スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ベルサイユのばら】観劇感想 @2/6 vol.2


昨日は、公演の間に、名古屋のキャトルに行って来ました。
中日ビルは、劇場に上がるのは大変ですが、ビルの中のお店とかは
めちゃくちゃ?空いていて、本屋さんもあるし、トイレも混んでないし、意外に穴場です。

で、ゆうがなママちゃんも購入していた278、「中日公演セット」や、ちびキャラのメモ、
そして、ともちんポスカの新作(かっこよす10)と、東宝のシャルルの写真をようやくゲット221
でも、考えたら、大劇のシャルルの写真ってまだゲット出来てない・・・
あのクネってるのが、好きなのに~241


あっ、それと、ちょっとおもしろいことがあったんです。
一回目の公演終了で、劇場を出るときにハンカチを落としてきてしまい、
すぐに気づいたのですが、中日は、劇場から人がはけるのが遅いので、
少し待って、ロビーにほとんど人がいなくなってから、入れてもらい、探しに行って、
締切の2階席に入れてもらったのですが、結局ハンカチは無くて・・・

でも、舞台チェンジの様子をずっと見ることが出来たんですよね。
ショーから、またお芝居に戻すための。 舞台袖の奥の方も全部見えていて・・・

大劇は確か、緞帳が下りていて、その中で転換していたはずなので(あっ、昔は。)
なんかおもしろいなぁ・・・と思って、掃除のおばさんと話しながら(笑)
ちょっと間、見ていたんです。 なんかちょっとだけ得した気分?
で、おばさんいわく、宝塚観劇のお客さんは、マナーがいいそうです221
団体とかで入っていても、お弁当の空き箱とかをそのまま置いていく人が少ないとか・・・
やっぱりきれいなものを見たときは、みんな心がきれいになってるのね~(笑)

・・・と、ちょっとした小話でした。

さてさて、感想の続き。
次は、どこに焦点を絞っていこうかなぁ・・・・


次からは、それぞれの愛のベクトル63について・・・

まずは、マリーズに行きましょうか。
このマリーズちゃん、初日では、正直、好きでは無いキャラでした。
なんとも、理解に苦しむ・・・。

でも、ちびマリが、訛りの部分を納得させてくれ、
ちびドレへの、まっすぐな想いを見せてくれたので、
すっかり、“ただ愛に一途な女の子”として見ることが出来るようになりました。
お芝居に入り込んでるから、みんなを見る目が素直、素直(←それはアンタの問題229

ちびマリから、大人に変わって、アンドレと、185この道はどこへ・・・と歌いますが、
そこで、すでに2人の表情で、愛の方向がそれぞれ違うのがなんとなく伝わります。

マリーズは、ただアンドレだけをひたむきに。
アンドレは、見つめる遠く先にある、オスカルのことを想っているような。

そして、行き倒れたマリーちゃん、ここでの訛り、マリーちゃんもとっても自然になってました。
普通に「あぁ、こういう娘なんだな」って。
一生懸命、頭を下げて、「働かせて欲しい!」と頼むところも、それだけ必死に
会いたい人がいるから!という思いが伝わります。

酒場で、行き違ってしまった後の、
 「あっ!どんぐり179の時のマリーズのうれしそうな笑顔にキュンとなります。
この一言に、“愛”が溢れていて、好きです179

マリーズのベクトル63は、ただただアンドレだけに。

ただ、これはマリーちゃんのせいでは、ありませんが、
やっぱり女将さんとの場面はあまりにとってつけた感があって、苦手です。結構長いし195
女将さんにあそこまで語らせる意味がよくわからん・・・
だったら、もっとオスカルを出せー! フェルゼンを出せー!

マリーちゃんはけなげなんですけどねぇ・・・。

その後も、アンドレとの再会のシーンの、あんなに怖かった229 マリーちゃんが、
一人の女の子として、かわいそうにさえ見えてきます・・・

あまりに離れてしまったアンドレを必死に振り向かせたくて、
思わず取引のようなことを言ってしまうその女心・・・・
(こういうのって、リアルに女の人はありますよね229
でもね、もちろん振り向いてはもらえない・・・・

ここは、アンドレのお芝居も、ものすごくいいんです。
マリーズがどれだけアンドレを待っていたのかを、必死で告げているのに、
マリーズの方を見ようとさえしない・・・・でも、それが、アンドレマリーズへの
一番優しい愛情の表現なんです。
それが、アンドレから、痛いほど伝わるんです。
だって、は、いえ命さえオスカルのものなんですから。

アンドレのことは、また後でしっかり語ります236

この2人のやり取り、なんとも引き込まれます。
初日には、すごく長く感じた場面だったのですが、深く静かな雰囲気に飲まれ、
あっという間に終わってしまいました・・・何の違和感もなく。

この場面を見ると、次の正塚芝居の2人が俄然楽しみになります。
正塚センセ、このお芝居、観て欲しいなぁ・・・

そして、アンドレに去られ、思わず、ブイエ将軍「お父様・・・」と泣きついてしまうマリーズ
自然にそう言ってしまった自分に、少し驚いたようなマリーズの表現が、、上手です。

そして、ブイエ将軍の喜びを見て、もしかしたら、本当の自分の居場所
見つかっていることがわかって、その後の将軍の申し出を断るのかも・・・と思わせられます。

ブイエ将軍も、その愛のベクトル63は、マリーズにだけですね。
親子の情愛・・・(だと思いたい230) 
ちょっと物分りが良すぎて、マリーちゃんにはまりすぎな感もありますが・・・229
アンドレの名前が出て、ハッとするマリーズの表情を見ただけで、
いろんなことを悟ったような表情をするのが、さすがですね。

と、話をマリーズに戻して・・・
観ている方は、想いの届かないアンドレへの「お帰り下さい」で、
マリーズの気持ちは完結しているように思うのです。

だから、その後の将軍のマリーズの大切なアンドレのために、アンドレの望みを聞いてやるとの
申し出を断るのも、あのアンドレの気持ちを思えばこそ、愛してるからこそだと。
それで終われば、マリーズはとってもいい女なんです。

が、あのセンセはこれで終わらせてはくれない・・・195
最後のマロン・グラッセさんとの会話の場面、

「アンドレが憎かったから、だから申し出を断った。」
「私が殺したも同然なんです~。」
とか言わせて、おいおいと泣かせたりするから、
逆にマリーズがいい女に見えないのですよ・・・239

衛兵隊の将軍なんだから、バスティーユの戦闘の状況は誰よりもわかっているはず。
アンドレが、オスカルと共に出陣することだってわかるでしょう。
将軍に、自分の大切な人がアンドレがだって知られたのだし、
アンドレの大切な人がオスカルだっていうのも、隣の部屋で聞いていて知っていたのだし
だから、あんな取引を持ち出したわけで・・・
その後の2人のことは、わかっていたと思うのが普通です。
わかっていても、何の不思議もない。

だから、あそこは、出来るなら、ブイエ将軍から一言、
アンドレは戦死した・・・オスカルと共に」と聞かされて、
静かに「そうですか・・・」と、心の中でアンドレを想うほうがよかったような気がします。
私が本を書くなら、そうするんだけどなぁ・・・

それに、わざわざ、「結ばれた」とか、「アンドレが悩んでいた」とか、
そんな事聞かされて、マリーズにどうしろと? 反省しろとでも?

リボンのこととかは、どんなやり方でも充分に話に組み込めるでしょう?

それを、これでもか!な説明セリフを、しかも一番ふさわしくないおばあちゃん
延々としゃべらせ・・・・ほんとに原作にないところは、ひどいです229

マリーズは、いわく、「アンドレの一途な愛を際立たせるための存在」@ナウオン、
そして、「アンドレの愛を語り継いでいく存在」@歌劇だそうです。

どちらも、ちゃんと成立していると思います。の演技は。

ただ、最後のセリ下がりは、ひとりが良かったなぁ・・・・
だけで、王子と入れ替わるのが見たかった。


あぁ、マリーズだけで、長くなってしまった229

まだ、たくさんいるのに・・・すいません。 とりあえず、UPしますm(__)m

Comment

マリーズを語る

えっ???
せり下がり????
すみません、マリーズちゃんがせり下がることさえ、知りませんでした。
もう、ママさんのオペラは、後ろの下がっているセリに
ロックオンされてました。
なんだかなぁ~~~~ですね。マロングラッセさんと御一緒だったのですか?
さすが、影の主役v-237

私もマリーズの「お帰り下さい」は彼女の優しさの言葉だと
想っていました。
アンドレに罪悪感を感じさせてはいけないという。。。v-238

マロングラッセは見た!!・・アンドレが戦死して、神に召される為のお着換えタイムだとは
思いますが、あまりにも、とってつけた感がみえみえでv-12
れおちゃんの脚本に一万ルーブルv-61

2009.02.07 (Sat) | ゆうがなママ #- | URL | 編集

とうとう

とうとう名古屋行けないことが決定しました。

「今度の平日休んで良いですか?」「会議」「会議休んでよいですか?」「無理」「私…4・5月は平気で休みますから」「ダメ」「休みますって!予告しましたよ!私は止まりませんよ!7月5日まで仕事しませんって言いましたからね!本気ですからね!」

最後は捨て台詞で終わりました。
まあ中日のチケットはもう無いし、唯一残っていた平日も…あきらめもつきました。私、一応責任ある立場ですから。でも…絶対4・5月は譲らないわ~~~~~!
どうも私は「何やかんや言いつつ結局仕事してくれる」と思われている節があるので、しっかり予告を入れて。

…DVD出たら買うのでしょうね。買って…自分で脚本を推敲して、自己満足しているかもしれません。私だったらこうするぞと叫びながら。
今は皆さんのレポに癒されながら…会議に行きます。

2009.02.07 (Sat) | たま #9SSvUBvs | URL | 編集

ママちゃん☆☆

うわ~い!お金持ちになっちゃった~(^^)v

しかし、ママちゃん、あのセリ下がりに気づかないって、
どんだけロックオン(笑)

うちの美しい姫は、2番手娘役マロンさんと一緒に
セリ下がっていくのですよ(^_^;)
ただでさえ、麗しいトップコンビ2ショットが見られないのに、
なぜに最後まで・・・と、ただただ悔しく・・・

しっかし、あの最後の場面、あれはほんといらないですよねぇ・・・
お着替えタイムで他の人が出られないのはわかりますけど・・・

2009.02.08 (Sun) | れお #65fpICiI | URL | 編集

たまさま☆☆

うぅ・・・残念です。
もしかして、見てくれたら、感想が聞きたい・・と思っていたので・・

会社で頼りにされてるんですもんねぇ・・・
でも、4月から7月までは、私も応援します。・・・って何も出来ませんが・・・

もう、突っ込みどころ満載の脚本ですので、いくらでも推敲可能ですよ(笑)
わたしも、さっき原作をもう一度読みながら、あぁ、この場面があれば
よかったのに・・・王子は美しかろう・・・などと思いながら、
涙にむせんでおりましたので・・・(^^ゞ

2009.02.08 (Sun) | れお #WpVsaS4c | URL | 編集

鍵コメントの kさま☆☆

すいません、すいません!
お返事を書こうとして、せっかくのコメントを削除してしまったようなのです(ToT)
せっかく書いていただいたのに、本当にごめんなさい。
ちゃんと読ませていただきました。

けなげなマリーズちゃん、あれだけ美しいのだから、
きっときっと幸せになってくれるだろう!と・・・

なかなか感想がチギカルのところまでいかなくて・・(^^ゞ
考えたら、私、チギカル、あと一度しか見れないのです・・
これは、かなりなショックです・・・

今回は失礼しました。これに懲りずにいつでも
遊びに来て下さいませm(__)m

2009.02.08 (Sun) | れお #65fpICiI | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。