スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『黎明の風』 観劇感想 宙初日


行って来ました。宙組公演初日。

まずは、お芝居の方から書こうかなと。

で、まずは、ちょっと前フリを。

昨日は、おひとり様だったので、開演前の時間を
「プチ・ミュージアム」でつぶしてました。

『バレンシア-』と『宙FANTASISTA!!』の衣装めあてで。

バレンシア 
2008_0208画像0075
ちゃんとルカノール公爵の衣装もあって、うれしかったです237

で、そこのビデオで今回の公演のお稽古場風景の15分バージョンを
見てたんですけど、(スカステ放映のながいやつ)
やっぱりショーのお稽古にともちんはいませんでした。
たぶんですけど、体調不良だったんでしょうね・・・

でも、カットになってた部分もたくさんあるので、
開演前にだいぶ様子がわかっちゃいました229

ショーの中の理事の銀橋渡りで、目線の先に座っている
まりえったさんに、『愛してる~』って歌ったりして、
テレテレの組長さんが、かわいかったです278

と、まぁ、前フリはこのくらいで、本題の感想です。
以下、ネタバレばっかりですので、よろしくです235


『黎明の風』 

初日の席は、「1階8列サブセン通路横」でした。
斜め前に植田大先生が座ってましたね。反応が気になっちゃいました229

で、まず、ざっくり言っちゃいますと、

『想像以上に良かった!』 です。

どんなん想像してたんや!って感じですが229

宝塚の作品として、どうなのか・・・と言われれば答えにくいですが、
プログラムのイシダセンセの話を読んで、いつかは描かれるべき時代の
作品だったのでは・・・と、好意的に取ることにしました。

ただ、宙組じゃなくてもよかったかもしれませんけど・・・(オイオイ229

いやいや、でも、作品としては、つくりもしっかりしてますし、
なにより男役がかっこいいのがいいです。
キャストもよくはまっていたと思いますし、見て損はないかと。

リピートは・・・・宙ファンなら出来る・・・・と思う。(すごい弱気229

心配していた下品な部分も、今回は感じませんでした。
ギャグは結構入ってますけど、ちゃんと笑えましたし。

生徒に対して失礼な言い方なのかもしれませんが、
初日にしては完成度が高いなぁと感じました。
まぁ、私が宙組ひいきなので、かなり甘いのかもしれませんが・・・

そして、今回一番驚いたのは、『大和悠河』というスターの底力でした。
想像以上に落ち着いて、力強く、スマートで、優しい。
こんなに大人の芝居の出来る男役だったのか!と・・・。

では、ちょっと細かく書きます。

◇オープニングの、男役のダンスは、ほんとにかっこいいです!
 スーツ姿の日本チームと、米兵スタイルのアメリカチーム。
 あのグっとくる、男の対決という空気、大好きです。

◇京都での次郎さんと、正子さんのシーンは、なかなか楽しいです。
 たっちんのお芝居も危なげないですが、もう少しかわいらしさが出ると、
 ただのわがまま娘に見えなくていいのかなぁ・・・
 でも、この場面のスターは、キクさん@あゆみ姉さんです(笑)
 あっ、あと、下駄がと~っても似合う、流しの男@ちや姉も素敵278

◇そして、マッカーサー@タニ王子、ジーン@まちゃみ
 上手花道から登場。まさか、あんな姿で登場とは思わなかったので、
 あまりにまぶしすぎて、かなりクラクラしましたね。 かっこいい!
 ウエディングドレスで横にいるジーンが、うらやましい、うらやましい(笑)

 アー・チュ@ゆきさんのしっとり感が、キクさんとは対照的で良かったです。

◇ロンドン大使館では、ロビン@すっしぃさんが、な~んかかわいくていいです。
 もっと出番がたくさんあったらよかったなぁ・・・

◇戦争が始まり、ようやくアメリカチームが登場です。
 ともちんは、熱い感じの兵士です。

◇そして、期待していた特攻隊の場面。レクイエムだそうなんですが・・・
  これは、ちょっと期待はずれでした・・・
  日本兵がセリあがってきたときは、うぅ・・・ってなりかけたんですけど、
  レクイエムダンサーのとむ様が登場した時に、
  思わず「昭和のジャニーズか?」と聞きたくなるような衣装にびっくりして・・・
  そしたら、日本チームだけでなく、みっちゃんや、ともちんとかも
  一緒に踊っていて・・いやいや、象徴的なものだからというのははわかるんだけど、
  やっぱりあそこは、メインの役付きの人ははずした方がいいんじゃないかなぁ・・・ 
     あれ?日本兵?アメリカも?と気になって
  なんだか、感情移入できなかった・・・そして理事の熱唱だけがむなしく響いて・・230

◇戦後の混乱では、酔っ払い@きみつんが、最高!もう!何やらしてもうますぎ(笑)

◇厚木に降り立つマッカーサー。やっぱり王子、細いわ。
 周りが、でかくて、どちらかというとガッチリめの、北翔、悠未、十輝とかなだけに
 その細さが目立つ。で、顔が小さすぎて、サングラスが・・・
 いえいえかっこいいのは、かっこいいんですけど・・・
 でも、ちゃんんと上官としての力強さはあるんですよ、これが。
 テレビャンコ@たまちゃんとのやり取りでの、あの有無を言わさない
 迫力に感動しました。あのシーン好きだなぁ。

◇GHQでのビルで、ともちんがみー、ちー、大、かちゃの4人の米兵と
  登場して、日本をバカにしてるんですが、前にお稽古場で見た時は、
  ビリヤードのキューだと思ってたのは、「竹やり」「さすまた」とかでした229
     
◇執務室での、マッカーサーと吉田、マッカーサーと次郎とのやりとりは、
 なかなか見ごたえがあります。 ここはおすすめ。

 発禁の本のタイトルを聞いて、『ヤマトの最後?タイトルが気に入らんな』 
 なんていうお遊びが入っていたりしてました。

◇場のつなぎに娘役が歌を歌いますが、「リンゴの唄」を下級生娘役が、
  ブギの女@みきちゃんを中心に「東京ブギウギ」を上級生娘役が。
  下級生チームの中に、きれいな子がいるなぁ・・と思ってたら、
  すみれ乃麗ちゃんでした。お化粧、うまくなったねぇ179

◇独立記念日の前夜祭ですが、急転直下朝鮮戦争が始まり、
 憲法改正の議論になるんですけど、未来の平和のために、北朝鮮を叩くという
 ここでのマッカーサーもすごく迫力あります!
 でも、第三次世界大戦だけはダメだと土下座をする次郎の姿は、
 かなりウルっとなりました241 ここは、周りの人もかなり泣いてました。
 次郎を止める辰美さん@とむ様とか、
 必死で上司を説得するブレストン大佐@みっちゃんとか
 みんなのお芝居が本当にすごくいいんです。

◇そして、解任されて帰っていくマッカーサーですが、最後まで美しかった~。
  あの花束抱えてのコート姿は、たまらんです。
  ダンナに思わず、あの形のコート買ってやろうかと思いました(笑)

◇サンフランシスコに向かう、日本の講和全権団ですけど、
 ジーンズ姿で登場の次郎さんに、思わず客席もおぉ!って感じでしたね。
 近藤@まりえったさんに、次郎が語りかける言葉が、そのまままりえったさんへの
 賞賛とはなむけみたいで、千秋楽はきついかも・・・241

 見送る正子さんは、凛としていて素敵でした。銀橋を歌い渡りますが、
 あの涙声で歌われると、泣けます・・・

◇サンフランシスコの場面には、当時の映像も使われたりして・・
  それにしても、吉田茂@ゆうちゃんさんは、うまいというか、完全に乗り移ってます237
  ゆうちゃんさんが、いてくれて本当に良かったなぁ~。

◇ラストシーンは、登場人物が全員登場ですが、
  とってもすっきりした終り方で、いい感じでした。
  みんなのコーラスが最後にやっと聞けます。
  スカステで言ってた、「テレビャンコ」なギャクは、うまく出来てたのでは?
  あのセリ下がり、たまちゃんとチエさんて、ともちん同期だねぇ~。

・・・・と、お芝居の流れに添って、書きましたけど、

理事の次郎さんは、スマートですし、軽さも強さもありますし、歌も多いですが、
特に文句のつけようもありません。
だって、白洲次郎ですもん。魅力的にならないはずがない。

王子のマッカーサーは、何回も書きますけど、良いです!
あの難しいセリフも滑舌よく話していて、で、私、やっぱり王子の声好きですね。
「戦争の結末を見届けるのは、死者だけだと・・・」とか渋い~。
あのグっと抑えた感じは、フェルナンドをやりきった成果かなぁなんて考えてました。
どこかで、「大和悠河の演技には心がある」って読んだことがあるけど、
今回、すごく気持ちが感じられました。
・・・って、ベタ褒めすぎかなぁ。

でも、タニ王子の白洲次郎も見てみたかったなぁ。
あのマッカーサーを見ていたら、絶対出来ると思いましたね。
で、理事がマッカーサー・・いやいや、とむ様がマッカーサーでもいいか。
とむ様なら、あのサングラス姿もはまるでしょうねぇ(笑)

正子さんは、たっちんは本当によくやってたと思います。
ただ、やはり華やかな雰囲気ではないですよね。
あの次郎さんが、そこまで惚れるというは、見た目では難しいかなぁ・・
着物の時の髪型も当時の雰囲気を意識してるのでしょうが、
どうしてもおばさんぽくなってしまう・・・がんばれ、たっちん。
でも、でも、やっぱり、「あぁ、ウメならどんなのかなぁ・・」と思ってしまうのは
これは仕方ないですよね・・・・
うぅ、やっぱり東京でもいいから、ウメの正子さん見たいぞ~~っ!
 
同じく代役の吉田和子@えりちゃん
これは、大変だったでしょうねぇ。だって、もともとセリフとか無い役から、
出番も結構ある役に・・・。よく頑張ってました。
あとは、見た目ですかね。でも、時間がなかっただろうしなぁ・・
エリちゃんもがんばれ!

とむ様は、軍服姿もりりしいですが、やっぱり紺のスーツ姿は素敵です。
一人で歌う場面、やっぱりとむ様節、入ってました。熱いです237

みっちゃんは、優秀な大佐というのがほんとよくあってました。
でも、いい人だっていうのが、ピッタリ。

チギは、最後の方にいい場面がありますね。スーツ姿もすっきりしていて、
やっぱりきれいでした。

まちゃみもきれいでしたし、いい役ですよね。ジーン。
聡明で明るい役なので、前作よりは持ち味にあってたと思います。
マッカーサーに解任の知らせを伝えるシーンは、とっても良かったです。

そして、ともちんは、今回、出番もセリフも意外に?あって229
だって、前作の出番があれだったので、途中で出てきたら、
一人で勝手に「おぉ~」って盛り上がってました(笑)
結構感情的にいろいろ変化のある役でしたね。
とむ様とぶつかりあったり、みっちゃんに怒鳴られたり、
マッカーサーにぶん殴られたり、大変でした237
見た目は文句無く、しっかり米兵ですが、何か?(笑)

作品的にいいなぁと思ったのは、戦争を扱ってはいますが、変な暗さが無いこと。
登場人物が魅力的で、悪い人が出てこないからかなぁと。
あと、もう少し、白洲夫妻の2人の愛情のよくわかる場面があっても良かったかも。

次に観る予定は、ちょっと先なのですが、
今度は主人と一緒なので、男性の意見も楽しみです。

で、最後にひとつだけ、

次の作品は、明るい、宙組っぽいのお願いします!!


・・・って、やっぱりイヤなのかい(笑)

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。