違ってて、「ありゃりゃ、しまったって感じのリアクションがね~~、最高なのっ!

で、もらった仮面を頭につけて、ハマコさん、「これでいい?大丈夫?」って感じで聞いてて、
「OKってされたら、すっごいうれしそうに、踊りに加わっていくの

これから見る方、ここの小芝居、見逃さないでっ!(笑)


みんな揃ってのダンス。スっと上がるゆみこちゃん長い脚がすきっ

で、華やかなOPが終わって、水さんが銀橋で、たぶんイタリア語で、
「カーニバルが始まるよ!」
みたいなことを叫んでるんだと思う。(でも、何言ってるのかは知らない
と、入れ違いに上手花道奥から、キムみみ花婿、花嫁カップルが登場。
この時、本舞台の方では、ゆみこちゃんが、みなこちゃんと腕組んではけていくんだよね~。
みなこちゃん、うらやましす・・・・。

キム・みみが、結婚式をあげようというその時に、嫉妬に燃えるチギ太乱入!花嫁、奪取!

そこからは、とにかくたくさんの花婿・花嫁キタロウさんたち関係者(笑)入り乱れて、大混乱
曲も運動会でおなじみの曲だし、なかなかキム、みみが出会えなくて・・・
で、ようやく見つかって、無事に結婚式をあげる時には、もう、息も絶え絶え・・・

キムくんも、毎回、「し・・・・死ぬ・・・」とか、「・・・さ・・・酸素・・・とか、ほんとしんどそうでした(笑)

振られちゃったチギ太くんは、涙・・・。

そして、カーニバル黄昏に。
ひろみちゃん詩人「雨が降るのを待っている・・」って、歌いながら銀橋を渡ると、本舞台は、街角。
2軒のカフェのそれぞれのお抱えの楽団が、お客の取り合い。

一軒は、水さん率いる、トロンボーンとか、サックスとかの管楽器赤チーム
もう一軒は、ゆみこちゃん率いる、バイオリンとか、弦楽器の緑チーム。

このシーンのダンスが とっても楽しいのっ! 水チームゆみこチーム

ジャスっぽい曲で、結構、激しいダンスなんだけど、ちょっとコミカルで、でもかっこよくて

途中、じゃんけんをするところは、毎回アドリブっぽくてリアクションが違う。

何回目かに勝った方がヽ(^o^)丿で、負けた方は、(x_x;)シュンってなってたり、
何度やってもずーっとあいこで2人して、「キーッ!」ってなっちゃったり、
あまりに決着がつかないから、「もう!しつこい!」って、ゆみこちゃんが、水さんを突き飛ばしてたり、
かと思うと、一回で、あっさりゆみこちゃん勝利だったり。

ほんと、このシーン、すっごい好きだったなぁ~。
でね、ゆみこちゃんのブラウスの胸元がね、結構ガバっと開いてて何気にセクシーなのよん (笑)

もちろん、最後は、お互いを認め合って、握手を交わして友情が

そして、が降ってきて・・・・・となるんだけど、

この対決のシーン、前の方でとっても楽しく、かっこよく踊ってる後ろで、
ひろみちゃん詩人と、あゆちゃん(愛加)の の出会いがあったり、
観光客や、街の人たちが小芝居をしていたりしてるんだけど、
はっきり言って、ちょっと邪魔なんだよね

最初は、いいと思うんだけど、やっぱりダンスが盛り上がってきたところでは、
なんとかダンスだけをしっかり見せるようにしたら良かったのに・・・って思っちゃう。
せっかく、素敵なダンスシーンなのに、全体で見たときに、すっごいゴチャゴチャして見えて・・・・。

ひろみちゃんあゆちゃんの出会いのところなんて、正直、あんまり目がいかないから、
が降り出して、みんながいなくなった後、ひろみちゃんが、あゆちゃんに出会えた喜びを歌って、
でも、あゆちゃんは、結局ひろみちゃんにバイバイして去って行ってしまうっていうくシーンがあるんだけど、
最初は、ちょっと意味がわからなかったもん。そういう人、多いんじゃないかなぁ・・・

で、ちょっとせつない気分になると、下手花道から、キムみみの新婚さんがを差して登場。
後ろからは、恋にやぶれたチギちゃんが・・・・。ここでは、ハマコさんの歌がBGM

新婚さんが、美術館に入ると、振られた腹いせに、チギちゃんが、いたずら。
と、肖像画の中のドレスの女性たちが動き出す・・・。 逃げ出す新婚さん。

チギ太すごいやん(笑)

で、動き出した輪っかのドレスの、みなこちゃんが久しぶりに出られたから、
おめかしして、カーニバルに行こう!って、かわいい歌を銀橋を歌いながら渡ると、
後ろには、ドレスとか宮廷服の仮面の男女が。 仮面舞踏会やね。

ここで、ゆみこちゃん登場!

この衣装がすっごいきれいで、かっこいいっ!仮面で顔を隠しながら、最初は、みなこちゃん
踊ってるんだけど、いつの間にかいなくなって、ポツンとひとりに・・・・

で、かっこいいゆみこちゃんなのに・・・・なのに・・・・ダダをこねる(笑) 

子供のように、手足をバタバタして(笑) か・・・・かわええっ

でも、みんなの冷たい視線に、キザリ直して、「ホゥッ!」って男前な掛け声とともにかっこよく踊り出す!
曲も、一気にラテン調に。

キャーッ!ゆみこ~~っ

ダンスのパートナーは、さゆちゃん

ん?でも、さゆちゃんの相手は、コマくんなのでは?

もちろん、コマくん大ショック。さゆちゃん取り返そう・・・ってするんだけど、ゆみこちゃん強し。
と、そこに、なんでか 黄色のドレスに身を包んだ、謎の美女チギ子登場(笑)

思わず一目ぼれするコマくん(笑)

ゆみこちゃんに迫るチギ子、気持ち悪がるゆみこ チギ子に迫るコマくん、嫌がるチギ子(笑)
その絡みが、スローモーションで展開 
まぁ、チギ子顔芸がすごいのよ 美形なのに・・・美形なのに・・・美形なのに・・・

でも、ノリノリで舞踏会は続き、そのまま銀橋に。ここって、ノリノリで中詰めっぽいんだよね。
そして、銀橋に残るのは、ゆみこさゆデュエットだよ~。

歌詞がね・・・歌詞がね・・・・明るく歌ってるんだけど、何気に深くて、泣きそうになるのだよ・・・。
はるかな時を越えて現れた」とか、「銀の薔薇の香りが・・」とか。
【シルバー・ローズ・クロニクル】やんね。

稲葉先生、やさしいねぇ。ちゃんと色々2人のことを思って書いてくれたんだよねぇ・・・ ありがと。

また、この時の2人が、ものすごく楽しそうで、ほんときれいなんだよ

そして、2人とすれ違いに上手花道から登場してくるのが、水さん
ガラっと雰囲気が変わって、幻想的に。
青い衣装に、のマント。 この衣装もすごく好き。 水さん、こういうのよく似合う。
初日は、髪型がオールバックで、出てきた瞬間に、なつめさんに見えた。
なつめさんも、ああいう衣装、すっごく似合ってたから・・・・。

ハマコさんの歌声が響く、ゴンドラに乗る水さん、誰かを探しているよう・・・
そこにセリ上がってくるみなこちゃん。この世のものではないような・・・・2人の幻想的なデュエットダンス。
踊れるコンビの真骨頂って感じ。 

途中から歌手は、キムと、ゆめみさん(麻樹)。 この2人、歌えるのはわかるんですけど、
ちょっとボリュームが大きすぎな気が・・・ 
もう少し、押さえた方が気持ちとか伝わりそうな気がするんですが・・

そして、水さんは、引き込まれるように、運河の中に・・・・

こういう、この世のものじゃないような女性に引き込まれて踊るっていうのは時々ありますよね、
ちょっと古いけど、シメさんシギちゃんコーイヌールとか、まりこちゃんあやかちゃんキリエとか。

ここで、また雰囲気は変わって、チギ&コマが、白のスーツにソフト帽で、歌いながら銀橋に。
ここは、曲はポップスだ。
「恋人はいなくなった・・・」って歌う2人のもとには、「きっとそれはカーニバルが見せた夢よ」って
恋人のみみ&さゆも戻ってくる・・・っていうストーリー
チギちゃんの帽子のかぶり方がかっこよくて

と、今度は、シックな雰囲にかわって、黒燕尾の男役陣。
セリ上がってくるのは、のドレスの・・・・・女?

えぇ、もち、水しゃん  でも、ずっと仮面を持っていて、顔が見えるのは、一瞬なんだよね。
歌声が、のような、のような・・・ ちょっとこってり?ねっとり?な歌声。

ドレスを脱ぐと、当然、黒燕尾。 
大階段が無いのはさみしいですけど、変わった場面の入り方で、たまにはいいかな。
シンプルな黒燕尾姿で、そこがまたセクシーだね。
振り付けが名倉先生で、ステップとか結構大変そう。 でも、やっぱり黒燕尾の場面はかっこいいね

で、ビシっと決まったあと、舞台には、水、ゆみこ、ハマコ
まず、ハマコさんが、2人を見つめながら去り、水、ゆみこ銀橋で歌う。

 祭りの終わりが近付く・・・ 

 ほんの少しだけでいいから、せめて時を凍らせて今を焼き付けたい・・・」

・・・・・・・・(T_T)


銀橋ですれ違う2人。通りすぎたゆみこちゃんの腕を掴む水さん

その手をそっと引き離し、去っていくゆみこちゃん・・・・・


・・・・・・(ToT)


その背中を一瞬見て、自分も去っていく水さん・・・・

もう、言葉、無いです。


舞台には、大きな船?その上に悪魔みたいなすごい小林幸子風みなこちゃん

ん~、この場面、もうあとワンテンポ待って歌い出しだったらいいのになぁ~って
どうしても思っちゃうんだよね。
銀橋の2人が、袖に消えるより早く、歌い出すから・・・・。 余韻が・・・。
ん~、でもあんまり間があると、もっとせつないから、その方がいいのかなぁ・・・ん~・・・・ (悩)

登場してくるのは、いろんな時代の人たちや、違う文化の人たちも。 チャイナ風、アラビア風とか。
ナポレオンも登場してて、キタロウくん
 タイトル通り、狂宴。それを操ってるのが、みなこちゃんって感じ。
この流れ、世界感が、物語があるのか無いのか、なんかわかるようなわからないような・・・
プログラムを読むと、海に沈んだたちが呼び出されて・・・ってことらしい。

ここで、途中、黒い歌姫っていうので、舞咲りんちゃんがソロで歌うんですけど、
またまたこれが、声がでかいっ! はっきり言って、ちょっとうるさいです

そこに天使のようなロケットのメンバーが登場してきて、後ろにみんな残って、その前でロケット
後ろのメンバーも人形のように、みなこちゃんに操られて踊ってます。

あんまり無い、おもしろい展開ではあるけど、やっぱりかなりゴチャゴチャしてるな
好き嫌いがあるかもしれない、こういうのは。

銀橋にいきなり、真っ赤な炎の鳥水さんが現れて、ダンスシーンに。
みなこちゃん小林幸子を脱ぎ捨てると、のパンツスタイルに変身。
水、キム、みなこでダンス。 かなり激しい感じ。 
みなこちゃんは、やっぱりかわいいより、こういう方が合うね

炎の鳥がすべてを焼き尽くして消えると、大階段の真ん中に、ゴンドリエールゆみこちゃん

同じゴンドリエールでも、最初の衣装ははベースで、こっちは白ベースだよ。

確かにキラキラとかじゃないから、一瞬、「えっ?」って思うんだけど、
逆に、ゆみこちゃんだから、あの爽やかさがいい!らしくていい!って思えるんですよね。

ちょっと思い浮かべても、ゆみこちゃんくらい、あの衣装が似合う人はいない!

きっと、賛否両論だと思うんだ。「最後なんだから、もっと華やかに!」っていう人も多いと思う。
でも、私は、あのゆみこちゃんが、大好きです

さわやかに、優しい声で、カーニバルの終わりを歌い上げるゆみこちゃん

舞台上には、カーニバルの登場人物たち。

銀橋に来たゆみこちゃん、舞台にいるみんなに、客席に手を振りながら、とびきりの笑顔で歌う


   季節が流れても忘れはしない・・・

   
いつかまたどこかで笑顔で会おう・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・:・。・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・。・

銀橋
を渡り、下手花道に立ち、客席を見渡すゆみこちゃんに、鳴り止まない拍手
幸せそうな笑顔のゆみこちゃん

指揮者の先生も(佐々田先生)も、拍手が鳴り止むまでちゃんと待ってくれてます。
それがね、泣けるのだよ・・・・。


 ありがとう!ゆみこちゃん



その歌を継いで歌うのが、キムくん

大階段には、水さん。舞台に残ったメンバーと踊り、みんなは去り、
そのあと登場してきたみなこちゃんデュエットダンス
ここの2人の衣装の色が、渋い色味だけど、好きだったなぁ。

みなこちゃんとは、ちょっとしか絡まないんだけど(リフトも無し)、その前に結構組んで踊ってたからね。
銀橋で、歌う水さん

大階段には、羽扇をもった天使たちと、エトワール(でいいのかな?)のハマコさん
そのままパレードに。

カーニバルの楽しさも、高揚も、ざわめきも、終わりのさみしさも自然に感じられたし、
サヨナラメンバーへの愛もあって、やっぱり好きなショーでした。

このショー、時間は意外と長めなんですよね。

DVD欲しいんだけどなぁ・・・・。お芝居がなぁ・・・  
来年のスカステ放送まで待つか・・・ ん~。

なんか、ダラダラと長くなってしまいましたね いつものことやけど。

でも、宙組公演以外の感想、久々にちゃんと書いた気がする

よし、ゆみこちゃんへのは、しっかり叫んだので、
気分を切り替えて、あさってから、宙組、ガツンと観るぞ~

ということで、終わり


Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.03.08 (Mon) | # | | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.03.08 (Mon) | # | | 編集

Miさま☆☆

どうもお疲れ様でした&感想ありがとーー(^^)v

そうです、会っていうのは、ファンクラブですね。後ろの方に白いパーカーみたいなの
着てた人がたくさん座っていたのがそうです(^^)

彼ちゃまの感想のなんと新鮮なこと!
そうか、映像では周りのお芝居ってわからないですもんね!
私服の外人は、観光客でしょうね。ほんと、周りまでしっかり見てくれてたんですね!
生の舞台が気に入ったのなら、ぜひぜひまた一緒にお越し下さい!!
なかなかチケットは大変でしょうが、月組のスカピンもおもしろいでしょうし、
次の宙組は、海戦もので、男性でもおもしろいんじゃないかな~(^^♪

小林幸子、そう、美川憲一の方が確かに近いかも!(笑)

2010.03.09 (Tue) | れお #- | URL | 編集

Saさま☆☆

ひとつ前に進んでしまいましたね・・・。

サヨナラショーの映像、見ないでおこうかと思ったのに、
見てしまい、やっぱり泣いてしまいました。

なんであんなに幸せそうなんだっ!!

あの優しい笑顔、宝塚で見れなくなるのは本当に残念です。
そうですね、もう少し、時間が必要ですね・・・。

2010.03.09 (Tue) | れお #- | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。