スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ベルサイユのばら】感想@千秋楽 vol.2


昨日、書くの忘れてた・・・

 宙組中日公演、千秋楽おめでとう~ヽ(^o^)丿


そして、今日は、

 宙組【逆転裁判】 青年館 初日おめでとう~v(*'-^*)b


それから、今日から

 雪組 早霧せいな   花組 天咲千華

 2人とも、がんばれ~~ヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノ ♪


あと、

 スカイフェアリーズ すみれ乃麗もがんばれ(*゜▽゜)ノ


あぁ、すっきりした179
そうそう、スカステといえば、明日千秋楽の模様が放送です。楽しみです!

で、テレビつながり。

昨日、AQUA5の皆さんが、【東京フレンドパーク】に出てましたね。
少しだけ見ました。(一応録画はしてあるんですけど。)

なんか楽しそうだったよねぇ~。 ねぇ、ルカさん236
たぶん、他がご贔屓組の人は、ほとんど思ったよね。


 『うちの組も出して』 って(笑)


宙組なら、王子、とむ様、みっちゃん、ともちん、ななっぺ になるの?
うぅ・・・まさちゃんも入れたいな・・・あのキャラは貴重だ。
絵的には、チギちゃんも特出させたいなぁ・・・・・7人はダメ?
でも、運動神経で、もアリか?(笑)

ビジュアル420にはかなり自信あるんですけど~278   
キャプテンゆうが率いる、体育会系バリバリですけど?

ホッケーとか、キャプテン自ら熱そうだよね~(笑) 
あっ、最初のジャンプも、ものすご~~く自信あるんですけど237  高いところ強いよ218

TBSさん、いかがでしょう??

でも、ほんとにそうなると、私的に一番気になるのは、
最後のダーツの商品。 「みちこ氏の欲しいものは何か」だったりする。
いや、ほら、みっちゃん、なんかめちゃくちゃおもしろいもの言いそうだから229

な~んて、妄想だけして楽しんでおきます278

では、感想の続き。



☆アンドレとアラン

 最初のアンドレとのシーン。 
 アンドレの 「アラン・・・お前、若いな」 毎回、かっこよかったよねぇ。低い声で。
 あのフッって笑うのが、たまらなくセクシーだった10
 少し斜めに構えてセリフ言うのって、王子スタイルだよね278

 それにカッとなって、子供みたいに言い返すアランもかわいいし(笑)

 初日には、みっちゃんの口から「オタク」なんて言葉が出て、思いっきり笑いの場面に
 なってしまって、演出家に殺意を覚えたんですけど、それ以降は、ほとんど笑いは
 出なかったな。初日なので、ファンが多くて、やっぱり「パラプリ」のイメージが
 強かったからだと思うんですけど。

 それでも、やっぱりあの時代背景の作品で、「オタク」なんて言葉を使うこと自体が
 許せないんですけどね239 何を狙ってたのか、意味がわからん。

 昨日は、3回目くらいのカーテンコールで、
 王子が、「私ばっかりしゃべってるので、北翔海莉が何か言います。」みたいに振って、

 みっちゃんは、客席に、 
  「女のくせに、男の格好している女が好きだなんて、
                    お前たちも相当なオタクだな。」
って(笑)

 客席も爆笑でしたけど、ともちんと、その横のチギちゃんが、大ウケしていたのが、
 個人的にツボでした237

 アンドレとアランの2人のシーン。
 目が見えないことがわかって、「頼む・・オスカルにだけは言わないでくれ」
 で、最後に「頼む・・・」って、振り絞るように言うでしょ?
 あそこ、ほんとに毎回、違った言い方だったんだけど、昨日は、あんまり声を絞らないで、
 結構自然に「頼む・・・」って言ってたかな。

 この2人、ほんとはのライバル?なんだけど、アンドレの目が見えないってわかってからは、
 一気に友情が深まって(シーンには一切ないけど229)、で、もう、最後なんて、
 愛情だよね(笑) まさに、みっちゃん→王子そのまんま237



☆オスカルとジェローデル

 チギカルは、ジェローデルアンドレのことを「あなたも愛しているのですか?」聞かれて

 「わからない・・・そのような対象として考えたことはなかった・・・」って言うのが、
 本当にまだ途惑ってるという感じで言うんですよね。

 カチャカルは、途惑いもあるけれど、それでももうしっかり自分の中の「アンドレへの愛」は、
 自覚しているように見える演技でした。

 どっちも、ありに見えましたけどね。


 「青春の全てを、深く深く魂を寄せ合って生きてきたんだ。」のセリフは、
 そんな2人の姿が想像出来るのは、やっぱりチギカルの方かなぁ・・・と。

 まぁ、たぶんこれは、私の好みで、ビジュアルの相性がいいと思っているからかもしれません。

 まさちゃんジェロは、最後まで、優しい、癒し系のジェロ様でした。


☆アンドレとおばあちゃん(夜のお屋敷)

 この時のアンドレの衣装が好きですわ~。どんだけスタイルいいの!って。
 濃いブルーの胸元ざっくり(←そこかい!)のブラウスと、腰の高さがめちゃくちゃわかる
 黒のパンツにブーツ。

 袖のフリフリのところが、裏が白で、それが動くたびにきれいで・・・・

 階段から転げて、床で悔しがるところ、あそこ、バッて顔をあげたときの表情が
 すっごくかっこいいんですよね。ドキっとするの。
 
 「オスカル・・俺はもう一度、はっきりとお前の顔がみたい・・」
 毎回、キュン266ってなってました。

 最後の、「おばあちゃ~ん!」も、ものすごく絶叫するときと、そうでないときがありました。
 昨日は、結構叫んでたかな。


☆アンドレとアラン&衛兵隊

 衛兵隊もみんな気合い入ってました。 登場の最初の歌の場面でも、
 185誇りが 胸に 詰まっているさ~ とか、すっごい力入ってるのわかったもん。

 それぞれ、みんなかっこよかったですよね。

 アンドレの目が見えないことがわかってからの芝居は、毎回泣かされました・・・

 珠洲しゃん 「アンドレ、お前は残れ。」 のちょっと優しい言い方が好きだったな。


 昨日も、もちろん、もちろん熱くて、みんな泣いてて・・・
 みんなの熱い思いのこもった叫びを、頭をかかえながら聞いているアンドレも、
 見てると胸がキューっと痛くなるような・・・。 

 アランの胸をバンバン叩きながら、「約束はどうしたんだ~!!」とか言うところなんて、
 もう号泣するしかないですよ。

 そして、「わかったな!戦闘が始まったら、必ず俺たちの声を聞け!」
 
って言われたときの、アンドレの安心したようなうれしそうな顔179

 「下・・・アンドレ、下だぁ~!!」っていわれて、気がついて少しうなずくときに見せる
 一瞬の、なんともいえない幸せそうにも見える表情に、熱い友情を感じました。

 
 アランは、どんどん男前になっていってたなぁ。
 歌も、力強くて、お芝居の中で、かっこいいみっちゃんの歌が聞けたのもよかったですよね。
 去年は、「黎明-」では、歌はちょっとだけで、「雨唄」は、185なじぇ なじぇ だったし。
 「パラプリ」は、185つくろう 僕らの アニメーショーン だったもんね。


☆アンドレとマリーズ

 2人になってからのシーン。緊迫感ありましたね。
 マリーズはせつなく、アンドレは男らしい。このシーンのアンドレの声が好き。渋いの。
 私の好きな王子の声です。

  
 でも、でも・・今さらなんですけど、どうしても言わずにはおられない。
 最後なので、言わせていただきます。


 やっぱりあそこで訛るのは、おかしい!って


 しかもアンドレが急に、あんなにはっきりとなんて・・・
 いくら同郷の人間に会ったからって、いきなりあんなには出ないって。

 あれを違和感なく受け止められた人なんて、いたのかな?
 
 お稽古中とかに、ほんとにスタッフの誰かが「ちょっと変じゃないですか?」って
 言わなかったのかな?

 訛らないで普通にしゃべって問題とかある? 想像しても別に変じゃないんだけどな・・・

 毎回、あのセリフを聞くと、一気に別世界に飛ばされてしまうような感覚が辛かったです。
 2人の気持ちの入った演技があるから、なんとか踏みとどまってましたけど。

   
 マリーズの気持ちの流れ(その後の場面も含めて)も、セリフのひとつひとつも、
 やっぱりどうしても、納得出来ないんだよなぁ・・・

 十数年会ってなかった相手が、他の人が好きだったからって、
 いきなり“憎い”って・・・

 途中、自分でも「夢物語かもしれません・・」とか思ってるわけだし。

 少なくとも2年前からは、自分もそれなりに幸せに暮らしてきたんでしょ?

 なんていうか、このマリーズという女性の人物造形が、あまりにもいい加減な気がして
 仕方ないんですよね・・・・。

 あれだけ、明るくてけなげな、いい娘なのに、アンドレに会った途端に豹変してるような・・・
 それだけ一途に想ってた!ということ表現したいのかもしれませんが、
 私には意図が伝わりませんでした239

 結局この外伝シリーズで、脚本が良かったといわれたのは、星組さん
 「ベルナール編」だけで、相手役は原作に忠実に描かれたロザリーだったと。

 原作通りの関係だから、2人の絡みに違和感がなかったんでしょうね。
 それが結果的に、良かったと。

 いきなりジェロ様と愛し合っていたことになっていた、フェルゼンの妹、ソフィア・・・

 とうの昔に死んだのに幽霊にされて、登場させられてしまった、アランの妹、ディアンヌ・・・

 いきなりアンドレの幼なじみとして創作され、変な訛りでずっとしゃべらされた、マリーズ・・・

 不憫じゃ・・・かわいい娘役たちが不憫じゃ・・・・241


 他にも、似たようなセリフが重なるところも気になったし。

 マリーズが、アンドレに言う、
 「憎い・・・あなたが憎い・・でも、どうしても憎みきることが出来ない・・・」とかって、
 その前に、アランが、オスカルのことを 話す時にも同じようなこと言ってたのとか。

 「ぐうの音も出ない」っていうのも、2回あったよね。 変に耳に残るセリフなだけに、
 気になったなぁ・・・・

 まぁ、この辺は、私が気になりすぎなのかもしれないですけどね235


 でも、本当にこの作家は、気持ちの揺れ動きとか、余韻とか、言葉のウラにあるものとかを
 生かさない本を書かれますなぁ。

 役者のことを信用してないの?って思うような説明セリフ多用なところとかも
 ダメなんだよね・・・私。

 特に、気になったのが、オスカルパパが、オスカルが危険な戦場へ行くことになって、
 (男として育てたことが)「私の生涯で一番大きな間違いを・・・」って言いながら去った後、
 おばあちゃんが、「旦那様は後悔しておられる」とか「ひな鳥を安全な巣の中へ・・」とか、
 「そしてそれは、口が裂けても言えないことも~」とか言うところ。

 おばあちゃん、しゃべりすぎ239

 わかるから。それ、わかるから充分に。オスカルパパの演技とセリフで。


 そんなん説明しているヒマがあるんだったら、どうして、オスカルたちがフランス軍なのに、
 敵になる市民と一緒に戦ってるのかを、説明しなさい!!
 あっ、おばあちゃんじゃない人で。

 「貴族も平民もない!」って言ってたとかは、途中で出てくるけど、出動に対しては、
 「パリに出動」「女王陛下をお守りする役目」とか言ってるだけで、を裏切って、
 市民と一緒に戦おうとしたところは説明がないんだよ。

 そりゃ、Yasuさんのように原作を知らないと、「誰と戦ってるの?」ってなるでしょ。

 一言でもいいじゃん。それこそ、近衛隊のジェロ様とかに、誰かが、
 「オスカルの部隊が市民の側に立って、戦闘を始めました!」とか伝えさせて、
 ジェロ様に、「オスカル隊長・・あなたは・・・」とか言わせたら、オスカルの崇高な想いとか、
 立場がどれだけ危険で、アンドレがどれだけ必死に守ろうとしたかとかわかるじゃん!


 ・・・・・・・・・って、なんで感想から、こんな話になってるんだ229

 こんなん言い出すとキリが無いので、感想に戻ろう。


☆革命

 ほんとにここしか出番の無い子もいるんですけど229 

 みんなほんと頑張ってました220

 昨日は、最後なので覚悟を決めて見たんですけど・・・市民の男〔大〕 (←うそです。)
 ほんと、ともちん、どんだけ大きいんだよ (笑)
 で、あれ持って、思いっきり右京さんにアピールしたって・・・・そりゃいかんわ237


☆マリーズとおばあちゃん

 もう散々言ったので。 マリーズの美しさ以外、何も語ることはないです。


☆アンドレ天国へ・・

 セリ上がって来たアンドレが振り向いた瞬間、空間すべてが神秘的420に見えます。
 美しい、眩しい・・・・

 この軍服もほんとにほんとに素敵ですね。
 キラキラ267のついたスターブーツもかっこいいです。


 そして、王子ののびやかな優しくて深い歌声。

 185 私は誓う この愛がどこへゆこうと 
            私の愛は変わらない 私の愛は変わらないと・・・


 幕が降りる中を一段一段ゆっくりと、上っていくアンドレ

 きっと、きっと、天国でオスカルと2人だけの幸せな世界をつくるのでしょうね179

 アンドレ満足そうな、幸せそうな笑顔に、王子がこのアンドレを愛してやり切ったという
 思いが溢れているような気がして、ただ泣きながら見つめていました・・・・。


 こんなに素敵なアンドレを、そして宙組「ベルサイユのばら」を見せてくれて
 王子に、そして、みんなに感謝です。


 ファンとして、最高に幸せです420


トンデモ脚本でも、決して「悪い作品」にはしなかった。
それってすごいことだと思います。 みんなエライ!

たぶん、ご覧になった方は、みんなそれぞれ、好きなセリフとかあるんでしょうね。
誰のどのセリフがお気に入りだったとか、興味あるなぁ。

私は、前にも書きましたけど、

アンドレなら、「たまには、飲みたいときもある。」

フェルェゼン様は。「知っていたよ。」と、「ない。」が同率かな~179



さぁ、熱い宙組、あとはショーの感想だぁ218

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。