スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【薔薇に降る雨】感想@5/8


昨日はちょっと興奮しすぎました229

一緒に盛り上がっていたGさんが、薔薇の花254なんてプレゼントしてくれたりするし237
さらにでっかいともちんも!・・・・・あっ、写真ね、写真、ともちんはもともとでか・・・(笑) 

 20090508172412.jpg P1190498.jpg

さらに、今朝見たら、たくさんの拍手そしてコメント。本当にありがとうございます。
その前の感想にもたくさん拍手が入っているのが、どう捉えたらいいのか、少々悩みますが229
 
そして、たくさん頂いたコメントの中に何人か、昨日御観劇の方がいて、
(同じように6日も御覧になっていた方も。)

その方たちが、揃って、『昨日は本当に素晴らしかった!!』
言って下さっているのを読んで、
『あぁ、やっぱりそうだったよねぇ179と、またまた喜びが。

私だけが舞い上がっていたわけではないみたいです179
そうなのです。昨日は素晴らしかったのです(笑)
ただ、優しいジャスティンが戻ってきただけでなく、明らかに新しいジャスティンだったから。

そして、たぶん、今日も、いや、これからも素晴らしいのですヽ(^o^)丿
(まだ余韻覚めやらぬなので、ほっといてやってください278


ほんとにもう、自分でもイヤになるくらい、その前の2日間はしんどかったのです。
もちろん舞台のこともあるし、また、それを書いてしまったことで、
『心配してます。』というコメントとかを頂いてしまったことが申し訳なくて・・・。
どうやら、某掲示板にも「迷走」だの、「怖い」、「硬い」だの書かれていたらしく・・・
本当に心配されていて。

確かに私の感想なので、それはどうしようもないのですが、
それで皆さんの不安がさらに増したのだとしたら、やっぱり申し訳なかったな・・・と。
ブログ書くのもやめようかな・・・とすら。

ひとりひとりに、「どうか、あなたの見方で見てください!」と言って回りたかったです。

それと、舞台を観て変わってしまったジャスティンを見て、私と同じように感じておらる方が
こちらも何人かいらっしゃって、みんなとてもとても苦しい想いをされていて、
その不安な思いに、読んでいて泣いてしまったりもしました。

そんな大げさな・・・・と思われるかもしれませんが、
本当にこの公演が好きなんですね、私。(だから、その分、ダメージも大きかったと229
もちろん、王子サヨナラだということも大きいですけど、
作品としての魅力にもやられてしまっているのです。
宙組のみんなは、ほんとにほんとに頑張ってるんだし。

でも、ファンの皆さんの「それでも王子は進化する!」というその熱い想いに、
しっかりリセットして、『初見のつもりで公演を楽しもう!』と思い、昨日の観劇に臨みました。

で、その感想です。
ル・サンクも出たので、セリフとかも入れて書きます。
うっとおしいほど熱くなるだろうこと179、覚悟の上でお読み下さいm(__)m

ル・サンクの写真が優しいジャスティンが多くていいですね。
カラーもいいですが、台本のところがいいポイントが多くて好きです。
この笑顔が全く無かったなんて、夢の中のことのようです・・・・。

今回の感想は、このル・サンクの写真を思い描いて読んで頂ければいいかなぁ。
ほんとは、もっと進化してるので、これよりは少し笑顔は少なめ(大人風味)な
ジャスティンにはなってますけどね179 でも、いい感じじゃないかな。

しかし、グザちゃんは、写真になると悪者風味が増すよねぇ229


【薔薇に降る雨】

昨日はラブシーン席(勝手に決めてる(笑))前方で、表情もオペラなしでも見えるところ。

昨日のポイントは、

 ☆大和悠河は、やっぱり宇宙人のような人だ、いやたぶん、そうだ237
 ☆(イヴェット)は(ジャスティン)で素敵に変わる266
 ☆(男爵)も、(ジャスティン)で、めっちゃ変わる(笑)

*****************************

幕開き、男爵とのやり取りは、クールだけどキツさはない感じ。
銀橋の歌も声がしっかり出ていて、なんだかものすごくグっとくる。

そして、山道のシーン 

 「どうしたの?何か事故?」  声は低め、言い方はクール

 「ここで何してるの?」 

 「それはこっちが聞きたいけど179」 
・・・・・笑った。

ジャスティンが笑ってる! 

れおさん、そこですでに涙腺崩壊。(早っ!)


 「行こう。 一体、何があったの。」 

言い方はクール。 でも雰囲気が前回とは違う。表情が優しいから。


ダンスパーティ。 出会う2人。

 「やぁ、また会えるとは思ってなかったよ。」 声は低くて、大人っぽい言い方
でも、イヴェットを見つめる目は、ものすごく優しい。

ダンスのシーンでも、確かに前のように、はじけた感じはなくて、
仕草とかもしっかり大人で、あんまり笑わないけど、イヴェットと目があうと、微笑んでいる
(こういうのが、6日には全然なくて、目も合わせていない感じだったの。)

イヴェットが踊っているときにじっと見つめている表情もめちゃくちゃかっこよくて237

そりゃ、あんな目でず~っと見つめられたら惚れてまうやろ278
でも、この時、王子が下手で、上手にはともちんがいるんですよねぇ。
一人、ノリノリでクルクル回って踊ってたりするのがかわいくてねぇ~。
うぅ・・・・私は、どっちを見ればいいんだっ! あっ、すいません、勝手にします229

2人の会話。 うんうん、いい雰囲気。

 「案内するよ、足はあのボロ車だけど。」 
 「夢なんだよ。自分の手でスポーツカーをつくるのが。」

言い方は大人っぽいけど、少し照れくさいような表情で、でもちょっと自慢げに、
ん~、言い方が難しいっ! でも、かっこいいっ!

 「じゃあ、思いっきり遠いところがいいっ!」

なんだぁ、イヴェットの言い方がめちゃくちゃキュートだぞぉ237
かわいくて、ちょっと小悪魔っぽい。 

 「えっ?」  このジャスティンのこれ、良かったわぁ(笑) 

そして、「あぁ、思いっきり走ろう!」 

決まったね218 一気に気持ちがはじけて、2人の世界にガッチリ入りました。
見えたもん、2人だけの世界(笑)

このあとのデートも、はしゃいでいるのはイヴェットだけ。
でも、そのイヴェットに向けるまなざしや、目が合ったときの微笑みとかが
明らかに前とは違って、自然に優しい。かわいくて仕方ないって感じかな179
いいなぁ~、イヴェット(何を今さら229

そのまなざしで、イヴェットがほんとに恋するかわいい女の子になるんです。
のちょっとしたアドリブっぽい仕草とかも、いつもより多くてかわいい179

ジャスティンも気になってましたけど、とにかくイヴェットのかわいさが
すごく際立ってたんですよね。 そのままの気持ちなのかな(笑)

で、まったく同じことをGさんも感じていたらしく、かわいかった~237
かなり盛り上がりました(笑)

ほんと、お芝居ってすごいですね。難しいけど。
決して、最初の頃のようにジャスティンに笑顔が戻ったというわけでは無いのです。
どちらかというと笑ってない。

きっとコメントで宙ファンさんが書かれていたように、「かっこつけてる」んだと思います。
その解釈、今回、とってもよくわかりました179
たぶん今までもそういう役作りだったんだと思います。
(残念ながら、私はわかりませんでしたが229
さらにそこに、ポイント、ポイントで笑顔が見えるだけで、感じる空気が全然違う。

ル・サンクの台本を見たら、山道での「それは、こっちが聞きたいけど」は、
セリフの前にちゃんと(笑う)ってあるんですね。
でも、間違いなく、前回はそれが無かった。 どういう理由でかはわかりませんが、
疲れていたのか、迷っていたのか・・・・。

たぶん、新公もあったりしましたし、ちょっとだけリフレッシュするタイミングもあって、
王子自身も、リセットした結果が、昨日の演技なんじゃないかな・・・と。

しかし、それが、あまりにも見事に、急に遥かかなた上を行っちゃうところがね~229
もう、参りましたm(__)m な訳ですよ。

でも、私は幸運にも何回か観劇するチャンスがあって、進化の途中だったり
いい感じの時だったりを観る事が出来る訳です。
確かに舞台は生もので、生身の人間がやっていて、だからこそ面白いのですが、
でも、一回きりの観劇の人もいる。
舞台を楽しみに観に来ている人が、みんながみんな王子のファンという訳でもない。
すべていい風に前向きに受け入れられるという訳ではない。
それを思うと、宝塚ファンとして、少々複雑になったのも本当なんです。
言いたいことの意味を汲み取っていただけるかなぁ・・・。

まぁ、それでも私は、王子ファンでもあり、宙組ファンなので
基本、ポジティブに行きますけどね236


と、感想に話を戻して。 初めてのキス
このキスの仕方、すっごく大人~な感じになりましたよね。最初の頃から比べたら。
なんか、ここが一番、ドキドキするんですけど(笑) その後の激しいキスより237
あの、手で顔を隠さないところとかさぁ~。

イヴェットの 「初めてよ。」 の後の、「そう。」がね~。

あの「そう。」の言い方は、自分はしっかり色々経験があって言ってる「そう。」だよね。
・・・・・って、意味わかりますか?(笑)
御覧になった方は、言いたいことのニュアンスがわかってくれると思うんですけど229
あの言い方は、なかなか出来ないですよ。 あれ好き278

だから、その後の、「僕らは止まれるよ。」のやり取りがドキドキするんですよね。
完全に嵌ってますからねジャスティンは、イヴェットに。
そして、2度目のキスはね、ちょっと激しいのね。

で、前回気になったところです。
ジャスティン「死ぬまで好きだよ。ずーっと。」は、笑ってはいません
たぶん、いろんな思いが入っているでしょう。
でも、照れたように少し微笑んでます
それを見て、イヴェットはとっても無邪気に満足そうで、うれしそうです。
確かに残酷な無邪気さですよね。

 「あぁ、また暗くなっちゃう。」  

 「明日も会えるよ。まだ夏は終わらない。」

このジャスティンの言い方、昨日はかなり決意めいた強い言い方でした。
私には、「ひと夏の恋で終わらせない」という
ジャスティンの熱くて強い思いのあらわれに聞こえました。

だからこそ会えなくなって、イヴェットの別荘にあれだけの勢いで駆け込んで、
さらにホテルに忍び込んで、駆け落ちの約束までしてしまう、そういう激しい行動
つながるんだろうなと。

そして、昨日は、このホテルのシーンも良かった。
まず、イヴェットがいつにも増してものすごく感情的でした。
その激しさの分、逆に若さとか、幼さが見えた気がしました。
この場面、ドレス姿が大人っぽいせいか、時々、イヴェットがものすごく落ち着いて
見えるときがあったんですね、セリフの言い方も、大人の女の言い方の時もあって。
その前の場面が、かわいい女の子のイヴェットなので・・・・

駆け落ちを言い出すまでのジャスティンも少し感情的でした。

で、昨日の大きなポイント、

 「君を愛しているっ!!」

・・・・・・・・・・・・・(ToT)

この言い方、ガツンと来ましたね。 なんだ、あれ?
思いのたけがすべて込められた、魂の叫びでした。

Gさんが、もうこの「愛してる!」がすごかったと、叫ぶ、叫ぶ(笑)
「ここがすごく良かった!と絶対書いて下さい!」と何度もお願いされました229
それくらい、ガーンときた、「君を愛してるっ!」 だったのです。
いいなぁ、イヴェット(←またそれかいっ!)

あの場面が熱いからこそ、それを失ったあとの喪失感が伝わりますよね。
それを表現するシーンは無いけれど。

そして、今に戻って。クールジャスティン
ここの酔っ払いイヴェットちゃんが、またまたいつもとはちょっと違う演技でした。 
毎回、ここは演技が微妙に違いますね。 ほんとにはその時の感覚でお芝居をする人だ。
そして、フランシスも、いつになく熱い感じ。 みんななんかノッてるわ179

酔ったイヴェットを連れて帰ろうとしますが、ここでのちょっとした男爵との会話。
この間は、ものすごくキツいジャスティンだったんですけど、

 「話はまた後日ということで。」 「すいません。」 

この「すいません」の言い方も、昨日は、いい意味で普通のジャスティン
申し訳なさそうに、困った感じで。
そんな少しの部分でも、なんかホっとしました。
イヴェットを連れて行く時も、「あぁ、もう困ったやつだな、ほら」って感じで、
この間みたいに、思いっきり無理やり連れていく風ではなかったです。

そして、公園。
この日の2人の演技の相性がすごくいいのが実感出来ました。
静かなんだけど、熱くて、でも、とっても自然なんです。なんか。

ジャスティンは、押さえても出てくる熱い思いをぶつけるように、
でも、それをイヴェットは逆に静かに押さえている・・・けれど、だんだんその熱さに押され、
少しづつ自分の想いを話始めて・・・。

 「死のうとしたの、2度。」

その言葉を聞いた時のジャスティンのなんともいえない表情が・・・。
すべてを話し終えて、「帰ります。送ってください。」って言ったときの
イヴェットもすごく良かったですね。 何かを吹っ切ったような。
でも、ジャスティンは話を聞いたことで、さらに燃えてしまって。

 「結婚するのか。家を守るために。」

ここからの会話、このところ、本当にどなっているかのようにキツいことが多くて・・・
すごく「怖い」と感じてしまうところだったんですが、昨日は、そんなに激しく
声を荒げることはなく。その分、「どうして家に帰りたがらないんだ!」とかが
グっと胸に来ました。

そして、あのラブシーンですが、ジャスティンイヴェットのことが好きで好きで
あの7年前の思いが一気に蘇ってきて、もう、どうしようもなく耐えられない・・・というのが、
めちゃくちゃよくわかりました。

強引に迫るというよりは、側にいて欲しいと懇願しているかのようで、
男の激しさというより、ちょっと弱さみたいなものが見えました。
なんていうのか、男の人ってかわいいな・・・って(笑)

抱擁の男女のダンスが、めちゃくちゃきれいで、
お芝居の流れもあってか、泣きそうになりました。

翌朝のシーンは、完全にイヴェットの方が上ですよね。
「なにが」と言われて、「いや・・・」言い方はクールなんですが、表情がね278
去っていくイヴェットを見ている姿もすごく良かったです。


そして、男爵とのシーン。
うぅ・・・あの、ちょっと小粋で、楽しくて、萌え萌え415の2人が帰ってきました237

 「お待たせしたみたいですね179ってオフィス入ってきたジャスティン

声も明るい。その顔には微笑み

ここで、男爵スイッチオン!(笑) 

 「い~~や、かまいません278  明らかに「い~~や」が長い(笑)

そのニヤリ顔を見て、「なにか?」って言ってるジャスティンも今日はかわいい278

そこからは、ほんとに最初の頃に戻ったかのような2人。 (なんか変な言い方(笑))
クールなんだけど、すっごく肩の力の抜けたジャスティンで、自然なんですよすごく。
っていうか、ジャスティン、7年前よりなんか若返ってますぞ(笑)

 「身軽になりたいんです。」も、重い言い方ではなく。

 「過去のあらゆることから。」が、すごく強い言い方でした。

そこものすごく男爵が反応してました。これってポイント大きいね。

で、あのナンバーラブラブ度(違うっ!)は、復活UP184237

っていうか、本当にジャスティンが楽しそうなんだもん。
もう、そんな思いっきりの笑顔久々に見た~って感じで、
ニヤけるやら、泣きそうになるやら。

やっぱりこの2人は、ラブラブじゃないといけません。
お話しの面白さが半減してしまいます。

ヘレンからかかってきた電話にも、笑顔混じりで優しく応対するジャスティン
その後の、社員とのやり取りも楽しかったですし179

カフェのシーンのジャスティンも、ほんとに穏やかで笑顔を見せてましたし。
その分、その後の、「裏切るつもりか!」の歌とかは、胸に刺さりますけどね。

グザヴィエ氏は、昨日は伯爵にも、適度な距離の話し方加減で(笑)

フランシスに渡す金の時計の箱が、小さすぎるとGさんが言ってましたが、
それはあの方がお持ちになっているからなのではないでしょうか?(棒読み)(笑)

ここで私が一番好きなセリフグザヴィエ氏イヴェットに言う、

 「しかし、そのおかげで、あなたとこうしていられる。」

あの時の、グザヴィエちゃんのイヴェットを見る目がね~~237
いいなぁ、イヴェット(笑)

そして、昨日、めちゃくちゃ感動したシーン。
イヴェットフランシスのシーン。 ここ、いい場面なんですよねぇ。
セリフのひとつひとつとか、歌詞とか、少しづつ変わっていくフランシスの表情とか、
ジワジワとしみてくるようなところですよね。

そして、185幸せになるコツ」。
あの歌も、気が付くと口ずさんでいたりします。場面の緩急がいいですよね。

病院。ここのジャスティンも怖い人ではありませんでした。
しっかりとアガサを諭すような感じで、アガサの気持ちが変わっていくのが理解できます。
この前はちょっと脅してるみたいでしたから・・・。

報告の予行練習の男爵(笑) 「これでも大戦中は情報部の将校だったからな。」って
言いながら、指折り「らしい」の数を数えてる男爵がかわいいんですよねぇ。
、「へぇえ」って一瞬、表情がキラーンってなるモニークがね278 
あの瞬間にターゲットにしたのかな(笑)

大好きだといっていたエストールの場面。
ここもジャスティンは、そんなにキツくなかったです179
怒鳴ることはほとんどなく、本当に諭すようにエストールに話してました。
それに応えるエストールの芝居もすごく良くてねぇ。
「グザヴィエ・・・グザヴィエ船舶の社長だよ。」って聞いた時のジャスティン
苛立ちと、つらさの混ざった表情がたまりませんでした。

そこからの185何かが壊れた・・・心の片隅で・・・・は、きましたね~。

ここから一気の男の対決のシーンは、グザヴィエVSエストールも、すごい緊迫感で。
エストール、かっこいいよねぇ。ここのシーン、ほんとに。
ものすごく強い意志ででっかいグザヴィエ氏に向かって行ってるのがわかります。
グザヴィエ氏が横にいるんですけど、惚れちまいます237

そこにさらに、2人のいい男が登場するわけで・・・・ 好きすぎる。この場面237

そしてお屋敷。みんなノリよかったわ~(笑)
185めーでたい! 飲~みたい! もノリノリで、特に男爵(笑)

あまりにノリが良くて、えりこクリストフ、ちょっと笑ってしまってたもん278

イヴェットの婚約を解消しようという話の時とか、最近は、これでもか!って
聞き耳たててますよね、男爵(笑)

で、この場面のノリがいいと、袖での(台本では)影コーラスファミリーチーム
アドリブのようなセリフが声が大きくて、そして長いんですよね(笑)
エストール「申し訳ありませんでした~~201とかが大きく聞こえると、
おかしくて、おかしくて仕方がないです237

で、もうひとつ好きだと言っていたヘレンのおうちのシーン。
もちろん昨日は、すごく穏やかで、いい空気が流れてました。

ジャスティンも子供のように夢を語ってましたし、
「道はまっすぐだし!」ってうれしそうだったし278

プロポーズした後の、「随分簡単ね。」の後の、「えっ・・」までの間が
ヘレンの思ってもみない反応にものすごく驚いた感じが出てました。

やっぱりいいですね、この場面。


パーティ会場のシーン。 
何気に、イヴェットパパ公爵夫人プチバトルにウケる(笑)

で、ジャスティン男爵

 「どこかの皇太子くらいには見える。」 
 
「それは無いだろう。」
 「ないな。」
 
「ないんだ!?」 の後、

ジャスティン男爵「なんだよ、それっ」って感じで、叩いてじゃれてました237

お前たち、なんだぁ~~~っ! かわいすぎるやないか~~10

ここだけ脳内再生しても、ニヤニヤ出来ますぞ(笑)

パパの挨拶のあと、咳払いをしながら男爵が出てこようとしますけど、
何しようとしてるの?あなた?(笑)

そして、2人のデュエットダンス
美しくて、その瞬間は間違いなく幸せそうで・・・そして、せつない
あの最後の離れる瞬間の指先が・・・苦しいですね。

これを、昨日の私の精神状態で泣かないで見ろというほうが無理です。
はい、泣きましたよ、泣きましたとも241


イヴェットフランシスの会話。あのイヴェットの落ち着いた、穏やかな表情と
話し方がいいですね。
「彼ね、フェイアンセがいるのよ。」って言われたときの、
フランシスの困ったような「・・・そう・・・」もすごく好きです。 ほんとにお姉さん好きなんだね。


のシーン。
ジャスティン男爵
この場面、そのにあるものが、悠河に宝塚さんのところに書いてありました。
一度読んでから見ると、なかなかおもしろいかも179

言うまでもないですが、昨日はよかった~~237
こんな2人が見たかった。穏やかな中にも、いい感じの友情が・・・。やっぱ名場面。

やってくるイヴェット
しっかりした決意のイヴェット、「君は僕の薔薇だ・・」とつぶやくジャスティン
そして熱いキス。 このキスまでのがいいんですよね、また237

歌も歌詞がしみるんだなぁ・・・・もう、泣かずに聞けません。
でも、ほんとに昨日は幸せそうで、ものすごい光につつまれてるみたいでした179

銀橋で腕を組むところくらいまでは、そんなに笑ってはいなかったジャスティンなんですが、
差し出した腕にイヴェットがとっても幸せそうに腕を絡ませた瞬間、
すっごくいい笑顔を見せてくれました241

そして、その幸せそうな微笑のまま上手花道に去っていきました。

・・・・・・・こんなジャスティン会いたかったの。ほんとに。

ちゃんと大人だし、でもやっぱり優しい。

どんなことがあって、ちょっと前のように笑わないジャスティンになったのかは、
わかりませんし、また戻ってきてくれたのも、どうしてなのかわかりませんが、
そんなことどうだっていいんです。

素敵なジャスティンがいて、みんながいいお芝居をして、いい作品が出来上がっていれば。

やっぱり真ん中に立つ人が変われば、それだけいろんなことが変わるんだというのを
改めて知りましたし、王子がどれだけ進化形の人なのかも、さらに今さらですけど、
よくわかりました。

とにかく、またまたさらに、この作品が好きになりました。

そして、この勢いのまま、ショーの方も最高に素晴らしかったです。

というか、なんだかすごすぎて、出来ればこの言葉は使いたくないのですが、
明らかに“退団オーラ”が出ちゃってるな・・・・と241


この週末、観劇の方も大勢いらっしゃるでしょう。
みなさんが、宙組公演で幸せになれることを祈ってます179
いっぱい、いっぱい愛する幸せを噛み締めて、エールを送ってきてくださいm(__)m

さらに今日は、王子のお茶会だそうです。たくさんの方が参加されるでしょう。
どうか素敵で、幸せなひとときをお過ごし下さい420

長々と失礼しましたm(__)m

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009.05.09 (Sat) | # | | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009.05.09 (Sat) | # | | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009.05.09 (Sat) | # | | 編集

鍵コメント Maさま☆☆

同じ日に御観劇だったんですね(^^)
本当に素敵な公演でしたよね。素直に感動できました。
あの日のジャスティンや、みんなは、心にしっかり刻みつけて
幸せな気分になれますよね。

本当にあと少しだなんて信じられませんが、
どうかその想いをみんなに送り続けて下さい。
私もしっかりご報告が出来る様、ガンバリマス(^^)v

2009.05.10 (Sun) | れお #65fpICiI | URL | 編集

鍵コメント Chaさま☆☆

そんなに喜んでいただけてうれしいです(^^)
本当に、王子と姫の最後の公演が、この作品でよかったと思います。
ずっと胸に残るものとしては、とっても上質で、そして幸せなものですもんね。
やっぱりファンとしては、幸せな2人を残しておきたいですもん・・・。

そして、今回の作品のキーマン、男爵ですね(^_-)-☆
いい仕事してますよね~(笑) ご家族にも好評でよかったです(^^♪
私の感想でも、幸せのお手伝いが出来たのなら、うれしいです。

そして、「大人~」な、上からキスも、堪能していただけたようで(笑)
それが何よりでございます(*^^)v

2009.05.10 (Sun) | れお #65fpICiI | URL | 編集

鍵コメント aさま☆☆

はじめまして(^^♪ ようこそお越しくださいましたm(__)m

初日近くと、GWでは、だいぶ違うジャスティンでしたもんね、
ほんとにみなさん、とまどっておられたようですね。
特にコンビファンは、あの空気感はツライものだったと思います。
私もそうでしたから・・・・
ジャスティンがクールなのは、役としていいのかもしれませんが、
全体、特にイヴェットとのシーンに「冷たさ」が漂ったのは、残念でしたよね。
これは、結構何人かの方が同じことをおっしゃっていたので・・・

でも、ひとつ大きな山は越えたのではないかと思います(^^♪
きっと、次に御覧になるときには、それはそれは素敵な2人が
観られると思います! どうか楽しみにしていてください(^^)v
そして、ぜひ、ご感想を!!!

2009.05.10 (Sun) | れお #65fpICiI | URL | 編集

ごめんなさ~い

ルサンク買いました。

しっかり「内臓のどこかが少しずつ犯されて」と書いてありましたね。

エロいなんて言ってゴメンナサイ(汗)

(でもやっぱりちょっと変な気もするけど…正塚先生?)

2009.05.11 (Mon) | だらっくま #iFzx1HIM | URL | 編集

だら

ほんとですね(*_*)

やっぱりなんか変ですよね(^_^;)
「侵される」「犯される」「冒される」・・どれでも変換出来ましたけど・・
イメージ的なもんなんだろうか・・・

いや、それもなんかヤバイ気がする・・(^^ゞ

2009.05.13 (Wed) | れお #65fpICiI | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。