スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NOW ON STAGE 【薔薇に降る雨】

ほんとに長くお待たせしました。

3割増しでお願いしますと、リクエストを頂いてしまい、
ちょっと頑張って画像を入れすぎたので、時間がかかりました。
ごめんね~

楽しい感じが伝わったらいいのだけれど・・・
では、早速です。


【薔薇に降る雨】

みんな落ち着いた雰囲気のお洋服で、ほんとにリラックスモード。
まずは、それぞれに役名と自己紹介。そして、公演の話に。 

    P1180395.jpg
   P1180385.jpg
   P1180390.jpg       
   P1180391.jpg  
     P1180629.jpg   
   P1180408.jpg 
   P1180409.jpg 


公演の話に。

   P1180651.jpg  

 タニ 「まずは、薔薇に降る雨ですが、公演始まってみて、皆さん、いかがですか?」

  P1180643.jpg  

 みんな (顔を見合わせて) 「ね~179」 (笑い)

 とむ 「おふたりのなんか、フランス映画みたいなラブロマンスが,ほんとに素敵で。」

 タ  「ほんと、映画みたいだよね。フランス映画。舞台に来たら、セットが少し・・・・?
    少ししかないっていう言い方も変なんだけど(笑) あんまり無いんだけど、
    だからこその、それぞれの役の心情であったりそんなものが、わかりやすく出てくる
    ようなそんな感じがして・・・。で、お客様もすごく、うれしそうに見てらっしゃるよね?」

 と 「だんだん引き込まれて・・・いくような感覚があります。」

 タ 「私、板付きで始まって、そこから回想も終わって、
    もう一回クラブになってってところまで
    ずーっとね、袖に入ったら剛速球で着替えて・・・」

 と 「そうですよね。袖ギリギリで着替えたりしてますもんね。」

 タ 「で、ようやくお屋敷とかになると、ホっとしてるんだけど。」

 と 「あそこで出会ってからのね、経過がすごく・・・・見えるから、わかりやすいですよね。」

 タ 「そうだね。。」

 ウメ 「(とむ様に) その間ね、あれですよね?」

 と 「ずっと待って見てますよ、花道から(笑)
    衣装一緒なので、花道からずっと経過を見てます179

 タ 「ほんとに? そっか~!」

 と 「あの、出会いのシーンとかがいいですよね278 山道でしたっけ179

 タ 「山道278 靴折れちゃってね。」

   P1180664.jpg

 と 「靴折れちゃってね、もう一方も折っちゃう!みたいな(笑) そこなんだぁ。」

 タ 「そうするんだぁ、みたいなね(笑)」 (笑い)

 
 タ 「そして、ダンスパーティとかも。」

  P1180302.jpg
    (ニヤけて) あそこ、いいですよぉ278  (笑い)

 う 「なんか、どうしたんですか?(笑)」

  P1180310.jpg
 と 「ものすごい見てますからね(笑) ものすごく見てますからっ!  (爆笑)

 タ 「ほんと?  いい?」

 と 「若いパワー弾ける!みたいな。(王子に)10代でしょ?」

 タ 「10代。(見回して) みんな踊ってる? みんな踊ってるよね。」

 えりこ 「(ともちんに) 我々も10代なんですかね?」

 とも 「・・・ど・・・同年代、同年代!(笑)」

 タ 「私たち、前で芝居していても、盆が回りつつ、みんな踊ってて、すごい。
    その後、あの・・大海亜呼ちゃんお芝居するんだけど、汗だくで。」

 う 「あぁ、踊ってるから。」

 タ 「あぁ、みんな踊ってるわぁ、いいねぇ、青春だねぇって179

 と 「私、あの、イヴェット~ッ!って叫ぶとこ大好きなんです。」

 タ 「ほんとに?」 

    P1180419.jpg
  「ものすっごい叫んでますよね。よっぽど遠いんだなって(笑)」

   P1180420.jpg
     
 「叫び方でね、遠さをあらわしたいから(笑)」

 と 「よ~っく、表現されてますよ (笑) どこまでも遠いんだろうなって(笑)」  

 タ 「見えないくらい遠いから(笑) やっぱりね、叫んでみないとと思って。」


最初からみんな和気藹々トークです179

   P1180411.jpg  
      「オーランジュ男爵も・・・おもしろい人だね。」

   P1180421.jpg
  「なんでしょうね、この人は。会社に投資をしてるんですよね。なんですけど、
   いつのまにやら・・・会社の経営に携わっているという。」

 タ 「うんうん。巻き込まれてるよね。」   

 と 「巻き込まれてますよ、完全に。」

 タ 「しかも、私がすぐに使ってるよね。『これ、探して来い』みたいな。」

 と 「『おぉっ、仕事?わ、私が?』みたいな感じでね。」

 タ 「で、ノリに乗ってるよね。」

 と 「気合い入れて調べちゃってますからね(笑) 報告とかしちゃって278 (笑い)

 タ 「大好き!あの練習してからさ、“・・らしい”とかさ、すごい、たまらない(笑)

 と 「ちょっと“らしい”が多いんですけどね278 
    そんな中でも友情が芽生えてきたりなんかして・・・」

   P1180321.jpg
 タ 「あの友情具合がね、私なんかね、すごいねぇ・・・好き179

 と 「あの微妙なね、はっきり言わないけれども・・なんか感じてる。」

 タ 「そう、あれが、いいなって179

 と 「いいですよね179

この話の時、ずっと、タニまゆの2人がニコニコ、顔を見合いながら話してるのが、
とっても、とってもホンワカしていて、かわいかったなぁ~。役の関係がリンクするようなね179


 タ 「そして、そのお屋敷・・・イヴェットと、弟のフランシスと。お屋敷チームですけれども。」

   P1180325.jpg
           みちウメ、2人でにっこりおじぎ。

 タ 「おもしろいですね、お屋敷の方たちもね。 お父さんもお母さんもかなり・・・」

 ウ 「おもしろい・・・・?」

 タ 「おもしろいっていうか・・・・、一生懸命生きてるんだよね、きっとね(笑)」

 と 「上手く言いましたね179

 タ 「ね、一生懸命生きてる(笑) 伯爵家も、大変なんだなぁと思って。」 (笑い)

 ウ 「そうですね~。(えりこちゃんに) 会計士さんも、ちゃんと雇って。」
 
  P1180330.jpg

 えりこ 「はい。ありがとうございます179 雇われてますm(__)m
      父親のね、エミールはちょっと出てこないんですけど、一人でがんばってます179

 タ 「うちのね、会社に依頼しに来たんだけど・・・」

 ウ 「そこからね、物語が進行していく・・・」

 タ 「すごくねぇ、激しく語ってくれてて278

 え 「あのきっかけで、恋愛以外の裏の物語が進んでいくので、
    わかりやすくしないと いけないし、もう、興奮しちゃって・・・」

 タ 「かなり興奮してるよね。」

 え 「椅子が・・・」

 タ 「バウンドしてるの!(とむ様に) かなり興奮してるよね!

   P1180332.jpg

  と 「私、もうあそこ(笑)」   タ 「今日もすごかったでしょ?」

タニまゆ、2人で、「そうそう!」って、意気投合(笑)


 え 「会社の椅子が硬くて、クッション性が。興奮すると、後ろから見るとすごいんですよ。」

 と 「ほんとに頭が、ボワンボワンボワンボワンって(笑) 大興奮してるわって」 (笑い)

 え 「(バウンドしながら) こうなってるんです201みたいな。 社員の方にも言われまして。」

 タ 「初日開いて、どんどんどんどんバウンドが強くなってる(笑)」

 と 「本人、楽しんでるんじゃないかなって、最近思うんですけど、どうなんですか?(笑)」

 え 「そんなこと201 もう余裕が無くて、助けてください!って必死なので、
    足とか実は震えてるんです。」

 と 「ほんとに?」

    P1180340.jpg
 え 「それは、わかんないんです、クリストフが興奮してるのか
    七帆ひかるが緊張してるのか。とにかくもう足が震えちゃって。」
 (爆笑)

ほんと、2度目に見たとき、めちゃくちゃ興奮してるから、びっくりしたもん(笑)
必死なんですっ!って感じですけどねぇ278


 タ 「兄弟はどうですか?」

   P1180344.jpg

 みちこ 「なんか初めてなんですよ、弟役。学年は上なのに、弟役
      最初、どうなるかなって思って・・・弟に見えますか?」

 タ 「弟に見えるよ! 見える、見える。」

 ウ 「なんかいつも、北翔さんに助けてもらって、困ったときに、
   『みちこさん、みちこさん』って言ってるから、お姉さんに見えなかったらどうしようかと
   思ったんですけど。」

 タ 「ちゃんとなんか・・・・指導してるじゃないけど(笑) 指導じゃないけど278、いいよね。」

 み 「諭して・・・」

 ウ 「あの諭すやつも、早口になったりするのを(みっちゃんに)指導してもらいました。」

 タ 「逆にね。」

    (笑い)

 ウ 「ねっ278」  み 「ねっ278

**********************

 タ 「そして・・・私の・・・・恋人・・・」

  P1180345.jpg

         まちゃみ 「婚約者・・・」

 タ 「婚約者、ヘレン。」

 ま 「そうですね179

 タ 「ヘレンは、いい人なのよ。」

 ま 「ね~、ほんとにリアルな感じで、実際ありそうな・・・」

 タ 「そうだね、ありそうだよね、ほんとにそう思う。」

 ま 「ありそうな感じなので、ちょっとそこら辺を共感を持って頂けるように、
    演じられたらな・・・って思うんですけど。」

 と 「(王子に)どうですか?婚約者として、
    最高だと思うんですけど、ヘレンみたいな人。」

   P1180350.jpg
     「最高だと思うよ!だから!
    
・・・・・・・あの・・・やっぱり・・・・(しどろもどろ)」

   P1180424.jpg

        「責めてる訳じゃないですよ!」

   
P1180671.jpg
       「別に責めてませんよっ!」 

   P1180425.jpg
              まちゃみ爆笑。

             
(みんなも大爆笑 )

   P1180426.jpg
            ジャスティン、がっくし。

 
 タ 「ジャスティン的には、ほんとにね、まじめに、あの、一緒にいたいなっと思って・・」

 と 「思ってるんですよね。」

 ま 「でも一応5年間くらい付き合ってるんですけど、
   その中でも安心できない思いはあって。」

  P1180429.jpg 
  タ 「(サクっと) でも、男は気づかないんだって、正塚先生が言ってた。」

 と 「(アッサリ) なるほど。」 (爆笑)

 ま 「ね、言ってらっしゃいましたよね。」 
  
 タ 「『男がいけねぇんだ、どうせって。」 

   P1180432.jpg 
    と 「『どうせ』って(笑) そこまで言ってない(笑)」
                  
             (みんな大爆笑)

 ま 「『男に悪いつもりはない』っておっしゃってました。」

 タ 「全然気づかない。最後言われて、
   P1180433.jpg
     『あれ?・・・・そうだったのか』って気づく。」


 と 「ジャスティン的には、ほんとに安心出来るし、信頼してるし、
    ずっと一緒にいられるって思ってるのに、ヘレンは・・・」

 ま 「そうなんです。ずっと不安だったところが、そのアメリカ行きとかで・・・・」

 タ 「ちょっとづつ、すれ違ってきたりっていう・・・・。 
    ジャスティンていうのは、ヘレンという人もちゃんといる。
    けれども、7年前に恋をした、イヴェットという人が現れる・・・と
    P1180441.jpg
                  てへっ。

    P1180444.jpg 

    「そこでは・・・もう・・・・たまらなくなるんですね。」
  (と、を見る)

    P1180446.jpg
               「ねぇ~。」

 と 「昔の想いって、フツフツと湧き上がってくるんですね。」

 タ 「一生懸命、忘れよう、忘れよう、忘れようって頑張って、
    ようやく会社とかも軌道に乗って、ようやく普通に生活して、
   P1180451.jpg
   心の奥底、奥底、奥底~の方にしまっておいたのが、
   出会っちゃったから、またビョーンってね飛び出てきちゃったのね。」

 と 「でも、出会ったときには社交界デビューして・・貴族・・・」

 タ 「(に)で、こうなっちゃうの?みたいな。
   いや、こうなっちゃったのってわかる?(笑)
   はじめ出会った時、すごい酔っ払っちゃって、7年前の様子からは、
   また、ねぇ~、感じが違うくなっちゃって。
    P1180456.jpg
           何があったんだよ、って。」

 ウ 「何があったんでしょうね~179 何があったかのヒモを解いてくださるのは、
    (ともちんに) 婚約者のグザヴィエさんなんですけども・・・・」

 タ 「そうですね。婚約者・・・

   P1180459.jpg
 とも 「婚約者・・・なんですけれども・・・。
     船会社の社長で、もうバリバリ、金の時計とかして、

     弟にも金の時計あげちゃったり、(イヴェットに)指輪あげちゃったり(笑)」

 タ 「金持ちだよね。」

 と 「兄弟になるわけだから・・・とか言っちゃってね(笑)」

 え 「会計士も下さい。なんか下さい。」 (笑い)

 と 「ほんとだよ (笑)」

 タ 「車もほら、なんかすごいの乗ってるんだよね。」

 とも 「デューセンバーグ!」  

 みんな 「オォ~っ!」

   P1180465.jpg

 とも 「調べたら、絶対皆さん見たことある・・何ていうの・・・こういう・・・」 (手振り)

 え 「(手振りを真似しながら) こういう?(笑)」

 ウ (同じく真似ながら) 「車って、だいたいこういう感じ」 (笑い)

 タ  「結構しっかりボックスっぽいやつ?」

 とも 「レトロなデザインの・・・・それのアメリカ製(姫に)乗せたかったんですよ (笑)」

 
みんな 「あぁ~。」

 タ 「あの会話おもしろいよね。 『乗せたかったんですよ。』 『車に?』みたいな。」

 ウ 「“てにをは”をね。」

 とも 「そう、『あれに、貴女を乗せたかったんだ』っていうんですよ。
     それを何回言っても
    P1180477.jpg
   
(キザって) 『あれを、貴女に乗せたかったんだ』って、
    かっこつけて何回も言っちゃって229
    先生に、『あれに、だ』って言われて、『はい179って言って、
    『あれ、貴女に乗せたかったんだ』って。」
 
(笑い)

   P1180480.jpg
          「よっこらしょって(笑)」

 
とも 「そんなこともありーのでしたけどもね。」
 
 と (まじめに) 「かっこいいよね、でも。 素敵。」

 タ 「うん。」

   P1180485.jpg
   (ちょっとつまって) 「・・・・・・・ね229」  (爆笑)

 と 「今のつまるとこ? それ(笑)」 (爆笑)

 ウ 「ストライプのあのスーツがね、ものすごい威圧感をね。」

 
タ 「威圧感(笑)」

 とも 「正塚先生が、なんか冒険、『今回はこのストライプは冒険なんだ』って。」

 みんな 「へぇ~。」

 タ 「冒険なんだ。
    十輝いりすちゃんと、2人で言い合ってるところの場面、かっこいいのよ。
    2人ともコート着ててね、トレンチコートとか。、あそこはね、袖から見てて
    出てくるんだけど、男同士のやり合いみたいな感じで・・・・」

   P1180490.jpg

 とも 「壁みたいになってませんか? ふたりしてトレンチコート着て。」

   
P1180489.jpg 
                 
大ウケ

  P1180492.jpg

      「おっきい、おっきい!みたいな感じで(笑)」

 とも 「あそこ、おふたりがやってきて、そこが、まぁ・・暴かれるところなんですけど」

  P1180495.jpg
      (かわゆく)  「言いたいね278

  P1180497.jpg
             「言いたいね278

まゆとも萌え~~415

  P1180499.jpg
   「言いたいね278
   
  あそこで、大和さんが着てらっしゃるお衣装、かっこいいですよね。」

  P1180504.jpg
 タ 「あ、あそこは、普段、ネクタイしてるのに、
    ノーネクタイで、黒シャツかなんか着て。」


 ウ 「張り込み的な感じですか?」 
  
 タ 「たぶん、なめられちゃイケないと思って、
  P1180540.jpg
       
(ワルっぽく) 「こう。」 

   
(爆笑)

 と 「そこぉ?」

 タ 「だから、気合い入れてるの。」

 ウ 「そこですか? だから、(とむ様の帽子を取る真似) こう。」

 タ 「この人ね、オーランジュ男爵、帽子をねぇ!」

  P1180523.jpg 
 と 「(帽子をとる真似をしながら) こういう
   私的には、でもね、オーランジュ男爵ってせっかく紹介してくれてるのに」
  P1180530.jpg
        「ともちんまったく見てないし。」

    (爆笑)

 とも 「それどころじゃないよって(笑)」

 と 「それどころじゃない(笑)」

 う 「なめられちゃいけないってね。」

 タ 「おしゃれだからね、オーランジュ男爵。結構、素敵な色のスーツとか着てるよね?」

  P1180545.jpg
          「エンジっぽいのね。」

 ウ 「ジャスティンもおしゃれですよね。」

 
と 「いろんな種類の・・・」

 タ 「いろんなの持ってるよね。 」

 と 「衣装持ちですよね。」

   P1180548.jpg
  「私、緑のね、グリーンのスーツを見たとき、びっくりしたもん。」

 と 「でも、似合ってますよ。あの白ですよね。」

 
う 「すごいきれいな。」

 タ 「そうそうそうそう、こんな色のスーツがあるんだって。」

 ウ 「社長だから278。」

 P1180544.jpg
   「社長だから(笑) 結構がんばって儲けてるの。」

 ウ 「社長だから179

******************************
 
   P1180552_20090427132553.jpg
 タ 「この物語、いろいろ話が出たんですけど、2人の恋愛の部分と、後半は、
    ちょっと謎解きが始まりまして、男同士の言い合いであったり、かけひきだったり、
    一方こっちでは、兄弟の家のこととかがあったり、こっちも、ヘレンとの  
    恋人のいろんな問題があって、いろんなところで、いろんな事件というか
    問題とかがあって、最終的にこうなるか・・・っていう感じなんですけど、
    だから、次から次へと色々出てきておもしろい。
    みんな、自分のここをすっごい見てほしいというところがあったら、アピール
    まずは・・・(えりこに)」

   P1180562.jpg

 え 「私ですか。じゃあ失礼します。
    ジャンピング・・・じゃなくて、なんていうんですか?バウンディング?(笑)
    それと、後半のお屋敷での突然のミュージカルナンバーを、ぜひ。」

 タ 「あそこおもしろい~。」

 え 「あそこ、先生も『どうなんだろう』っていう風におっしゃってて、やってる私たちが
    一番思ってたんですけど、先生に言われちゃって不安だったんですけど(笑)
    でも、幕が開いたら、お客様も、すっしぃさんの伯爵とかも、すごくおもしろくて、
    楽しんでいらっしゃるみたいなので、あのナンバーは楽しいと思います。」


   P1180675.jpg 

 ま 「私は、最後の場面なんですけど、冷静だったヘレンが冷静でなくなるという・・・   
    あんまり深くは言えないんですけど(笑) そこの場面を・・・・」

 タ 「普段は結構冷静なんだけど、そこでグワーっと感情が、バっと出てくる・・・
   なんかみんな一度は経験したことが
     P1180569.jpg
              あるん・・・ではないか?

     P1180570.jpg
            ・・・ん~・・・・わからんけど(笑)」


 ま 「ほんとに実際ありそうな感じなので、その感情をぶつけて毎日やっていきたいなと。」


   P1180579_20090427132553.jpg
 とも 「ダンスパーティで、若者をやってると思ったら、
     グザヴィエで変身して出てくるので、その変身を(笑)」

   P1180582.jpg 
              「変身してるねぇ。」
 
 とも 「そこを見ていただけたらなと179

 タ 「稽古場でもさ、はじめ、踊れるようにお稽古しやすい格好で、で、パっと見たら
    すっかりスーツになってて、『いつの間に着替えた?』って。」

   P1180583_20090427132553.jpg
       「ちょっと感じが出ないな・・と思って179


   P1180585_20090427132553.jpg

 み 「私は、お姉さんと一緒に歌う、「出来ること」っていう歌のシーンなんですけど、
    若さゆえに納得出来ないっていう、貴族ゆえに代々築いていかないといけないものを
    納得出来ない部分を、お姉さんに諭してもらいながら歌うシーンです。」


   P1180594.jpg
と 「私は・・このシーンというより、すべてのシーンの流れというか、
   存在の仕方だったりとか、その時、その時の・・・なんでしょう・・・

   P1180421.jpg 
     だいたいジャスティンと一緒にいることが多くて。」

 タ 「そうそう、一緒に行動してるから。」

 と 「オフィスに行ったりとか、いきなり経営に参加してたりっていうのもあるし・・・
    まぁ、好きだなっていうのは、一番最後ののシーンもやっぱり好きかなぁ・・と
    思うので、そこに行くまでを大事につなげていけたらなぁ・・・と思って、
    今回は演じてます。」


   P1180606.jpg
   「私は若かりし頃の、18歳の頃のの物の考え方とか、物に対するまっすぐさとか、
        いろんなことがあって、7年後に考えてること、置かれてる状況を把握している
    自分とか、弟に言えるまでになった、自分のポリシーというか、
    その辺が出せたらいいなと思いながら、はい、やりたいです。」


   P1180612.jpg
  「私は、みんなと絡んでいるので、みんなとのお芝居の絡みもひとつひとつを
   大切にして、ジャスティン的には、7年前の恋があって、7年たって、いろんな
    自分の周りの環境があって、
   P1180610_20090427134223.jpg
   再びイヴェットに出会ったことによって、 動き始めて、
   本来自分がやりたかったこととかに、もう一回目を向けて、なんかすごく
   成長していってるなって思うので、それを丁寧に、ひとつひとつの場面を
   丁寧にやって、
   P1180677.jpg 
    そういう成長がお見せできたらいいなって思ってます。」


**************************

ふぅ・・・ということで、お芝居の方はこれで終わり。
後半は、ほとんど、ツッコミ無しになってしまった。

3割増しでがんばったら、えらく時間がかかってしまいました229

明日が、また観劇デーなので、ショーの方のUPは、激しく未定です・・・
楽しみにしている方がいたら、申し訳ないですm(__)m

では、今日はこの辺で・・・・463 
 

Comment

お疲れ様でした!!
たにちゃんのスーツの色いいですね。すごく好き。
うめちゃんの服は今年のグラフ新春号で着ていた服ですね。
やぱっりうめ姉さんとみち弟は可愛い。(笑)
ともちんの『あれを、貴女に乗せたかったんだ』、面白かった!笑った。。。
レポありがとうございます!!

2009.04.27 (Mon) | よね #- | URL | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009.04.27 (Mon) | # | | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009.04.27 (Mon) | # | | 編集

れおさんはじめましてm(__)m
いつも楽しく拝見させていただいてます★
私 スカステ未加入なので、
れおさんのこういう記事が
とってもありがたいです(≧▽≦)

レポありがとうございましたッ★

2009.04.27 (Mon) | みゆき #- | URL | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009.04.27 (Mon) | # | | 編集

よねさま☆☆

ありがとうございました(^^♪
王子のスーツ、素敵ですよね、ゴールドっぽいのが。上品で。
姫のは、そうですね、グラフで着てたんですよね~。
男前の肩ですね(^_-)-☆

ともちん、キザって言ってるだけに、おかしかったです。
舞台を観た時に思いださないようにしないと・・・(^_^;)

2009.04.27 (Mon) | れお #- | URL | 編集

鍵コメント Miさま☆☆

はじめまして(^^♪
素敵な素敵なメッセージ、とってもうれしかったです(涙) ありがとうございます。
とってもとっても励みになります。

タニウメ&宙組は本当に素敵ですよね~。
どんなきっかけでタニウメにはまられたのでしょうか?
ぜひ教えてください。

私もこのブログを始めたおかげで、素敵なお友達がたくさん出来ました♪
もし、劇場に来られるチャンスがあればお会いしたいですね。
これからも、いつでも遊びにきてください。お話しいたしましょう(^^♪

楽しんでもらえるように、これからもがんばりますね(^_-)-☆

2009.04.27 (Mon) | れお #65fpICiI | URL | 編集

鍵コメント uさま☆☆

よろこんで頂けてよかったですぅ(^^♪

25日、私、6列・・・・ということは!(笑)
後ろからみられてましたね(爆笑)

オペラグラスをあげるタイミングが、他と違うなぁ~とか
思われてたりして(^^ゞ
あっ、舞台に夢中で、それどころじゃないですよね(笑)

今回は、東宝にも行こうと思ってます。いつかぜひ!

2009.04.27 (Mon) | れお #65fpICiI | URL | 編集

みゆきさま☆☆

はじめまして(^^♪ お越しいただいてありがとうございます。

宙ファンの方に、喜んでいただけるのが一番うれしいです(^^)
これからも、楽しんでいただけるものが書けたらいいな・・と思ってます。
よろしくお願いしますm(__)m

2009.04.27 (Mon) | れお #65fpICiI | URL | 編集

鍵コメント Maさま☆☆

どうもですぅ(^^)
3割増し、ちゃんとできてましたでしょうか?

みなさん、王子のスーツお気に入りのようですね。
素敵ですもんね~。

ほんとにみんな仲良しなんですよね。雰囲気がいいんですよね。
見ていて、幸せな気分になりますね~♪

姫は完全に乙女ですね。ほんとそこがかわいい。
つぎは2日なんですね、ぜひぜひお会いしましょうね(^_-)-☆

2009.04.27 (Mon) | れお #65fpICiI | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。