スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『カサブランカ』感想@11/23 15:00 vol.1

やっと3回目。

昨日は、いろんなことに、やけに感動した。

ものすごく登場人物ひとりひとりの気持ちに素直に感情移入が出来て。
もちろん、みんなの役のこなれ具合がよくなってきているからだと思うけど。

ということで、時間も無いので、早速感想。

・・・・の前に、デイリーに写真が追加されてます。

シュトラッサーが枚数は少ないけど、めちゃかっこいい!
4の分の、一番最初のまさちゃんが、かわいすぎて、最高!!



ともちんのヒゲが似合いすぎて、たまらんっ!9

(↑とりあえず、叫んどく。恒例。)


なんであんなに違和感がないんだ?(笑)

今回の舞台、ヒゲ率が非常に高い。

いや、別に某OGのように、特別にヒゲ萌えするタイプでも何でもないんだが229
フェラーリ、カール、ルノー、ハインツなどなどの、ヒゲ慣れしている?おじさん組から、
ムーア人や、警官では、まだなんかヒゲ姿が浮いてるよね~179な、
かわいい下級生、中には娘役まで。

その中でも、今回のシュトラッサーのヒゲ姿は、


「それ、絶対生えてるよね?」 

完璧なのだ!420  (褒めてます。ファンです218


ルカノール様ヒゲでしたけど、今回の方が似合ってる。
あのクールでスマートなドイツ499軍服姿にめちゃめちゃ合う、渋さ加減。

オペラでガン見しては、ときめきまくってます237


特に、ラスト、怒りに燃えた顔でハンドルを握ってやってくる
鬼畜のようなシュトラッサー横顔は、マニアにはたまらんでしょ? (←同意求ム239

ただただ残念なのは、ラストシーン、コートに帽子完璧なスタイルなのに、
すぐに死んじゃうこと・・・・239

いや、死んじゃっても構わないの(いいのか?)、

でも、倒れたをすぐに連れてかないで~~っ! (←バカ239


あのまま、あそこに倒れていてくれてもいいのよぉぉぉ~と、 毎回、心の中で叫んでます(笑)

そしたら、そこばっかり見て、ますます真ん中のお芝居見てない自信がある221(←偉くない。)

そうそう、ヒゲと言えば、ジャン@珠洲しゃんヒゲも、なんか好き278


・・・・・・・・・と、ちょっとちゃんとした感想も書かないとね。
いや、上記も充分本気なんですけどね。


まず、昨日は、群集芝居に、泣けた。

特に、パリの店での「185パリにナチスがやってくる」のところ。
歌声と表情に、鬼気迫るものがあって、グっときた・・・241

パリの駅のコート姿での、銀橋でのコーラスも同じく。

美影凛ちゃんの泣きそうな必死な顔が目に入って、ロックオンしてしまって、
胸がはりさけそうに苦しくなってしまった。

みんな気持ちのこもったいい表情してるんだよねぇ。 もちろん、歌声もものすごいし。

プロダクションノートで、影コーラスのところが数場面映ってましたけど、
ソルーナさん、組長、副組長、まゆさん、せーこちゃん、すみ花ちゃん、大ちゃん・・・とか
結構な豪華メンバーが、ものすごく一生懸命声出して歌っているのを見ると、
宝塚って、ほんと組一丸の舞台なんだよなぁ~って実感しましたね。


国歌対決も、ますます熱くなってきました。 見ごたえ、聞きごたえありますね、ほんと。
個人的には、ドイツチーム応援499なので278フランスチーム498の歌声が
ものすごいと、なんか悔しい(笑)


それでも、あのシーンで、誰よりも 熱く、強く、高く(!?) こぶし220を振りあげている
シュトラッサーを見て、この役は、ともちん以外考えられないわ!と
ファンは強く思うわけなのです237

あのシーンでは、普段は冷徹な感じであまり感情を出さないシュトラッサーの感情が、
短い間ですけど、はっきり出るんですよね。
でも、すぐに怒りに震えながらも、プライドで押し殺して、イルザに冷たく言い放って
去っていく姿が、ものすごくかっこいいんですよね。

そして、『野望ソング』(勝手に命名)で、ドイツ帝国の名誉のために戦う決意を
新たにするんですけど、あの歌も、どんどん力強くて、いい感じになってきてますね。

「野望」と言っても、個人の私利私欲じゃなくて、「ドイツ帝国」のため
「世界一優秀なドイツ民族の誇りのため」なんですけどね。

本当に、あの当時のドイツ人って、「自分たちが世界一の民族」だと
本気で思ってたんでしょうね。 「世界で一番優秀だ」って。
正しくは、「思わされていた」んですけど。

シュトラッサーリック、「愛するパリがドイツ人に支配されるのが不満なアメリカ人」
みたいなセリフを言いますけど、「ドイツに」じゃなくて、「ドイツ人に」なんだ・・・って
聞くたびに思います。 


あと、お気に入りの場面は、一幕ラスト。
銀橋で歌うリックの後ろ、カフェのみんなが、ストップモーションになるところ。

あの音楽と、あのストップモーションとのはまり具合が、すっごくいいんですよね。
もう、あれを観るのが、楽しみで、楽しみで237

そして、暗転になって、後ろの幕が閉まって暗い中を、ゆっくり帰っていくリックも好き。
あんまり無いパターンですけど、あの演出、かっこいいですよね。


もうちょっと書きたいことあるんですけど、ちょっと時間切れ、続きはまた222


Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。