スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月組公演 観劇感想。『マジシャンの憂鬱』

37『ペルセウス流星群』 を見ました352

家のベランダから、
20分くらい見ていただけなのに、7つくらい見れました68
すご~く、明るくて、長~く流れる354 も見れました。

色んな方向から、流れて、とってもきれいでした。

自然と 343宙~ファンタジスタ~ って口ずさんでました。
キラキラの宙の354たちは、もうすぐ東京ですね。


37スカステの 『YOUNG POWER』 を録画してあったので、
寝る前にちょっと確認を・・・と見てました。

ちーちゃん(蓮水ゆうや)と、最近大注目のGOくん(暁郷)で、
ちーちゃんは、とむ様とUSJに行ったやつとかで、なんとなく
雰囲気はわかっていたのですが、素のGOくんは、初体験で・・・。

GOくんといえば、『暁郷』! 「轟悠」も真っ青のその名前といい(笑)
なんといっても、あの男らしい外見!
組写真でのネクタイ姿はかなりきてますし、(おとめの写真も)
楽屋日記に書いてあった、チギが楽屋入りしてきたGOくんを
本当に男の人が入ってきたと思ったって話には、
大爆笑させていただきました。

そして舞台姿! あの声! 
新公のルカ様は、あのヒゲといい! 濃い~演技といい、
GOやるな~って感じで218

しかし、タマちゃんにインタビューされ答えるGOくんは、、
しゃべり出すと、かわいくて、育ちがいいお嬢さんという感じで、
受け答えもしっかりしているし、明るいし、もう、好感度184184184

終わりに、『かわいいGOちゃんを知ってもらえたと思う』って、
タマちゃんとかに言われてましたが、ほんと良くわかりました。
これからは、GOちゃんと呼ばせて頂きます。
私、普段と舞台のギャップの大きい人に弱いので(笑)
もう、かなり本気に暁郷、応援させていただきます!

途中で、本役のともちんも出てきてくれたし。
ん~、あの映像、保存版にします236

*******************

さてさて、月組公演の感想ですよね。
今度は、お芝居で~す。 もち、ネタバレしまくってます229


『マジシャンの憂鬱』

かなり期待してました。ハリーだし。充実している月組さんだし。
ちらほら聞こえてくるのは、高評価でしたし。

ただ、なぜに大劇場で、317クローズアップ・マジック?
というひっかかりも、正直持ってました。
大丈夫なのか? DCの帝王ハリー。 大劇場だぞ、大きいんだぞ・・・・

***************

始まりは、いろんなところに、マント姿のマジシャンが・・・・
ロマノフの宝石にも似たような・・・・アポロンの迷宮にも・・・・

毎日変わるという登場場所。 この日は、銀橋のど真ん中でした。

セットは、ハリーお得意の回るセットがメインです。
色合いは、紫がかって、シックな感じです。
秋とかならベストでしたね。
ライティングも含めて、ハリーの作品だってすぐわかる感じです。
宮殿の重厚感とか、ルカノール邸に少し分けて欲しいです241

最初の方に出てくるクローズアップ・マジック、
オペラで覗いて見てましたが、トランプを落とすことはなかったです。
トランプさばきは、想像していたよりも、普通でした・・・
そりゃ、プロみたいにはトランプ切ったりできないよね。 期待しすぎ。
あんまり書くとあれなのですが、本当にマジックをやってるのかは、
わかりませんでした。やってたら、ごめんなさい。

で、普通に見ていた相棒に聞きました。
『どうやった?』
『全然、見えへんな。 まぁ、お芝居やし。』

そうですね。そりゃ、どんなにちゃんとやっても、
客席からはわからないよな・・・みんなオペラ持ってる訳じゃないし・・・
いや、別にいいんですよ。 
でも、じゃあ、なんのための前田さん・・・・230
だから、ハリー・・・大劇なんだって・・・・

で、かっこいいシャンドールは、行方不明の犬を透視で見つけたりして、
もう、とにかく、めちゃめちゃヒーローです。
『奇跡の男』として、そこまで?っていうくらいのスターです。

実は、私自身、こっからもう、ちょっと引き始めてました・・・
だって、だって、みんな信用しすぎ!
いくら透視が出来てもマジシャンなんだから。
まぁ、『超能力マジシャン!』 とか言われてましたけど。
セロみたいなもんか。(でもタネはあるって思うよなぁ・・・)

で、ちょっと疑っている人間も、シャンドールが
『私はただのマジシャンですから』 みたいに、ちょっと謙虚に引くと
『そんな事を自分から言うあなたは本物だ!』 みたいなノリで、
あっさり信用しちゃうんだもん・・・229
マジシャンていうか、ちょっとした詐欺師ですよ(笑)

ただ透視も、仲間たちの小遣い稼ぎ(みたいなもの)のためで、
『ロマノフの宝石』の時みたいに、大義名分がある訳でなく・・・

とにかく、みんなが信用しまくりで、皇太子(きりやん)に至っては、
第一印象の勘ですよ、勘(笑) 殺人事件かもしれないのに。

あれだけ冷静なヴェロニカ(みほこ)も、
一度信用したら、最後まで全然疑わないし、
っていうか、あんなに色々調べてたら、仲間がなんかやってるって
わかるだろ。普通。

などなど、突っ込みだしたら本当にキリがない。

で、とにかく犯人がアホすぎて、話にならない。っていうか、
結局何だったの? クーデターなの? なんなの?
なんで、わざわざ本当は事件なんだ!みたいに狙撃とかするの?
埋葬のときは、どうやってごまかしたの?
あと、シャンドールとか、皇太子妃とかが助け出されたって、
あのパーティの日まで、犯人たちは知らなかったの?

で、一番の疑問。 なんで黒幕があの2人だって、
あのマジックでわかったの? っていうか、あれマジックなの??
ただあの2人が動揺してたからとか? 
そこわかった人、本当に教えて欲しい!私、何か見落としてたのかなぁ?

もう、頭の中が????
財務大臣(?)のマチオさんなんて、オロオロして『ウォ~~ッ!』と叫んで
連れ出されて行っただけですよ(笑)

アサコ@シャンドールは、本当にかっこいいです。
冷静で、淡々としていて。どの衣装も、良く似合ってたし。
歌も素敵でした。声もいい。
なんとなく、浮かれた周りとのギャップに悩んで、
少し憂いのある感じも、かっこよかったです。
ファンの人はたまらないと思います。
ヴェロニカにも、最後までクールな感じで接していて・・・・
ちょっとコメディっぽいところも、ナウオンで言ってたみたいに
あんまりやりすぎないように気をつけているのでしょうね、
適当な感じでした。

ただ、これは、コメディではないんですよね?
ちょっとした会話の中に笑いがあるっていう感じなんですよね?
確かに笑いは起きるんです。
ただ、ちょっと言い方が難しいんですけど、
なんだか全体に笑いの感じが、内輪受けっぽくて・・・・
えっ?ここ笑うとこ?ってところですごく笑いが来て、
笑い声の聞こえてくるのが、ファンの人たちだけで・・・
(組総見だったから、盛り上がりが違ったのかな?)

私も含めですが、私の周りの人たちが笑っていたのは、
シャンドールがヴェロニカたちに、拉致されそうになる所と
皇太子妃が憑依したように見せる所、狙撃されて、
皇太子がボディガード(マギー)に、押さえつけられている所くらいでした。
これらの場面は明らかに笑わせてる場面だしなぁ。
あの温度差は・・・・・
そんな風に思ったのって、私だけかなぁ・・・。


シャンドールは、とにかく、最後のヴェロニカに告白?
するところが最高です。 あそこまで、淡々としておいて~、
憎いねこの~っ。 あれは落ちます237
正直、それまでのモヤモヤが、あのシーンで、飛びました229

みほこ@ヴェロニカは、良かったです。
私が今まで見た中で、ベストアクトです。
かわいかったですし、落としている声のトーンも、ぴったりでした。
歌声も文句なし。気持ちの移り変わりも・・・・
でも、シャンドールについていったら、ちょっと苦労するかも(笑)

きりやん@ボルディジャール皇太子
うまいです。優しいです。かわいいです。なんか、とんじゃってます(笑)
パッショネイト!です278
きりやんだから、品とかがちゃんとあって、いい役って感じですが、
下手すれば、危ない人です(笑)
でも、もう少し、渋い役が見たかったかなぁ・・・

ゆうひ@ジグモンド (ジグモンドっていうんだ・・・229
・・・・・・微妙ですね。っていうか、それはゆうひさんのせいではなく、
完全に役のせいです。ソロで見せる出番もないし、
5人で出てくるか、エリさんと2人で出てくるか・・・
絶対に必要な役なのか、といわれたら、何か特別なことをするわけでも
ないし、シャンドールとすごい友情を見せるのか!っていうと
そんなに深い話でもないし・・・・
でもこれは、5人組全員に言えることで・・・・

っていうか、ハリーの、ものすご~~~く悪い癖。
主人公の2人以外の役が、小さすぎる。 よくて、準主役まで。
主演の2人の気持ちの、微妙な感じとかは、あんなに
素敵に書けるのに、それ以外はほとんどダメ。
あとの登場人物は、コメディリリーフ的な役とかばっかりで、
時々、おいしい当たり役があるって感じ。
今回も、役らしい役はほんの数名。あとは空間を埋める人たち。

5人組も、5人くらい役付けとこうか、って感じに見える。
だって、それぞれ中身が全然ないもん。

発明家@ゆうひ、二枚目俳優@アヒちゃん、探偵@エリさん、
占い師@タキさん、詩人@マサキ。
個性はそれぞれあるけど、活躍のしようがない。
別にそれぞれの職業を生かしての見せ場がある訳でもないし。
探偵くらい? 完全なヒモなんですよ。ヒモ。
で、エリさんは最後だからか、ゆうひと2人で良く出てますけど、
それなら、タキさんの役は、末子さんが良かったのでは?

皇太子妃@あいあい。きれいでした。
でも、それ以外言いようがない。ずっと幽閉されていて
記憶がないって割りには、最初からきれいだったし、
あんまりかわいそうな感じでもなかったし。

それ以外では、
ヴェロニカの仲間のシャーロット@ゆりのと、エヴァ@ねねが
いわゆるおいしい役だったと思います。笑いも取ってたし。
マギーもちょっとおいしかったかな。
あと、役としては、神父@園加は、出オチですか?っていうくらいの
不自然さで(笑) 衣装がとっても暑そうだったのと、
最後の肝心なセリフのタイミングが気になったんですけど・・・・

他には、専科のおふたりは、いつも通り手堅く。
越リュウさんと末子さんは、ちょっとだけ出番が。
あーちゃんに至っては、大勢の中の、新聞記者の一人とかで・・・230

フィナーレは、ラストシーンの宮殿のパーティから
つながってロケットに。これは自然でよかったです。
その後、きりやんメインがあって、アサコメインがあって、
デュエット。アサコ&みほこのリフトはきれいでした。

最後の大階段降りで、下級生が階段の下から5、6段目くらいから、
つんのめって、頭から落ちていったそうです。
・・・・そうですっていうのは、私、全然知らなかったんです230
終演後に相棒に、『落ちたなぁ』って言われて、知ったんです。
私は一体、何を見ていたのでしょうか????
ケガは無かったみたいで、良かったですけど・・・・・

軽めで、おしゃれな作品をと思って、ハリーは作ったのでしょう。
主役の2人は、素敵でした。これは間違いない。
でも、芸達者が多い月組さんの大劇作品としては、???が。

ひとつだけナイスと思ったのは、タイトル。
マジシャンの『孤独』 とかでなく、『憂鬱』にしたのは、
ピッタリだったと思います。 ごめん、それだけで。

なんか、結構きついこと書いたような気がしますが、
期待が大きすぎたのだと思います。
もう一度観たら、全然違う印象かもしれません(←言い訳っぽい?)
とにかく、もう一回観てきま~す。

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。