スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶の旅-ムラのこと。

久しぶりにムラに行って、いろんなことを思った。

ムラ。 宝塚大劇場の周辺。
昔むかし、そこに行くのは日常生活の一部だった。
お稽古中、そして公演中。

南口の駅を降りて、大橋を渡り、準備をして
いつもの場所でお迎えをする。

駐車場から入り口まで、背中を見つめながら一緒に歩く。

学生で平日にほとんど行っていた私は、
お稽古中などは、ちょっとしたタイミングで、
2人きりになることもあり、
そんなときは、緊張して緊張して大変だった330

ある時、駅から入り待ちの場所に向かう私の横を
我が君の車が走っていった。
びっくりして走って、入り待ちの場所に行くと、まだ誰もいない。
あわてて駐車場に行くと、
『ごめんね~。急に早くなったの~。』って。
必死で荷物を受け取り、ななめ後ろをついていったが、
緊張して、会話が出来ない。でも、何か話さないと!

で、私が言ったのは、
『ホワイトタイガーに赤ちゃんが生まれたそうです!
              双子で、名前募集してます!!』
・・・たく、何言ってんだろうか・・・・263

我が君は笑って、
『シロリンとか、シロタンとかじゃ、だめかなぁ179って。
そして、体ごと私の方を見て、

『顔、赤いよ278』 

・・・・・ぺーぺーな私は、完全に遊ばれてました。
こっちを向かれたときは、心臓止まるかと思いました。
今、思い出しても、ちょっとドキドキする話。

二番手さんだったころに、時間が空いたから、と
まだ高校生だった私と、同じ歳の仲間と3人で
花の道の喫茶店で、お茶を飲んだことがある。
が、緊張しすぎて、記憶がない・・・230

お稽古中なら、ただ待つ。 お茶をしたり、手紙を書いたり。
毎日だから書くこともなくて、
『今日は、○○を食べてます』とか・・・
お店だって、そんなにないから、いくのはいつも決まったところ。

いつか言われたっけ。
『私、みんながお昼に何食べてるが全部知ってるよ~』って。

短大の時は、朝の一限目の授業に出てから、ムラに行き、
お稽古中に授業を受けに戻り、またムラへ・・なんてのもよくあった。

『終わるの夕方かなぁ。』 とか 『今日は早いと思う。』 とか
その言葉だけで、ひたすら待つ。

携帯もない、ポケベルだってない時代。

いつ出てくるのか・・・。
頼りになるのは、下級生や、劇団のスタッフの皆様。
「もうすぐですよ」 とか 「○○が入ったので遅くなりますよ」 とか
ただひたすら待つ私たちに、教えてくれたっけ。

知らない間に、急に出てきたりすると、
他の組のファンの方たちが走ってきてくれて
『出てこられてますよ!!!』とか叫んでくれた。

今から考えると、とっても不便だし、大変だけど
みんなほんとに仲良くて、助け合ってた。


公演中なら、入りの後、すぐに劇場に走る。
あれやこれやと忙しい。
大きなパネルの下でのチケット渡しを全部終わらせてから、
3階席に行って、てっぺんから手を振るのが大好きだった。

花の道は、待つところ。
あの人の出てくるのを、暑くても、寒くても、何時間でも。
みんなでいつも 『ダンナ様でも、絶対こんなに待たない』
って言ってたなぁ。

自宅の遠かった私は、タイムリミットがみんなより早く、
会えないまま、半泣きで帰ったこともある。
今思うと、なんてかわいい(笑)

でも、楽しかった。 本当に楽しかった。

『お待たせ~。179』 の一言で幸せになれた。

そして、時が来て、我が君は、トップスターとして宝塚を卒業していった。
たくさんの愛と、思い出を残して。

私は、ムラには行かなくなった。
特に意識した訳ではないのだけど。
あえていうなら、必要がなくなったから。

でも宝塚歌劇は、嫌いにはならなかった。

我が君が去って、しばらくして大劇場がかわった。
震災もあった。

新しい大劇に初めていったのは、
震災後の初めての公演。
我が君の観劇にあわせてだった。

新大劇場はまぶしかった。
大きなパネルも、3階席もなかった。

きれいな本駅。きれいに並ぶお店。
道路も変わり。駐車場も変わり・・・。
温泉町だった風情はなくなっていた。
それからもう一度だけ、友人に招待されてダンナと観劇に行った。

ファミリーランドもなくなった。マンションがたくさんになっていた。
今のムラは、私の思い出とは違う場所。

なんとなく思う。はじめは、少し寂しかったけど、
我が君が去ったあとのムラが、まるで変わってよかったのかも・・・。

そしてまた私は、ムラに行き始める。
昔とはまるで違うスタンスで。 やっぱり宝塚歌劇が大好きだから。


でも、やっぱり、ムラの真ん中にマンションはいらない気がするけど。

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。