スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふぇありーず通信 とか。


昨日は、ともちんバースディケーキの記事にたくさんのコメント拍手
どうもありがとうございました179

みなさまのをしっかり感じさせてもらいました420


さて、初日まであと1週間となった宙組公演『カサブランカ』

歌劇の座談会などでも、ちょっとづつ役の雰囲気とかが掴めてきました。

ともちんシュトラッサー少佐は、「知性があり、紳士的なところもある軍人」という感じのようです。
確かに映画でもそんな感じで、よくあるナチスの軍人とは描き方が違いました。
それゆえの「冷徹さ」がはまると、ものすごい美味しい役になりそうですね。

ますます楽しみになってきました237


あと、まさこちゃんの2役のひとつ、セザールは、オリジナルの役だったんですね。
こちらの方は相関図にも載ってなかったので。

リックの過去に関わる男で、武器商人で自らも戦う。
片目を失っても・・・とあるので、片目眼帯で登場なのかもしれませんね。
なかなか深い役みたいで、こちらも期待が膨らみました179

フィナーレの概要も見えましたけど、若手三人(春風・鳳翔・凪七)の銀橋から始まるとのこと。
これは、小池先生のフィナーレの定番からも、メンバーもちょっとビックリでしたね。
まぁ小池先生だし、カチャが今回使われる・・というのは想像できましたけど、
正直、ちーちゃん好きな私には、ちょっと残念だな・・・・
あと、2番手さんのセリ上がりも、今回はたぶん無し・・・・

これは、お芝居の場面の関係なのだとは思うんですけどね・・・・。
最後の最後まで出番があると、セリ上がりは無理ですもんね。

でも、その後に、「蘭寿中心の男役のムーア人の勇猛な踊り」とあるので、
そちらに期待したいと思ってます!
もしかしたら、その場面でセリ上がりかもしれないし・・・・あんまり自信ないけど229


あおいちゃんえと文には、「ダンスオーディション」があったという話が載ってましたけど、
今朝のニュースの「ふぇありーず通信」でも、その話が出てました。

モンチ(星吹)ありさちゃん(瀬音)宙組フェアリーズのコーナー。

まず、 今回の作品、第一幕は、桜木先生の振り付けで、この間、稽古場レポでも
話に出てましたけど、やっぱり今までに無い感じだそうです。

難しいけれど、新鮮で、やるほどにおもしろくなってくるとのこと。
そして、何より、先生自身がめちゃくちゃおもしろいんだって278  いい雰囲気みたいです。
先生のブログにも「すごく組の雰囲気もいい」「作品も素敵なモノになってると思う」って
書いてありましたし179
明日から始まる「熱血!ホンキ応援団」って番組に出演みたいですね。


ふぇありーずオススメの見所としては、「CAN CAN」の場面があるそうです。
パリ498でのレビューのシーンだよね。 「ムーラン・ルージュ」か・・・。

側転とか、馬飛びとか、飛んだり跳ねたり、すごい技に挑戦しているそうで、
いろんな場所でいろんなことをやっているので、一度では見切れない!とのこと。

このための、ダンスオーディションだったんですね。

ちなみに、ありさちゃん、“サポート側転”メンバーで、
手をつかないで側転する人を回すサポートをしているそうです。
これって、時々ありますけど、回る人も大変だけど、回す人はもっと大変だよね~183
どれくらい力とかがいるのかはわからないけど、タイミングとかズレたら大変だもんね。

すごいのが見れるのはうれしいんだけど、どうかケガだけは気をつけて欲しいぞ。


モンチくんは、大劇初の「ソロ」をもらったそうです。
酔いつぶれながら歌うという役で、感情を入れながら歌うと「声を飲んじゃうので」とか
いろいろ教えてもらいながら頑張ってお稽古しているようです。

モンチくんは、“駅員”という役の他に、りくくん(蒼羽)と同じ“”という役があるんですよね。
たぶん、その“”としての場面なんでしょうね。ソロがあるのは。

ということは、“”という役のついてるえりちゃんも、歌があると思っていいのかな?
歌ウマさんですからね、たぶんあるんでしょう179 期待しますぞ。


こうやって、作品の情報とかを書いてると,
「あぁ、本当にもうすぐなんだな・・・」と思いますね。

 新しい宙組


こんな宙組大好きの私ですが、まだまだ正直、複雑な部分はあります。
私にとっては、ともちん発ではありますが、宙組に、ここまではまることになった
前のキラキラコンビ420の存在はとても大きくて、特別でしたから・・・。


歌劇誌での新トップコンビの対談を読んでも、なんていうか、
そこに“宙組”があまり感じられなくて、どうしても2人だけの世界なわけで・・・

もちろん今はそれが当然なんですけどね。  2人の対談だし229
宙組と出会う前から組んでやっているんだし。
 
だからこそ、これからなんです。

ほんとにほんとに“新生 宙組”なんです。




座談会の最後に小池先生

  「宝塚は、どの組でもそうですが異動があり、その時のメンバーでその作品を創る、
   ということがいい意味で運命だと思います。」

という言葉を読んで、ちょっとガツンと来ました。

そう、観る側としても、この作品にこのメンバーで出会えることは“運命”なんですよね。


ちょっと(いやかなり?)大げさな言い方ですけど、

「だったらその運命、真正面から受け止めましょう!」という、

今はそんな気持ちだったりしてます・・・。

Comment

レオさま
お久しぶりです!&一日遅れですが、ともちんお誕生日おめでとうございます!!
「歌劇」しっかり読ませて頂きました♪若手三人で、やっぱりと思いましたが…
小池作品は、下級生にも結構見せ場があって楽しみです!!!

2009.11.06 (Fri) | kei #s3Yh5d3. | URL | 編集

keiさま☆☆

コメントありがとうございます(^^♪

若手3人、どんな感じになるんでしょうかねぇ。
みーちゃんのアピール度が「アムール・・」の時もすごかったので、結構期待してます(*^^)v

下級生の見せ場、みんなバッチリ決めて欲しいですね!!

2009.11.08 (Sun) | れお #- | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。