スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陽月華 記者会見。



歌劇団公式

宙組主演娘役 陽月華 退団記者会見


サンスポの速報記事。

 陽月華退団 記者会見 「千秋楽まで走り抜けたい。」


ZAKZAK

 宙組娘役トップの陽月華 宝塚退団へ


明日、ニュースで、映像が見られると思いますが・・・

公式に理事長の話があったので、「あれ?王子の時は?」とチェックしたら、
王子だけでなく、とうこさんの時も書いてありませんでした。
娘役にはそれぞれ書いてあるんだけど。 よくわからん239



明日は、中日劇場の稽古場、【逆裁】のスカイレポートもあります。

ようやく、【ベルばら】のことが少しわかる・・・241 【ダンシン】も。

応援団のお仕事、ちと大変そうです229
今日は、ちょっと忙しいですし、ちょっとでも充電したいと思います。
拍手コメントの御礼、もう少しお待ちを・・・

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009.01.27 (Tue) | # | | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009.01.27 (Tue) | # | | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009.01.27 (Tue) | # | | 編集

鍵コメントのAさま☆☆

ようこそお越し下さいました。
いろんなルールがあるんでしょうかね・・よくわかりませんね。
そんなに区別をつけても、何もいいことないと思うのですがね。
本当に無かったのかなぁ・・。
WOWOWの放送の時にわかるかもしれませんね。

王子が姫以外と組みたくなかった・・・というのは、
わかりませんが、もしかしたらそうなのかもしれませんね。

2009.01.28 (Wed) | れお #65fpICiI | URL | 編集

鍵つきコメント Nさま☆☆

胃腸だけは異常に丈夫に出来ていて、
どんな時でも食べられる、ゆえに痩せられない身としては、
ちょっとうらやましい体質です(^^ゞ

2件目の書き込みの件ですが、
私も、自分で書いときながら、無責任ですが、
これが正解という答えは難しいです。
やはり「宝塚は男役が中心」というのが、
基本にあるからかな・・と思います。
これは、見方によっては良くないのかもしれませんが、
宝塚という独特の様式世界では、一種の美学のようなものでもあるかと。
どんなに優れた娘役で、下級生から抜擢されるような存在であっても、
男役目線で選ばれないと相手役という立場にはなれません。
運やタイミングが何よりも必要なのは、娘役だと思います。
組内でいきなり頑張ってきても、いきなり他から、かわいいだけの
実力の無い娘役が来ることだって、多々ありますし。

そして、娘役はいつでも男役に添う立場であることを求められます。
姫の場合もどんなに優れた娘役で、いろんな可能性があっても、
コンビを組んでいる間は、大和悠河の相手役、支える立場なんですよね。

ケガをして休演したということは、かわいそうな言い方ですけど、
「大和悠河に迷惑をかけた。」という考え方になるんです。
もちろん、王子本人はそんなこと思ってはいないでしょうが・・・
なので、迷惑をかけた相手役だけが、そのまま残るというのは、
宝塚的な考え方では、「ありえない」ことになるんだと思います。
(王子の退団がもっと先だったら、そんなに言われなかったかもしれませんね)

ただ、それは絶対ということでは無いと思うし、
姫が在団を望み、ふさわしい相手役がいれば、
残ることは可能だったでしょうから、決断は姫自身がしたことでしょう。

星組にいれば・・・というのもわからなくはないです。
レオンくんという、何作も組んだ、ダンスの上手い同士の男役がいましたからね・・・
ただ、男役と違って、娘役は旬の時期が短いですし、
そのままいても、相手役としてトップになれたかは、
姫が宙組に来る前の時点ではわかりませんからね・・・
こればっかりはほんとにタイミングですね。
それしか言い様が無いと思います。

答えになってるような、なっていないような・・・ごめんなさいです(-_-;)

2009.01.28 (Wed) | れお #65fpICiI | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。