スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スカイステージ・トーク』 宙組編


やっぱりおもしろかったわ~(笑)

『スカイステージトーク Dream Time @大和悠河・十輝いりす・七帆ひかる』

やんちゃなお兄ちゃん王子、ゆるゆる~まさちゃんと、ななっぺ

もう、画面の前で何度,

『かわええ・・・』 とつぶやいたことか・・・。


全然切るようなところが無いから、レポをどうしようか・・と思ってるんですけど、
毎回、「スカステ見れないので、頼りにしてます」とか言われてるので、
おだてられると弱いワタクシ、ガンバリマス!

よけいなこと言わないで、いきます282

あっ、絶対長いから、何回かに分けていきますね~。

 


MCの二人に紹介される、【我らが頼れるリーダー 大和悠河さん】460


  P1040104.jpg


きゃは~237 ゴールドよ~ん。

王子はとってもリラックスした雰囲気で、ノリノリで身振り手振りたくさん、
くるくる変わる表情で・・・・


   P1040101.jpg


 十・七 『ゆうがさ~ん、よろしくおねがいしま~す。宙組、第一回なので・・』

 王子 『うれしいねぇ。私待ってたのよ。この2人のね、番組っていうか、
      2人で何かやるっていうの。すごく待ってたの。』

 十・七 『えぇ~、そうですかぁ~、ゆる~いんですけど・・ゆるゆるなんです。229

 
    P1040109.jpg

 王子  『うん、ゆる~い空気が漂ってる。 癒しの空間(笑) 
      どうもありがとう呼んでくれて278

                
  
はいはい、もう、ほんとゆる~いです(笑) それを王子が満喫してるし237

話題は、公演のことに。


 十   『何か、大笑いしたことや、大失敗したことありますか?』

 王子  『あそこ!! あそこよ!! 
      お芝居のDFチームで、いつもラルフ登場してくるじゃない?
      北翔くん、みっちゃんが、登場して必ずいろんなアドリブを繰り広げて着席するわけよ。
      いつも、私たち知らされてないのね。』

 七  『え? 知らされてない・・・』

 十  『何がやってくるか、わからないんですよね。』

 王子 『そう、たまになんか「今日、こういう風に言うので、こう言ってくれませんか」とか
      そういう打ち合わせはちょっとだけあるんだけど、「こういうのをやります」とかは
      言わないわけ。だからね、いつもね、ほんとにすっごい“”で笑っちゃうの。』

 十  『わたしも笑っちゃいます・・』

 王子 『ほんとに大笑いっていうか、あんまりギャハハとは笑えないから、心の中でグスグス
      言ってて、ムフフって言ってて。』

     『で、宝塚の時にちょうど、舞踊会があったわけ、宙組からは、みっちゃんと、
     まゆ、蘭寿くんが、2人だけ公演終わった後に舞踊会っていう、まぁ、大変なときが
     あったんだけど、その日の公演のみっちゃんのアドリブが・・・』

 十  『ガハハハハ。「ひぃ、ふぅ、みぃ」ってね(笑)』


 王子 『なんかねぇ、急に歌舞伎役者になってね、キメちゃって。』

   P1040071.jpg
  
              『 カァッって。 』


    『わっ201 この人、何はじめるんだろう201って』


 十  『びっくりしました 私も。』


 王子 『もうねぇ、笑うの通り過ぎて、すごい・・・って。で、ねぇ、上手いの。決まってるの。 』

     P1040061.jpg

             『パってやるのが、 かっこよかった。』


 七  『なんか、「まだでござるか」とか・・』

 王子 『そうそう、その時も、
     「まだでござる、まだでござるって言って下さい」って言われてて、
     「わかった、言えばいいのね、言えば、よくわかんないけど、言えば」
     
とか言って(笑)』

     『本人が一番大変なときなのに、一番アドリブを考えてて、毎日それが続いてて・・』

 七  『いつも、着替えてるところが近いんですけど、その時に、北翔さんが、
     「ひぃ、ふぅ、みぃ」とかブツブツ言いながら着替えてて・・どうしたんだろうな・・
     やっぱり、その日、公演終わって後に本番があるのに、練習してるのかな・・って
     思ってたら、違ってた(笑)』

 王子  『あれが、いつも笑っちゃう。

 十  『なんか、一回、「私の席はここでいいでござるか?」みたいなこと言って、
     タニさんが、「そこでいいでござる」って返したんですよね。』

 王子 『そう、「そこでござる」って。』

 十  『もう、それでおかしくなっちゃって、みんな後ろ向いて・・みんな笑ってましたよ(笑)』

 王子 『大勢の芝居だからさ、周りで見ている人がつらいのよね。』

 七  『みんなもそこは結構、素に戻って、緊張してる』 (笑)

 王子  『あの時もね、ちゃんと打ち合わせがあったの278
      「ここでござる」って言って下さいって』

 七  『どうくるかわからないけど、言って下さいって?』

 王子 『そうなの。で、お客様の反応があるかもしれないじゃない?拍手がくるかもしれないし、
      そしたら、それ待ってから言おう、とか結構緊張するのね。意外と。』

 七  『いつも音声のみなんですけど、私は。着替えてるので。でも結構拍手とかが、
     衣装部まで聞こえてて。』

 王子 『そう、それを聞くと、「あぁ、お客様も楽しんでる。よかった179って。』

 七  『どこから、あのボキャブラリーっていうか、出てくるんでしょうねぇ。』

 王子 『ほんと、感心。』

 七  『でも、ジャックちゃん、あんまり笑っちゃいけないじゃん。』

 十  『そうなんだよ、フンとか言ってるけど、グフフ・・って』

 王子 『ジャックさぁ、いっつもさ、バナナ食べたり、いろんなもん食べたりさ。 
     怒ってるのに、バナナ食べてるのがさ、いつもツボ(笑)』

 十  『あはははは。「クソおもしろくもねぇ」ってね。』

 王子 『そう!結構怒ってるのに、前出て、バナナ食べてるじゃんって(笑)』

     『えりこちゃんはさ、結構シリアスなのが多いよね。ハロウィンの時は大丈夫か。』

 七  『あそこ意外はだいたい・・・アーティストチームはリアル担当なので、結構
     キツイところが多いですよね。』

 王子 『2人ともさぁ、結構、今いる男の子って感じよね。』

 十  『そうですか?』

 七  『でも、観に来た同期とかにも、「普通に男子」って(笑)』

 王子 『今回はね、ラフにね。(2人の服装を見て)今日もなんか。』 

 七  『はい。今日はMCということで、ネクタイって言ったら・・・タニさんも・・』

 王子  『ネクタイっていうから、私もじゃあって・・。キメキメにきめてくるか、
      ゆるやか~な感じか、どっちかなって・・。でも、2人が1回目だっていうから、
      あぁ、じゃあ気合い入れて行くかなって思って。』

 十・七 『ありがとうございますm(__)m』 

 王子  『いけてますよ。ほら、ショーのN.Yの場面を彷彿とさせるね。

      (急に) あそこ、かっこいいね!2人のとこ!

 七  『いやいやいや229
     それよりも、あのN.Yの出てくるところ、あそこどうなってるんですか?』


 王子 『あれは、企業秘密なんだけど179 ゴミ箱の中にいる設定で、

     P1040075.jpg

                 『しゃがんでて・・・』


    『開けて 階段みたいになってる台をよじ登って・・・・』

    P1040079.jpg
  
                 『バァって179


 七  『暑いですか?』

 王子 『暑い201 暑い182

 十  『その後、コレで(スティック)で、いろんな人、叩きに行くじゃないですか?
     あれは気分で?』

 王子 『そう、この間ね、冒険して一番後ろまで行ってみたの。
     いつもそんなに時間がないから、 近くの人のところばっかりだから、
     後ろまで行ってみたい!って思って。
     そしてら、「こんなところにすっしぃさんがいる」とか、「あゆみさんがいた!」とか
     普段会えない人に会えてうれしかった179 みなさんもね「ここまできた!」とか
     びっくりしたみたいで(笑)』

 七  『(まさちゃんに)私たちも毎回ドキドキするよね。で、叩かれた人の表情とか見てる。』

 十  『でも、叩かれたらうれしい278

 
   P1040116.jpg

           『うれしい?(笑)』


 王子 『意外にさ、叩かれたら痛いのかな?とか思って。大丈夫?』


 七  『全然。 緊張?緊張します。』

 王子 『緊張する?』

 十  うれしい278

   
   P1040124.jpg

                 『よし!』

  
P1040002.jpg

   
『じゃあ、もっといろんなところ行っちゃお278


・・・・・・・・と、すご~くいたずらっ子な顔してましたよ~179 
ジュルってよだれを拭くようなしぐさなんてしながら・・・もう、Sな王子(笑)


ここからは、あのスティック投げのことを。
以前、ナウオンでも言ってたみたいに、最初の頃は上手く飛ばなくて、
スタッフさんに「今日は前すぎでした」とかダメ出しされてたとか。

そして、ピアノの場面の話に。


 七  『あれはどうですか?ピアノの上。』

 王子 『あれ278 (ななっぺに)あの時いつも会うよね!』

 十  『楽しそう!』

 王子 『楽しい! 楽しいよ~!!179

 十・七  『へぇ~~。』


 王子  『もう、楽ちん、楽ちん278

    P1040091.jpg 

              『イェ~イだもん。』


 十 『えぇ~、いいなぁ~。』

 王子 『もう、回してくれてる子たちは大変・・・・・って、回してんじゃん!!(2人に)』 (爆笑)

 七  『回してる(笑)』

 王子 『すいませ~んm(__)m 
     大変だなぁ・・と思いながら・・・遊園地の・・ メリーゴーランドじゃないけど・・・』

 十  『コーヒーカップ?』

 王子 『コーヒーカップ! コーヒカップよ!コーヒーカップの気分なの!
     急カーブして、こうっ!』

 七  『楽しそう~179。 暑苦しい男子たちが寄ってたかってね。ワ~ッ!とか言いながら。』

 十  『風莉さんも、こうやって(ピアノを)弾いてるじゃないですか、最初は怖くて、
     目をつぶって弾いてるって言ってました。』 (笑い)

 王子 『あそこは、ちや姉の場面だからね219。みんな、ちや姉にコントロールされてるの。』

 十・七 『そうですよねぇ。』


 王子 『ちがうの!その前の二人がかっこいいのよ!

 十・七 『いやいやいや・・229 いいんです、私たちのことはいいんです。』

 王子 『なんかさ、今まで、2人とか、あともっさんとか3人で、結構、お笑い系でね、
     銀橋行ったりするのはあったけど、ああいうバリっとかっこいいので行くの
     初めてじゃない? で、私、うれしくって。』

 十・七 『ありがとうございますm(__)m』

 王子 『すげぇ、あっ、かっこつけてる~460 わぁい、うれしい~って179

 七  『かっこ・・・つけたい。』 (笑い)

     『なんか今までと違う、お客様の目も違うし・・・』

 王子 『ほんとぉ。』

 七  『今まで、ポカーンとされたりとか・・』

 十  『大女・・・とか230

 七  『失笑されたりとか、笑ったりとか。でも・・・どうしたらいいんですか?銀橋とかで。』


     P1040138.jpg
 
          『(ビシっと) お客様を見るんだね。
  


 十・七 『なるほど・・・』

  
    P1040134.jpg   
  
              『ひとりづつ、こうやって。』   

 十・七 『なるほど。φ(..)メモメモ。 よし!ガンバリマス218


 王子 『銀橋って、本舞台と違って、一気になんていうか、「ここはどこ?私はダレ?」
     みたいになりそうになるじゃない、慣れるまで。慣れてきたら、余裕がね。』

 十・七 『多少、出てきました。』

 王子  『楽しみだぁ278 ねぇ。』

 十・七  『えぇ~(テレテレ)』


ここからは、お芝居の家族の場面のお話に。

 王子 『あそこはねぇ、毎日、お母さん役の美穂圭子さんとお芝居してると、
     圭子さんも、涙ためてらして、新鮮なのね。毎回。
     で、後ろ向くと、こっちにね、お父さんの写真が・・・大ちゃんが(笑)』

 十  『大ちゃんねぇ179

 王子 『そう、鳳翔大ちゃんおとうちゃん278

     『回想シーンでね、おとうちゃんたちが、幸せだったとき・・・
      で、私は正面向いてるから、声しか聞こえないんだけど、その声だけって
      いうのがすごくね、なんかせつなく、悲しく、思い出される・・みたいな感じで。』

 七 『お稽古場の時から、ゆうがさんが本気で涙流されたりして、本気だったので、
    感動してました。観に来た同期とかも、嗚咽してました。』

 王子 『ほんとに?』

 七  『嗚咽してました。声が出てました。』

 十  『こらえたって言ってました、声が出るのを。』

 王子 『なんかさぁ、今回の作品はさ、思いっきり笑えるところもあるし、
     泣けるところもあってね179 いいよね。』

 十・七  『いいです。』


・・・・・・・・と、ここで、最初のトークコーナーが終わり。
まだここまでで、番組開始から12分(笑) どうする?ワタシ229

この次は、【極める】っていうコーナーで、

【キザの達人】 大和悠河さんに、ウインクの仕方を教えてもらう!というところ。

ですが、ここで一旦UP! 続きもガンバルにゃん101  
 

Comment

待ってました~

れおさん素晴らしいです☆
もう思いきりリラックスしてますねゆうがちゃま。
だってゆうがちゃまも大好きなゆるゆる系のまさこえりこだもの(笑)
にしても12分でこの量って凄すぎる。。

続きも無理のない範囲でお待ちしています。

2008.12.05 (Fri) | あい #64TjWBNY | URL | 編集

あいちゃん☆☆

お待たせしました(笑)
王子が、王子がはじけてますi-237
もう、ゆるゆるワールドにどっぷりつかってますね。
と~っても癒されたんじゃないでしょうかv-218
Sっぷりも、仲良しさんたちなので、ご披露しちゃってるし(笑)

まだまだこっから、宙組ワールドなので、ガンバリマスv-221
でも、結構楽しいi-278

2008.12.05 (Fri) | れお #65fpICiI | URL | 編集

わぉ、さすがれおさん!

もう夕べ、夜中に何度もリピして見て、一人でTVの前でガハハと笑いつつ。
悠河さんの美しさに酔いしれつつ。
ウィンク大炸裂の悠河さんに完璧にやられ。
えりこちゃんとまさこちゃんのホホホ~ンな空気感に癒され。
なんか寝不足・・・(笑)
ホント、イイ番組作ってくれましたよね~、スカステさんバンザイっ。
そして、それをパーフェクトにご紹介してくれるれおさん、バンザイっ。
レポ、頑張って下さ~い♪(と、人任せi-235

2008.12.05 (Fri) | まゆ #INcu7XtE | URL | 編集

素晴らし~!

さすがです!
正直、リアルタイムで昨日見たんですが、れおさんのレポを楽しみに待っておりました!
がっつり読んで、また録画したものを見ようと思ってます~

ので、続きも頑張って下さい!!(笑)

・・・って、はじめまして。いつも楽しく読んでおります~

2008.12.05 (Fri) | あこ #- | URL | 編集

まゆさま☆☆

どうもですi-179
私も、朝イチで、まゆさんのところを覗かせてもらって、
「うわ~、さっすが~i-237」と思ってました。
ほんと、持ち味がしっかり生きて、めちゃくちゃ楽しかったですよね。
あんなにリラックスして、話まくる王子を初めて見たかもしれません。
レポ、まだ前半しか終わってませんi-229
全然カットできるところが無いんだもん・・・

2008.12.05 (Fri) | れお #65fpICiI | URL | 編集

あこさま☆☆

はじめましてi-179 お越し頂き、ありがとうございますm(__)m

リアルタイムでご覧になったのに、こんなところを覗いてくださるなんて・・・
ほんとありがとうございますi-229
すっごく楽しいトークでしたよね~。
王子が一番楽しんでいたような気が(笑)
見ている私たちも、癒されましたねi-179

どうぞ、また遊びにいらしてくださいねi-236

2008.12.05 (Fri) | れお #65fpICiI | URL | 編集

凄いです☆

いつもありがとうございます!
スカステを見られない身としては、とても嬉しかったです。素晴らしいレポに、改めて脱帽しています。
キラキラ王子に、ゆるゆる十七のお二人。
れおさんのレポ&写真を見ながら、一人でにやにやしていました。(危ないなぁ)
続きも楽しく拝見します♪

2008.12.05 (Fri) | せいか #- | URL | 編集

全部読み終わって、おなかいっぱいです^^
ひとつ気になったことが・・・e-284
タニ王子はいつから「もっさん」呼びなんでしょうか~?(笑)
たっちんだけかと勝手に思ってました^^

2008.12.05 (Fri) | m*y*m* #- | URL | 編集

せいかさま☆☆

>スカステを見られない身としては、とても嬉しかったです。

この言葉にとっても弱いれおですi-237

この3人のトリオは、ほんとに相性がいいみたいですね~。
いい意味で、緊張感がない(笑)
宙ファンとしては、なんかすっごく幸せ~なトークです。
続きも頑張っちゃいますよ~v-221

2008.12.06 (Sat) | れお #65fpICiI | URL | 編集

m*y*m*さま☆☆

満足されました? これ、全部読むと結構すごいですよねi-229
王子の「もっさん」呼びは、この公演の大劇の時の「ナウオン」で、
初確認いたしましたv-219
聞いた時に興奮して、「ナウオン」のレポに書いてると思いますi-229
下級生から、上級生まで、もれなく「もっさん」呼び(笑)
そんなともちんが、いいのよ~i-237

2008.12.06 (Sat) | れお #65fpICiI | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。