スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クライマックス」 感想など

 
24日に、初日以来の観劇を、Wで。10日ぶり。

宙組大劇場公演で、こんなに観劇間隔があくことってあんまり無いので、
なんだか変な感じでしたね。


やっぱり好きだわぁ、宙組


お芝居の方は、初日よりすんなり見れました。
ツッコミどころ、特に結末以降は、初日観劇後、色々勝手に想像した
ポジティブなストーリーである程度、脳内補完したので・・・。

ナウオンで祐飛さんも、その後の「余白」を想像するのが楽しい作品に
なればいいって言ってたし。

ただ「誰も不幸にならない・・」って言ってたのには、「えっと・・・ロイは・・・・」って
思いましたけどね ロイの存在は本当に訳がわからないんですよねぇ・・
いっそのこと、最初から「子供の時に死んでしまったお友達」設定とかでも
話はなんとかなりそうなんですけどね・・・正体がばれるのは
何か別のきっかけでも色々出来るし・・・って、まぁそれはいっか。


その後、偽スポンサーはいなくなったけど、ショーの素晴らしさとゴシップ的な
盛り上がりで別のスポンサーが出てきて、ショーは続行、
ジュディは大スターになった、とか。

ジュディがロナウドを追いかけるパターンは、クラシコであったし、なんかジュディって
そういうタイプでもなさそうなので、それは無しだなと。

ニックは、証拠不十分とかで罪にはならなくて(なっても軽くて)、
すぐにロナウドと合流してまたどこかでひと稼ぎするだろう、とか。
キャサリンとは、結局上手くいかない気が・・・・
ニックはよくても、キャサリンが色々気にしてしまって気まずくなりそうだなぁ・・・って。

アーサーは、ロナウドを執念深く、でも結構楽しそうに追い続けるだろうし、
でも、ジュディのことは結局、遠くから見守るだけっぽいよなとか

ピーターはポーラと付き合って、絶対結婚して、
その結婚式でフローレンツはおいおい泣くだろうし(笑)

わからんのは、グラントだけど、ま、とりあえず、あの一味、仲良さそうだし、
子分がしっかりしてるしなんとかなるでしょう。
でも、親分を追い落として、自分がボスになろうとはしなさそうなのが、
あの子分たちの良いところ(笑) 愛されてそうだもん、グラント(笑)
囚人服で檻の中でギャーギャー言ってるのも、想像出来てかわいいけど


もちろんそんな勝手な脳内補完だけじゃなくて、
お芝居の変化ですんなりいった部分もありますよ。

特に、ロナウド少年@もんちの、「絶対這いがってやる!」っていう
悔しい思いが、ものすごく強く感じられたので、その後のロナウドが
悪いことであっても這い上がるためにやってやるんだ、と思いながら行動し、
あそこまでになったっていうのものが、つながってみれたので。
初日は、どーしてあんなにピュアな少年が、天才詐欺師と言われるまで
変わってしまったのかがつながらなくて、モヤっとしてたのでね。


とりあえず今回はストーリーより、みんなのキャラを楽しむ作品として
素直にそれ目線で楽しみながら観ます。
私の周りも「この作品好き」って言う人、多いです

キャラが楽しめる作品なので、新公がすっごく楽しみなんですよねぇ。
新公の配役見て、この役がこの子かぁ~とニマニマしてます


あ、あと、フォーリーズの場面、2階から観たら、めっちゃ綺麗でしたっ!!!



っと、では初日に書かなかった(上手く書けなかった)ショーの感想を・・。




 


『クライマックス -Cry Max-』


初日観た直後は正直、「ミキティの頭の中は私には理解できないのかも・・・」と
ちょっとへこんでました。

中詰めの展開に??が飛んで、ローズ・ラメントでちょっとクラクラして・・・

黒燕尾の素晴らしさが、過去最高レベルであることが救い・・・って感じでしたね。


わかりやすいノリ、盛り上がり、萌えどころ満載でガンガンに来る
藤井先生のショーが続いていたので、余計にそう思ったのかも。

ただ、初日に「ん~・・・」ってなっても、回数見ていくと楽しめるようになるっていうのも
よくあることなので、今回もそれに期待して観ました。

2、3回目を観て、結論的には、「だいぶ観るポイントがわかってきた。」です。

まだまだ「はまる」ところまでは行けてないのですが、この作品の「美しさ」とか「味」が
なんとなくわかってきたかなと。

2階から観たのも良かったと思います。
ローズ・ラメントも、床に映る照明が薔薇の模様で、「うわぁ」って思ったりして。
そういうところとかも含めて、色々感じられるショーであるっていうのが
ジワジワ来ます。

ショーとしては「上質」な部類なんだろうなぁ。品もいいし。
場面ごとの完成度は高いと思うし。

曲もクラシックやシャンソンとか耳馴染みのあるものが多いですね。
ただその分、主題歌がわかりにくいのが残念。

あと「ここはもう少し長めがいいのに・・」とか「ここはもう少し短くてもいいのに・・」って
いう場面のバランスが自分の中で多少合わなくて、もどかしく感じる部分はあって・・・


でも今回、衣装にはずれが無いのは良かったです。
三木先生のショーの衣装は、好みが合わないものがよくあるので、
それはすごく心配だったんですけど、それは大丈夫でした。


幕開きは、宙組の誇る歌ウマさんたちのガツンとした歌声から。
メンバーがものすごいですけど、研2、研3の子たちもいて、
宙のコーラスの未来も頼もしい。


少し寂しい感じのセットは、パンフによると廃墟となったボールルームなんですね。
私は、劇場なのかと思ってました。

ここに一人立つ祐飛さん・・・・「ラスト・ワルツ」を歌っていると、
少しづつ過去の華やかさが戻ってくるように、ひとり、ひとりと増えて・・・・

このOPの雰囲気は大好きですね~。 黒燕尾を除いたら、一番好きなのがここかも
初日もここは、ワクワクしました。

最初に、ひとりづつ増えてくるところのメンバーが、てる、みち、とも、そしてそこに
すっしぃさんっていうのが、なんかうれしい

ワルツが基本ですけど、華やかでいいですよね。
今回、主題歌は「クライマックス」っていう曲なんでしょうけど、ここの「ラストワルツ」の方が
耳に残るし、いい曲だなって思います。

いろんなカップルで踊る場面で、とも&れーれがまた見られますの
最後になっちゃうので、ともえりもどこかで見たかったんだけど・・・仕方ない。

で、全員勢ぞろいの後は、銀橋に祐飛さんが残って、上、下花道の方に男役が。

みち、とも、大、ちー、かちゃ、かい。 

「L・O・V・E! Y、O、ゆうひ!」の掛け声を客席参加型で・・・

かわいい~トップさんが見れますぞ(笑) この間はポーズは2回ともWピースでした

客席への煽りは、1回目は「2階席の方も~!!」って言って、最後に「ありがとぉっ!」って

2回目は、目の前にいるお客さんにピンポイントで、「あなたも!」、「はい、あなたも!」って。
いやぁ、上手前方通路の方、気が抜けないですよぉ(笑)

でも、この掛け声、ちょっと言いにくいんですよねぇ~。言う回数あんまり無いし。
初見ではなかなか難しい気が・・ 総見とかなら楽しそうだけど。

ま、ここの見所は、この後、暗転になってお手手をつないで
かわいくはけていく宙メンたちですけどね

初日に見た時、あまりのかわいさに客席でジタバタしてしまいました(笑)

祐飛さんも、「あそこまでがクライマックス」って言ってました(笑)

結構な学年の男役たち(自分たちで言ってた)が、
あんなに揃ってかわいくはけていくのは反則ですよね~。めっちゃ好きだけど
本人たちが一番喜んでそう(笑)


と、下手花道から、白い軍服のテル王子様登場。

軍服で、ちょっと駆け込みながら登場してくるっていうのは、前回にかぶりますが・・・

あぁ~、軍服はいいっす! 軍服好きっす! 美しいっす!!

ちょっとオペラちっくなストーリーのある場面。綺麗な場面ですが、ちょっと長い気が・・

青年仕官と、人妻となってしまっている恋人とのお話。
一度くっついて、でもやっぱり別れて・・・・けど、最後には戻ってくるっていうの、
花組さんでも見た気が・・・・ ま、いいけど。

テルすみというカップリングが新鮮ですね。すみ花嬢はほんと踊れます。

2人だけのダンスシーンでの影コーラス(一応パンフではコーラス)が
初日から衝撃でしたけど、配属されたばっかりの研2の2人です。

夢なつきちゃんと、留依蒔世くん。

夢さんは、すごい歌ウマというのは風の噂に聞いていたのですが、
男役の留依くんはダンスの人という認識だったので、あんなに歌えるとは
ほんとに驚きました。 声がしっかり男役の声なのが何よりびっくり。

いやいや楽しみというか、末恐ろしいというか・・・でも、よかった宙組に来てくれて!


ここ、白軍服のテル氏も美しいですが、周りの紫軍服の若手男役陣がこれまた美しい!
宙組の誇る売り出し中のイケメンくんたちをこれでもかと並べました。

娘役とカップルで踊っているのも綺麗でいいんですが、男役だけのところの
振りが好きだなぁ~と思っていたら、羽山先生でした。 なーる


続いて、上手スッポンから、キターって感じに決まったスーツにソフト帽の大空氏登場。
THE 男役!なスタイルですよね。 グレーのソフト帽のかぶり方の角度が完璧。

下手花道に、色っぽいせーこ&タラが、たくらみ顔で・・・・

2人に導かれて、プールバーに。 BOSSはみっちゃん@オールバック

歌は「キャラバン」ですね。ナイスガイではともちんが歌ってた。

セクシーな女の子ちゃんたちに、カウンターの後ろから飛び出してくるイケメンたち!
あの瞬間、待ち構えてしまうわ~ キャーーってなるポイント。
このショーはそういうガっと心拍数があがるようなところはそんなには無いので
貴重な瞬間です。

いち、あっきー、愛、りくは、前の場面から続いての登場。頑張れ~!

ともちんは、ひとりストライプの入ったスーツなんですよね~。(最初はベストだけだけど)
ここのスタイルお気に入り。

キューを持ったダンスもみんなすごく決まってるし、扱い上手いよね。
箸で練習したんだっけか?(笑)

ダンスももちろん見所ですが、どーしても気になるのは、後ろで女の子ちゃんたちと
あ~んなことや、こんなことやってる野郎どもでしょうか

まだ全然見切れてないのですが、ともちんは、くるみちゃんにガッツリいってますな(笑)
次回はぜひ、みんな大好き(オイッ)エロい大ちゃんをしっかり観ようと思います

今回、この場面ともう一場面、ともちんはくるみちゃんがパートナーのところが
あって、くるみちゃん目立つなぁ・・・と思ったら、前回で桜子ちゃん、凛ちゃんという
ダンサーが抜けちゃったからなんですよね。

セクシードールとして、祐飛さんに絡む、オレンジ色の衣装の、えつ、えり、れーれが
すっごく綺麗でかっこいいです

えりちゃん、本当に綺麗でねぇ・・・退団オーラも出てるんでしょうなぁ・・・さみしす・・


このビリヤードの場面は、もう少し長くても良い気がするんですよね。
場面がというか、群舞シーンが。もう少しANJU先生のダンスが見たかった・・・

最後は祐飛さんが銀橋を歌いながら一人去っていく・・・・・


と、ここから中詰め、パリの場面で、まずはメドレー。

パリジャンで最初に登場は、大、ちー、かちゃ、かい、あっきー。

あっきー大忙し(笑) でも、良いぞ、良いぞ。

大ちゃんが一人衣装も違ってセンターで。(配役では歌手

今までならかちゃがセンターだったかも・・・ですが、大ちゃんが異動だからなのか、
単純に学年順だからなのか・・・

続いて、ともちん。 このところ、メドレーではエロ坦みたいになってましたが、
今回は、爽やかともちんで~す ちょっと娘役が一緒です。

次にテル氏。 ここには、若手男役くんたちも。

そして、祐飛さんと、すみ花ちゃんと。 明るく、かわいい感じ。

後ろで踊ってるカップルが、ちー&えつ、かちゃ&せーこ、かい&タラ、あっきー&れーれ。

かちゃ&せーこは同期だけど、なかなか無いカップリングで自分たちでウケちゃうって
言ってましたね。

そして、カンカンに。 みっちゃんがカンカンシンガー。
かなり激しいカンカンで、歌、難しそー。 

ちょっとコミカルなストーリーっぽくなってて、すみ花ちゃんが入ってきていたずらして、
大混乱になるっていう。 おまわりさんに、べーってするとこかわいいんですよね。

そこから雰囲気がガラっと変わって留置所に。
この場面が初日に、???ってなったところで・・・・
パンフを見て「留置所」ってわかったんですけど、どーして、あの明るいカンカンから
暗い留置所の場面になったのかが、わからなくて・・・・とっても異質に見えて。
2階から見ると、照明が格子模様になっていて、留置所の雰囲気はすごく
するんですけどね。
話がつながってるのか、まったく別物なのかが・・・今も、よくわかってないんですけど、
華やかさの裏の影の部分をあらわしてるんだろうな・・・と。

でもベタに、夜霧のパリって感じの場面でも良かった気がするんですが・・・

ゴスペルが聞けるのと、ダンサーたちの渋いダンスが見れるのでいいことにします。

で、また一転、凱旋門のセットのパリの街。(凱旋門がえらくショボイんですけど・・・)

ゆひすみ2人のダンスシーンです。楽しそうに踊る2人がいいです

曲が「パレ・モア・ダムール」ですけど、こういうシャンソンが続くと、
昔のTCA(その頃はTMP音楽祭)とかが蘇るんですよねぇ・・・・

中詰めのクライマックスは、「モン・パリ」。

やっぱり一緒に歌いたくなりますね やってる方は、「タカラジェンヌだ!」って
すごく思うって言ってましたが、観てる方は、「あぁ、ヅカファンだ!」って実感します

ただ、ここももう少し長く観ていたいなぁ・・・って思っちゃうところなんですよね。
せっかく盛り上がったのに、あれ、もう終わっちゃうの・・・って思ってしまって、残念なんです。

ここで銀橋に残るのは、テルくん。若手男役を従えてます。

大、ちー、かちゃ、かい(この4人は客席降りあり)、あっきー、りんきら、愛、りく、春瀬、七生。

春瀬、七生が入ってきたか!と思う反面、あの人とか、この人とかは?とも思う・・・

でも、チャンスはチャンスですしね、結構、ウインク飛ばしたり頑張ってますよ


次はローズ・ラメント。

KAZUMI-BOY先生振付の場面ですが、かなり悩んで振り付けしてたのが、先生の
ブログでわかりましたね。

で、初日みて、「あぁ、こりゃ、悩むわ」と思いました

パンフの解説を読んでも、わかるようなわからないような・・・・

わかるっていうことだけが大事じゃないっていうのはそうなんですけどね。

暗転が何回もあるのと、刺して死んで・・・・が繰り返されるのがちょっとキツイのかも。

スパニッシュのダンスも歌も迫力あるし、場面としては綺麗な場面なんですが・・・・
最初に書いたみたいに、ライトとかも凝ってるし。

もうちょっと慣れて感覚的にとらえないといけないのかもしれませんね。

あと、もう少し短くても良かった気がするんですけどね・・・・

ちや姉の迫力のあるソロが聞けるのはうれしいです。
アムールの影ソロのような優しい歌声も聞きたかったですが。


次は初舞台生のロケット。
まず、衣装がかわいい 薄紫だけど、白鳥さんなんですよね?

特別に足上げが長いとか、これ!といった振り付けでは無いような気がしますが、
なんかかわいいから許せるか・・・と思ったら振付、みつえ先生でした、なーる・・・・(コラ)

娘役でかわいい子が何人がいるので、おとめの写真と比べて、
たぶんこの子かなぁ・・・と思ってチェックしてます。

特に上手の方にいる子で、小柄だけど綺麗な子が目につきますね。

みんなで銀橋渡って、最後一人戻ってきて少し踊りますが、最近はああいうの多いですね。
☆のライトがピューって飛んでいくと・・・・


大階段に祐飛さんが。 ブルーのキラキラの衣装で・・・・

歌う祐飛さんの後ろから、紫のドレスの娘役たちが・・・・ 

あぁ宝塚だなぁ・・・綺麗だなぁ・・・って。

ここが娘役たちと祐飛さんとの別れの場面ですね。

銀橋に祐飛さん、そして、すみ花嬢が大階段に。トップコンビのデュエットです。
ここにデュエットが入ってきたんですね。

大階段で大きく背中を反らせる振りがあります。まゆさんが「カノン」でやってましたけど・・・
とっても綺麗なんですけど、観ながら不安にもなるんですよねぇ・・・あれ。

長いデュエットダンスではないですが、優雅な雰囲気で。
パンフに「永遠の愛の記憶を確かめるように踊る」ってあるんですけど、素敵ですよね。

最後、すみ花ちゃんの胸でそっと眠るような形で2人でセリ下がりです。
なんとなく、ゆひすみらしいな・・・って。

その2人の後ろを静かに黒燕尾の男役たちが降りてくるのが、たまらなくいいです。
もう、それを見るだけで胸がいっぱいになります。

どこまでも静かに、でも凛とした雰囲気が溢れていて・・・・

そして、セリ上がってくる黒燕尾の大空祐飛。

今回の黒燕尾、まったく装飾の無いものです。
それがかえって、究極の男役の美学を感じさせます。
初日、そこに何より感動しました。

「月光」にもよく合ってる。

この場面の振り付けは、もちろん羽山先生ですが、もう「神」のレベルですよね。

オペラを使ってみてしまうのが、もったいない・・・と感じるくらい
舞台のどこにも、どの瞬間にも隙がない。

良いダンスシーンはたいていそうなんですが、2階から見ると
また素晴らしいですよ。グループごとに登場してくるところとかゾクゾクする。

もちろん、みんなのダンスは息を飲むくらい素敵です。

宙組の大階段のダンスは、揃ってない、それが個性みたいに言われることも
ありますけれど、決してそうではなくて、その時のダンスに合わせてるんですよね。
(もちろん、どの組もそうでしょうが

今回は一糸乱れずのダンスです。 みんなの気持ちが入りまくっているのが
伝わります。もう、たまりません。言葉にならない。

祐飛さんに、テル、みち、とも、大、ちー、かちゃが少しづつ絡む惜別の振りで
グググ・・・っと・・・

このダンスを見るためにお金を払っても惜しくないと本気で思いますもん。

宙組、万歳!です。


フィナーレ、エトは、ちや姉、れなちゃん、ももち。
サヨナラのメンバーですね。変則ですけど、こういう思い出に残る演出は、
素直に三木先生、ありがとうです。

個人的にはれなちゃんがエトに入ったのは嬉しいなぁ。
とっても幸せそうな笑顔が3人ともまぶしいです。

パレードは初舞台生もいて、みんな白い衣装で白い羽根扇で、
それはそれは豪華で華やか。

ああいうのを見ると、たくさんの人に宝塚観てもらいたい!って思うんですよね

エトには入らなかったけど、階段センター降りにえりちゃんが。
娘役3人で降りてきます。

そして今回は、ともちんがカサブランカ以来の一人降りでした(涙)


最後、青いグラデーションの入った羽根を背負った祐飛さん。
本当に綺麗な羽根の色ですね。見とれちゃいます。

初日もこの間も、ショーの途中くらいからすすり泣いてる人が周りにいて、
私も黒燕尾くらいから、つられて泣きそうになっちゃうんですよね。

楽近くなるにつれて、客席もさらに気持ちが入ってきそうです。
今日、明日とかは総見とかもあるみたいだから、すごそうだし
ん~なんかこうやって書いてると、このショー、すっごくいい気がしてきた(単純)
次見たら、ドはまりしてたりして
私は次は新公の日。 こちらもほんと楽しみ。


あ、そうだ、今回、まさこ、みーちゃんが抜けたので、ともちんの対に大ちゃんが
いることが多くて、なんかすっごく新鮮です。
大ちゃん、そんなところにいるのね~って嬉しくなっちゃって。

でも、次の公演では、またまたガラっと並びが変わるんだなぁ・・・と。

ナウオン見ても、このメンバーで残るのって、テルともだけじゃん!とか思って・・・
そう思うと、余計、今を一生懸命見ないと!って思いますね。

今を精一杯生きる!ってことで。

じゃまた。




Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.04.30 (Mon) | # | | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.05.01 (Tue) | # | | 編集

5さま☆☆

こんにちは(´▽`) 

いつもコメントに愛が溢れていて素晴らしいです!
よみながら、「そうそう!」ってなりました(^^♪

今回も本当にコーラスの宙は充実していて、
あの歌声だけでもかなり満足出来ますよね。

私も怖いものが無い気がしてきました(笑)
まだまだ見たりない気持ちでいっぱいです。

2012.05.02 (Wed) | れお #- | URL | 編集

miさま☆☆

こんにちは♪

やっぱり同じような感想の人が多いですね・・・。

でも、カレはまだメンバーでは無いのですね。残念ですけど、
裏でしっかり勉強していることでしょう(´▽`)

新公、ご覧になっていかがでしたか?また感想を教えてください。
マントがお似合いでしたよね(^_-)-☆
公演前のあのドキドキは独特ですし、応援している人が出るとなれば
それはもう・・・・本当にお疲れ様でした!

2012.05.02 (Wed) | れお #- | URL | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.05.02 (Wed) | # | | 編集

Miさま☆☆

返信遅くなってごめんなさい。

主な役以外は、当日までどこに出てくるのかわからないから、
ドキドキしますよね(´▽`)
うん、立ち姿は本当にかっこいいとおもいますよ!
まだまだこれからの人ですからね(^_-)-☆

冷静に見られないくらいドキドキするご贔屓がいるのは良いですよ。
なんかうらやましいです。
応援、ガンガンに頑張ってください!私も注目して見てます(^_-)v

2012.05.06 (Sun) | れお #- | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。