スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スカイステージ・トーク』 宙組編 4

 

たくさんのコメント、本当にありがとうございますm(__)m

拍手コメントもたくさん頂いております。レポが終わったら、
きちんとお礼をさせて頂きますね~236

ゆうべはスカステで、『Bririant Dreams 北翔海莉@stage編』がありました。

かいちゃん(七海)とせーこちゃん(純矢)の『Young Power』もあって、宙組三昧です。


みっちゃんの「ブリドリ」は、また改めて触れないといけないと思ってるのですが、
本当に、彼女の芸に対する姿勢とか、いろんな想いが語られてて見ごたえがありました。

中でも、好きだった役・作品に、新人公演「大海賊」エドガーをあげていたのですが、
その理由に、ファンとして、ちょっと感動したので、そこだけ・・・


  大海賊の新人公演は、主役が、大和悠河さんだったんです。
  それで、お芝居の最後の方に、殺陣、立ち回りがありまして、
  私にとっての大和さんていうのは、
ずっと背中を見て育った先輩でもあり、
  届かない方だな・・・
って思ってた方と、初めて新人公演で、お芝居で立ち回り、
  一対一でやるってなったときに、「あら、どうしましょ」っていうことになったんですけども、
  その大和さんが、その時おっしゃってたのが、
  「ほんとに、みっちゃんの思うように、やりたいことをとにかくやってごらん」って
  言ってくれたのが、すごくうれしくてですね、
  それを経験して、大和さんとその新人公演を一緒にやったことは、
  今の自分にすごくつながっているんじゃないかな・・・って思って。』


みっちゃんが、王子を慕っているのは知ってましたけど、
その理由のひとつを知る事が出来てうれしかったのと、その時の想いを持ったまま、
今、宙組で頑張ってくれていることが、すっごくうれしいですね179

今日も、宙組は公演、頑張ってます!
週末ですので、劇場に行かれる方も多いでしょうね179 熱い愛と拍手をお願いします218

さぁ、さぁ、宙組バカのれおさんは、ラストスパート、頑張らねば!!
  



トークは、まさこ&えりこのゆるゆる~な、旅紹介コーナーが終わりまして、
またまた【質問コーナー】に。

【普段の過ごし方は?】 というテーマです。

 七 『普段、どんなこと・・・』

 十 『どうやって、生活してるんですか?』  (どうやってって(笑))

 王子 『普通に生活してるよ (笑) 自転車は最近乗ってないけどぉ。
      普通に生活してるよ。』

 七  『私が、今日、このコーナーやるんだって言ったら、隣でウメが、
     「聞きたいことあるんだけど!」って。』
  
 王子 『何、何、何?(笑)』

 七  『やっぱり、みんな、視聴者の皆さんもそうだと思うんです。普段が・・・神秘のベールに
     包まれてるから、ウメ、「朝起きたら、何するんですか?」とか、
     「夜寝る前、何するんですか?」とか、もう止まらなくて(笑)
     朝、起きたらまず何しますか?』

 王子 『朝起きたら・・・まず、水を飲む。』

 十・七 『ほぉ~。』

 七  『いいらしいですよね。』

 十  『寝てる間にドロドロになってる血が、サラサラになる(笑)』

 七  『しかも常温がいいんですよね。』

 王子 『びっくりしないようにね。』


・・・・なんだ、この会話(笑) 改めて文字で書くと、近所のおばさんの会話のようじゃないか229

あと、必死に質問、しかも「そんなことかい!」な質問を聞いて欲しい!と言ってるよ・・・

   おもろすぎ237

ななっぺが、「ウメが・・・」と言ったときの王子の顔に、ウケました。
まさちゃんも、姫の話は毎回ツボのようです278

で、次は、王子が2人に質問するコーナーに。


 王子 『それでは、今度は、私の方から2人にいろいろ質問したいと思いますが。』

 七  『なんか出ますか、そんな・・・・』

 王子 『私もね、結構しょーもない普通の事なんだけど。聞いてみたいんだけど、
      同期ですごく仲いいじゃない? 同期でいろんなとこ行ったりしてるって
      よく聞くんだけど、2人で、出かけたりすることもあんの?

 七  『2人で・・・・・2人ではないかなぁ・・・』

 十  『2人っきり・・・・ないですねぇ。』

 王子 『やっぱり同期が多いの?』

 十  『同期4人揃って・・・』

 七  『音楽学校の頃は行ったりしてたよね。』

 十  『行った?』

 七  『なんか、その辺に・・・(笑)』

 王子  『その辺に(笑) えっ?音楽学校の時から仲良かったの?』

 七  『はい。 とりあえず、寮に帰って私が荷物置いたら、コンコンって179

 王子  『ほんと?仲良かったんだね。』

 七  『そう、まさみもその隣の部屋だったんですよ。』

 十  『みんな結構、仲良かった。』

 王子 『へぇ、みんな宙組に来たんだ。 いや、おもしろい。』

 十  『音楽学校の時から、仲良かったです。』

 王子 『あっ、そう~。』

 七  『だから、音楽学校の修学旅行、北海道行くじゃないですか、北海道の写真とか
     見ると、いっつも一緒~(笑)』

 十  『いつも一緒です(笑)』

 王子 『ほんとに~(笑) いっつも同期でさ、楽しそうに179 でも、他の組の同期も
      仲いいでしょ。』

 十  『仲いいです。』

 王子  『いいねぇ~、いいねぇ~。 なんだっけ、80・・・』

 十  『85期、エイティファイブ179

 王子 『85期、いいねぇ~。 仲いいわ~と思って。』

 七  『ごはん食べに行ったりはします。』

 王子  『そう、何食べるの?』

 七  『よく行くのは、何・・・ (まさちゃんに)焼き鳥とか?』

 十  『焼き鳥とかぁ・・・』

 王子  『いいねぇ、いいねぇ、いいねぇ278

 十  『焼肉とかぁ・・』

 王子 『焼肉ね!278  (ななっぺに) あっ、この間も行ってたもんね。』

 七 『そう、生徒監の先生を引き連れて~(笑)』

 王子 『こっちが引き連れて(笑)』

 十  『頼みすぎて、お肉とかみんな持って帰ってぇ(笑)』

 
 七  『張り切って、もうすごいペッコペコの状態で行ったから、頼みすぎちゃって。
     みんな疲れてるから、余計に食べれなくて・・・』

 王子 『最高だね・・・』

 七  『すいませ~ん、お持ち帰りいいですか?って229

 十  『お肉も持って帰るし、野菜も持って帰るし、持って帰れるもんは全部持って帰った。』

 王子 『マジで?(笑)』


・・・・・・・・タカラジェンヌの会話として、どうなの (笑)
でも、下級生たちの無邪気?な会話を、もの珍しそうに見ている王子が、ツボ237


 王子 『じゃあ、今回、N.Yの場面、男役でキザってやってるけどさ、
      どういう気分なの? こう、プププって笑っちゃうの?
      それとも、あのー、こっちこんな風にやってるから、こうやろう!とかあるの?179

 十  『必死でぇ・・・無我夢中・・・』

 七  『私たちは、もうずっと一緒にやってるからいいんですけど、他の組の同期とかは
     やっぱり、頼りない2人だったので229

 十  『ダメな子(笑)』

 七  『ダメキャラっていうか(笑)』

 十  『一番、学年で年下で・・・』

 王子 『そうか!私もそうだった。だからさ、高卒の子とかに、いつまでたっても
      こう、下でね、「大丈夫?出来る?」って229

 七  『じゃあ、今は同期の方とか見にいらしたら、びっくりされるんじゃないですか?』

 王子 『そうなの、「大きくなって・・」って言われる(笑)』

 七  『そう、未だに、前から頑張ってるんですけど、たまに観に来ると、
     「うわぁー、えりことまさこがキザってるー」みたいに言うんですよ(笑)』

 
 七  『男役10年なんですけど・・みたいな229

 王子 『なるほどねぇ179 で、もう10年なった?』

 十・七 『はい。なりました。 10年目です。』

 王子 『いいねぇ、いい年具合になってきたね。こっからいいね278 これからがいいよ179。』

 
・・・・・・そうか、3人とも中卒組なんですね。
そりゃ、高校生くらいの年の差って大きいから、いつまでたってもかわいいっていうのは
わかる気がしますよね。 で、この3人、特にかわいい(笑)

いや~、同期なら自慢できますよね。 間違いなく。


 王子 『さっき質問されたけど、2人もね、いつもね、家に帰ったら何やってんのかな?って』

 十  『えっとぉ・・・掃除したり・・・』

 王子 『(すごくびっくりした顔で)・・・結構、キッチリしてるんだ。』

 七  『私、掃除は朝するのが好きなんです。朝起きたら、まず家中クイックルワイパーで。』

 王子 『でも、私も朝するの好きかも。』

 七  『気持ちいいですよね。 帰ってきたときにきれいな家がいい。』

 王子 『2人ともキレイ好きなんだ。』

 十  『ん~・・229 タニさんは?お掃除・・』

 王子 『私ね、なんていうんだろう、自分がいつもいる場所っていうのは、
      キレイにしていたいかな・・・けど、他の違う部屋とかに物置いちゃったりとか。』

 七  『でも、公演中とかは忙しいから、そんな時間ないですよねぇ・・・』

 王子 『なかなかね・・・だから、ためといて水曜日に一気に片付けたりとか。』

 七  『水曜日とか、遠くにお出かけとかしたりしますか?』

 王子 『基本的に出かけるの好きなんだよね。』

 十  『運転ってされますか?』

 王子 『最近ねぇ、してないわ。 2人ともするんだっけ?』

 十・七  『一応・・・』

 王子 『いいねぇ、かっこいいね。』

 七  『でも、免許は持ってらっしゃるんですよね?』

 王子 『免許はねぇ、取ったよ278

 十  『優秀でした?教習所内で。 まぁまぁ?』

 王子 『意外にスムーズにいったかなぁ・・・でも、最後の試験をなかなか受けにいけなくて。』

 十  『筆記試験?』

 王子 『筆記試験。東京公演行っちゃったりとか、で、ギリギリで取った。』

 十・七 『へぇ~。』

 王子 『2人ともいつ取ったの?下級生の頃?』

 七  『それも一緒に179 研2の・・・。宙組が中日の時の最下級生だったから休みで、長期の。
     その時に取りました。』

 王子 『それがいいね。2人とも一見、のんびりしてそうで、キッチリしてる面を持ってるなって
      思う。 2人でよく一緒の場面とか多いんだけど、個性は違うよね。』

 十  『ほんとですか?』

 王子 『今後、男役10年を迎えて、個性がこうね、出てくるんだろうな・・って、
      私それが楽しみなんだけどね179

 十・七  『ありがとうございます179

 王子  『お互い見てて、ここが違うわってある?』

 十  『(ななっぺは)私より、クールな気がする。』

 七  『え? クール・・・』

 王子 『ほんとぉ。』

 七  『それは、普段が?』

 十  『舞台が。 普段は・・・・・』

 七  『クールじゃないけど、全然229

 王子 『あっ、でも、舞台でクールな一面あるね、すごく。』

 七  『そうですか? (まさちゃんは) 私よりキザだと思う。』

 十  『うそ~。』

 七  『絶対!』

 王子  『やる時結構、キザってるよね179

 十  『えぇ~!』

 王子  『たまに、「おっ、こんなことやってる」って思うときがある。』

 十  『がははははは(笑) やめてください229

 王子  『やめてくださいよ179』 (まさちゃんのマネ)  (笑い)

 十  『でも、キザるのは楽しいですね278

 王子 『楽しい?おっ、いいぞ218


 十  ウインク出来ないクセに(笑)

     (爆笑)

 十  『まずそこからだな。』

 王子 『でもね、男役やってる時はね、楽しいよね。』

 十  『楽しい。』

 王子  『楽しいよね。キザれるしさ。』

 十  『だって、普段の生活でこんなキザったりしないし。』

 王子 『こんなネクタイしないし(笑)』

 十  『男役ならではですよね。』

 王子  『楽しんで、楽しんだもん勝ちだなと。』

 十  『私、タニさんの黒燕尾で、みんな見てて、タニさん真ん中で踊ってるじゃないですか。
     すごいキザって、超かっこいいから、私、見ながら。「ムヒムヒ」って(笑)

   P1040605.jpg

         『で、一周回るじゃないですか?237


なんだか、ものすご~くうれしそうなまさちゃん(笑)


 七  『客席じゃないんだから、ダメでしょう(笑)』

 十  『そうか(笑) でも、一周、みんなをなめまわすじゃないですか

  P1040492.jpg

          『「超かっこいい~10」って』 


 七  『お客さん目線だよね、絶対うちら。 「あっ!目があった237とか。』


  P1040613.jpg

         『「こっち見て!こっち!10」とか』
 

   P1040456.jpg

               王子、大ウケ237


 七  『あそこも、全力で・・・だから、すごいなぁとか。』

 十  『たまに声とか「ホゥッ!」王子のマネ)とか、「かっこいい~10って。』


 七  『「ウッ!」って気合の声が聞こえてきて・・・』

 十  『すいません、ファンモードで229

 七  『いかん、いかん、これじゃいかん・・・』

 十  『(ため息まじりに) かっこいいですね・・・・』


 王子 『でもねぇ、男役はね、黒燕尾、みんなかっこいい
     私、あそこみんなを見てるじゃん、

  P1040528.jpg

   「あぁ、みんなかっこいいわぁ」って。「みんないけてるねぇ」とか
   思いながら回ってるの。』


 七  『今回、全員男役出てるから迫力ありますよね。研1さんまで。』

 王子 『あるねぇ、やっぱり。 なんか下級生の頃ってさ、早くラインダンス卒業して、
     男役の踊りに入りたい!
って思うもんだけど、今回みんな出れて、ねぇ。』

 十   『ロケットから早替りして。』

 王子  『ほんとに、いいなぁってね179。』

 七  『早く黒燕尾出たいってずっと思ってたもんね。』

 十  『研1で出ちゃってるんだもんね。すごい。』

     (みんなうなずきあう。)

 十  『じゃあ、タニさんみたいにキザれれれるように・・・

 七  『キザれれれるように(笑)』

 王子 『楽しみだなぁ278

 十  『明日から、ガンバリマス。』

 七  『頑張らせていただきます。』

 王子 『明日から、楽しみだなぁ~179

 七  『マイペースに頑張ります。』

 王子 『マイペースにがんばろうぜ。』

 十・七 『はい。』


・・・・・・・・・・・と、ここでトークは終わり。
もう、まさちゃんの、黒燕尾のくだりは、最高でしたね~237
のんびりまさちゃんが、一気にテンション上がって184、しゃべってました278
王子もどうしていいのやらって感じで、でも、めちゃくちゃウケてました(笑)


で、ここで終わりと思いきや、ここから、まだちょっと続きます229

思ってた以上にクライマックスがすごかったので・・・・

なんか大変なことになってますけど、次こそ完結編です!
 

 

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。