スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スカイステージ・トーク』 宙組編 3

 

必死で、UP作業をしていたら、今日が歌劇の発売日だと
すっかり忘れておりました。

で、あわてて買いに行き、ついでに夕飯の買い物をし(笑)

荷物を持って、玄関のドアを開けたら、うちのボン251が、飛び出してくれました・・・

あぁっ、もうっ!!

うちのボンは、茶色いので、暗闇に紛れられると、さっぱりわからない・・・

しばらくすると戻っては来るんですけど、何せ、箱入りおぼっちゃまなもんで、
車が怖いというのが、いまいち理解出来ていない・・・182
びっくりしたりすると、かえって車の前に飛び出したりするのです。

ちょうど、パートの方とかの帰宅時間で車の多い時間で、もうハラハラ・・・

家の中では、ウザイほどの甘えたなのに、外に出て、私の顔を見ると、
「シャーッ!!」とうなって、逃げるし。

だからといって、いつでも帰れるようにと、玄関を開けておくと、
もしかして、お嬢251が出て行くかもしれないし。
(ただ、お嬢は、ボンと違い239、ヒジョーに良く出来た子で、玄関からまず出ないけど)

仕方なく、家の中で鈴の音に耳をそばだてて待っていたら、先ほど、戻って参りました。
約一時間ほどのプチ家出。 もう、早速ご飯を食べて、寝ております。・・・ったく182

たまにあることなんですけど、一気に疲れます。ほんと。


・・・・と、またまた余計な話をしてしまいました。

トークの続きです。 さてさて、今日中に終わるでしょうか229



話題は【3人の共通点】ということで・・・


  十  『何か、ありますかね?』

  王子 『共通点ねぇ。 なんかさぁ、似たものを感じるんだよね。でも。』

  十  『そうですね。』

  七  『おこがましいよ。』

  十  『そうですねとか言っちゃった229』 (笑い)

  王子 『なんかさぁ、天然じゃない、天然天然系。 2人とも、ものすごく天然
      スクスク育ってきた感じで、私もよくね、月組の時ね、「天然だよねぇ」とか
      言われてた。ボケるとことかあって、「天然だよね。」って、よく言われてた。
      なんかそういうとこが、似たものを感じる。』


王子、何回、【天然】っていうのよ (笑)



  十  『実は計算なんです。』

  
   P1040336.jpg

         『えぇ~~~278 うそだぁ~』 


  七  『自分で言って、恥ずかしくなってる~(笑)』
  
  十  『ウソです。すいません(笑)』

  王子 『マイペースだよね。』

  十  『超マイペースです。』

  七  『血液型は・・』

  王子  『私、B。 (ななっぺに) だよね。』

  七  『です。(まさちゃんは) ABですね。』

  王子 『私、まさこは、っぽいって言ったくらい、同じものを感じるの。』

  十  『私もっぽいと思います。』

  王子 『結構、自分で、なんていうんだろう・・こうやろうっていうみたいに、
      決めたスケジュールみたいなのがあって、それを邪魔されると、
      無性にムカついたりしない?

  十  『あぁ、はい。』

  七  『変に頑固で、でも、気にしないところは全然。』

  王子 『興味がないところは全然気にしない。』
  
  十・七 『全然、全然。』

  王子 『なんか、そういうものを稽古場とか楽屋にいると感じる。あぁ、自分のペースで
       お稽古して、自分のペースで動いてたりって。』

  十  『人がどうするから自分も、とかあんまり無いんですね。自分は自分みたいな。』

  七  『協調性が無いのかなぁ。』

  王子 『でも、みんなといる時は別にさ、そんなに、でしょ?』

  十  『まぁ、合わせるときは合わせるし・・基本は自分タイムですね。』

  七  『宙組ってB型多いんですよね。すっしぃさんと・・・』

  王子 『珍しいよね。あのねぇ、ゆっちゃんも。』

  七  『北翔さんもBだ。 結構多いんですよ。あおいさんとか。
      だから、みんな好き勝手やってる。』

  王子 『ほんとにね、自由人だね。』

  七  『だからなんかいつも、着替えに行くタイミングとかも、
      私とかまさことかだいたい遅くて、急ぐ様子もなくて、ギリギリなんですけど、
      時間が無いからゆうがさんは、仕方ないけど、急がなきゃならない・・』

  王子 『(笑) 私が一番出番、早いのに、遅かったりするよね。』

  七  『かわいそうだな・・とか思いながら、あれはペースをやっぱり乱されるじゃないですか、
      しょうがないけど229

  王子 『そんなところも、マイペースに遅いんだけどね。 
       宙組は、もうみんなマイペースってことだね179

  七  『マイペースですよ。それで保たれてるから・・・』

  王子 『そうだよね。』

  七  『すっしぃさんが大変なんですかね、まとめるの(笑)』

  十  『あぁ~・・・「仕事しようよ~」って、プルートさん179。」

  十・七 『若者たち~。』

  王子 『あと、あの、健康優良児だね。キライな食べ物とか無いでしょ?』

  十  『私はない・・・(ななっぺに) ちょっとあるよね。』

  七  『私はちょっとある。でも、だいぶ、減りました。』

  王子 『私ね、あのね、エネルギー源がなくなるとね、途端にね
     「あぁ、もうダメだ・・195
って なるんだけど、私、それをね、まさこにも
      感じる時があって、「あっ、それ、似てるかも」ってなった。』

  十  『あはははは(爆笑) ばれてました?

  王子 『ほんとに無口になるでしょ?ふぇぇふぇぇふぇぇ~ん195みたいな。』
  
  七  『でも、ゆうがさんはそういうの、見たことない。』

  十  『いつも元気っていう感じ。』

  王子 『結構、公演やってて、「あっ、燃料切れ~201って思ってくると、途端に集中力が
       切れたりして、ショーの最後の方に、「あぁ、もう私ダメかも~食べた~い」とか
       思ったこともあったから、最近は必ず食べる。』

  七  『私、この間聞いたんですよね。すごく元気だから、こんな私たちも結構、
      今回のショー、ハードじゃないですか、もう汗だくで、フラフラになってるのに、
      でも、なんか元気に見えるので、「どうしてそんなに元気なんですか?」って。(笑)』

  王子 『聞かれた、聞かれた(笑)』

  十  『ごはんをしっかり食べる?』

  王子 『朝、しっかり食べるね。』

  十  『あと、必ずクールダウンされてますよね。朝もラジオ体操して。』

  王子 『うん179 朝はラジオ体操でぇ、終演後は、ちょっとね、クールダウンして。
       筋肉が固まっちゃうのね、そのまま。動いたまま。だから、クールダウンしないで、
       次の日迎えると、固まってたりして、したほうがいいの。』

  十  『私もしたほうがいいってわかってるんですけど、終わったら、
      「イェーイ!終わった~220 帰ろ~!」みたいになっちゃうから。』

  七 『あと、お稽古場とかでも、マッサージっていうか筋肉ほぐしてる。』

  王子 『それやると、自分の筋肉の状態がわかるっていうか、
       「あぁ、結構疲れてるのかな 」 とか、「まだ平気かな」とか。』

  七  『へぇ~。気を使ってるんですね。』

  王子 『今回で一番しんどいのはね、N.Yの場面で、ピアノに乗るじゃない、
       あれが結構きつくてね。

       ヨッシャー220みたいな感じで、。』

  十  『しかもね、結構踊ったあとだしね・・・』

  王子 『そう、一番最後に上るところだから。一番最後。

     「左の太ももくん!がんばって~~220 」みたいな(笑)

      「ボン!」みたいな278


  七  『左の筋肉~って(笑)』

  王子 『筋肉、ガンバレー!って感じでやってるんだけど179


  七  『でも、どうしてそんなに、スラっとしてるんですか?』

  王子 『二人もそうでしょう!

  七  『いや、でも、良く食べる、我慢とかしますか?やっぱり。
      これを食べたらイカンとかありますか?』

  王子 『最近ねぇ、我慢出来なくて・・ダメだね。下級生の頃はさ、ダイエットとか、
      「あっ、頑張ろう!」とかやってたんだけど、最近・・・』

  十  『運動量がすごいから、食べても全然ですよ。』

  王子 『あっ、ちょっと・・・体が疲れてきたぞ・・とか、ダメだぞ、とか思うと、
      「やめとこ」ってなるんだけど。』

いえいえ王子、お願いですから、やめないで、食べてください201


  七  『お菓子とかも食べますか?』

  王子 『お菓子、食べるよ。 二人は?食べる?お菓子。』

  十  『すごい食べます。』 (笑い)

  王子 『二人とも、朝、ちゃんと食べてくるタイプ?』

  七  『はい。出来るだけ。』

  十  『今日は、コロッケ食べました179

  王子 『いいねぇ~278

  七  『(まさちゃんは)食べるのが、早い!』

  十  『開演30分前に・・・』

  王子  『えっ?開演30分前に食べるの183

  十  『うん179 コロッケ食べちゃった278

  王子 『えぇ、すごい・・。』

  七  『まさこのところに来たって、みんなが「いい匂い~」って言ってると、
      三分後くらいに、「ごちそうさまでした~」って、「もう食べ終わった183って。』

  十   『プリンとかゼリーとか早いです。飲み込んじゃいますもん。』

  王子  『早っ(笑)』

  七   『でも、私たちには飲み物だもんね179 コロッケも飲み物、カレーも飲み物。』

  王子 『あっ、飲み物なんだ。』

  七   『・・・っていうノリで(笑)』

  王子  『じゃあ、よく食べるってところも。』

  七   『大事ですね179

  王子 『3人ともね。』


・・・・・ここまで、トークが一気で、全然切れなくて229
ものすご~く、まったりしてるのに、盛り上がってる(笑) 不思議な空気だ。
この3人、本当に波長が合うような感じですね。

話は王子のファッションに。
お稽古場の王子のファンションが、役にいつもぴったりだと。
現代物の作品なので、そういう感じで、選んでいると。


  王子 『ちょうど、星柄のパーカーとかあったから、それ着てきたら、
      ようこちゃんもおんなじ星柄で、「あぁ、おんなじじゃん」って。』

  十  『ねぇ、おんなじで。』

  七  『なんか、打ち合わせしてないのに、二人が、同じだったらだったり、
      星だったりとか・・・』

  王子 『そうなんだ。すごい実はどっかで、「見てんじゃないの?」っていうくらい
       色があったりするの。すごいびっくりした。』

  十・七 『すごいですよねぇ。』


で、アニメーターの役なので、プリンスくんの絵を描けるようになっとこうと思って、
Tシャツに書いたのを着ていたら、景子先生から、「相談なんだけど、子ども達の服に
絵を描いて」って言われて、描いた。と。

そこから、話がイラスト部に入っていた時の話になり、本当は体育会系でバスケとか
したかったけど、宝塚受験のため、学園祭前しか忙しくないイラスト部に入って、
セル画を描いたりしていたと。そこから、絵の話になり・・・



  王子 『タカラジェンヌ、絵上手い子多くない?』

  七  『ウメウメが出したんですよね。残念ながら落選してしまいましたが。』

  王子 『プリンスくんのね、キャラクター278

  十  『ほんと、おもしろいですよね(笑)』

  王子 『私もちゃんと見て、すっごいちゃんとね、描いてあって、ストーリーもあって、
       色付けもしてあって、すごい面白くって、私、ゲラゲラ笑いながら、
       ストーリーも結構面白かったの。これ採用されても面白いなぁって(笑)』

  七  『ファッションの話から、それちゃった278

  王子  『そう、だからね、役作りする上でも、こういう服着るかなとか、楽しみながら、
        やってるし、実際、スーツ着る役なら、スーツ着てやると、実際に、
       「ここでポケット使えるかな」とか、この時、「上着こうなっちゃうかな」とか
        そういうのがわかるのよね、だから、なるだけ、舞台と同じ格好をして、
        お稽古をしようと思ってる。舞台稽古行って、「え、こんなはずじゃなかった」
        ってなると困るから。やっぱり慣れておこうかなと思って。』

  十・七  『はぁ~・・・なるほどねぇ~・・・』

  七   『舞台のアクセサリーとかもご自分で、ああしたいとか』

  王子 『うん、ひらめくとき、あぁ、この場面こうしようかなとか、ああしようかなとか。』

  十  『今のスチュアートさんが、普段のファッションとか、現代だから、ナチュラルな
      感じなのに、すごい・・すごいかっこいい・・・』


    P1040345.jpg

           『ふたりもかっこいいわよ。』


  十・七  『いえいえいえいえ・・・229

  七  『普通すぎて、コンビニの前にいそう・・って。』

  王子 『でも、あれを、ちゃんと宝塚で、かっこよく存在できるのはすごいよ。

  十  『いつも、14場で、スチュアートが変身して出てくるとき、バリっと決めて、
      「ふぁ~、かっこいい・・10って。いっつも思ってます。』

  王子 『(笑) あそこだけね、違うからね。』

  七  『いまだに、ウメとも良く言うんですけど、お稽古場とかでも、毎日お会いしてるのに、
      見慣れないんですよ。』

    P1040360.jpg

                『うそだ~~っ』


  七  『毎日、ほんとに言ってるんです、

    P1040355.jpg

       毎日、「ハッ!」っとしちゃうの、「ヒャ~237」みたいな。』


  十  『ドキドキ415しちゃんもん(笑)』 


  王子 『うそだ~!!そんな~。』

  七 『ほんとです
     変身っていうか、毎日新鮮な感じで
     「今日はあんなパーカー着てる~」、
     「今日は、あんな色のズボン履いてる~」
みたいな。』


  王子 『うれしいわ(笑) 

   P1040364.jpg

   がんばるわ。みんな楽しんでくれてるなら、頑張るわ! とか言って(笑)』


  七  『だから、今回、稽古場とかでも、ゆうがさんが、スチュアートに近い稽古着で、
      毎日来られてたから、だんだんみんな衣装風になってきて。』

  王子 『そうそう、みんなだんだんそういうの着てきて
      「ああ、いいなぁ、こういう感じいいなぁ」
とか、
      「あ、舞台でこういう衣装なのかな。」
とか、おもしろかった。』

  十・七 『ありがとうございます(笑) みんなゆうがさんを見てます179


・・・・・・・・・で、ここで、トークは一旦終了。
ここからは、まさこ&えりこの【気になる】のコーナーで、王子はちょっとお休みで、
2人の旅行に行った時の写真を紹介。

えりこちゃんは、まちゃみとN.Yに行った時の写真とエピソードを、
まさちゃんは、同じくまちゃみと、イタリアに行った時の写真とエピソードを。

またまた、ゆるゆるなトーク炸裂してました(笑)

で、この後は、王子から、2人のトークコーナーと、締めのコーナーに。
それは、明日、UPの予定ですm(__)m

すいません、ほんと長くなってますね229

Comment

すっごいおもしろかったです^^
タニ王子、文字で読んでると結構オネエ言葉で(笑)、
「ふたりとも、かっこいいわよ」とか、ツボりました^^

2008.12.05 (Fri) | m*y*m* #- | URL | 編集

猫語り・・・

うちはお嬢もぼんも真っ白猫なので、闇夜には探しやすいですが、
マンションの前が大きい道路なので、マンション外への脱走は厳禁です。
お嬢はペルシャミックスで、ぼんはアメリカンカールの白。
カールは圧倒的にタビーが多いので、白はかなり珍しがられます。
けど、ペットショップで一度売れてからすぐに返品されたらしく(理由は不明)、
私が見つけた時はタダ同然の叩き売り状態で、買うというより
「救出」してきたわけありお坊ちゃまですが、のー天気な性格で、
辛い過去はケロリと忘れ去ったらしく、うちに来た晩から私に腕枕を要求し、
腕枕してやらないと寝ない(寝入ったら腕を抜いても大丈夫ですが、
途中で目が覚めると改めて腕枕を要求してくる)あまえた坊主。
究極の食いしん坊なので、満腹状態で脱走しても、カリカリを音を立てて振ると
0,1秒で戻ってきます。(旦那は「音速で戻る」という。セナですかi-198
かかりつけの獣医さんにまで「世界一回収の楽な猫」と呼ばれております。
お嬢は頭がいいので、空腹状態で脱走してもカリカリには飛びつきません。
名前を呼ぶと帰ってくるのですが、5mくらいまで近づいたら、わざと
「おほほほほ、つかまえてごらんなさい」ごっこをします。
出かける前とか、回収を急いでる時は「姫、どうかもうお許し下さいi-199
と泣きを入れたくなります。
本気で泣くとv-409スイッとアッサリ戻ってくるところがまたなんとも・・・
憎たらしさ余って可愛さ100倍(え、そんな諺ないi-198i-198
ふたりとも(すいません、我が家では猫はひとりふたりと数える掟がありまして・・・)
外でも私を威嚇しては来ないことが唯一の慰めです・・・。

はっi-199しまったv-399猫好きサイトでもないのに猫を語り倒してるよ私。
すみません・・・そして明日は大事な2週間ぶりの観劇なのに何を夜更かししてるの私。
ごめんなさい、寝ます。変なコメントで本当にすいません。

2008.12.06 (Sat) | なっちゃん #vXeIqmFk | URL | 編集

m*y*m*さま☆☆

>タニ王子、文字で読んでると結構オネエ言葉で(笑)

そう!そうなんですよ!オネエ言葉が、やんちゃなお兄ちゃんの間に
チラホラ入ってくるんです(笑)
とにかく、何をやっても、萌える王子ですi-278

2008.12.06 (Sat) | れお #65fpICiI | URL | 編集

なっちゃんさま☆☆

猫語り、全然構いませんよ~i-179
というか、大歓迎ですv-218

真っ白ニャンコズ、なんか素敵ですね~。ペルシャミックスの白なんて、
セレブ~な感じがi-237
そして、カールの白ちゃんは、確かに珍しい!! カール、憧れてるんですよねぇ・・・
一度飼ってみたいニャンコなんです。かわいいですもんね~。

うちのボンは、昔はカリカリで釣られてくれたのですが、今はダメですね。
「つかまえてごらんなさいごっご」の気分はよ~くわかります。
急いでる時とかは、私も「お許しを~i-201」と泣きますねi-229
でも、脱走した彼より、出した私が悪い!というオチで、毎回ダンナに怒られるのは、私です・・・。

いよいよご観劇!楽しんで来てくださいv-218

2008.12.06 (Sat) | れお #65fpICiI | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。