スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『クラシコ・イタリアーノ』新人公演

新人公演って、あの独特の緊張感がたまりませんよね。
当然、昨日の新人公演も。

客席総おとうさん、おかあさん状態(笑)

私なんて、宙組っていうだけで、甘あまなので、おばあちゃん状態。


あっきーはラストチャンスをうまくつかむことが出来るのか?
うららちゃんは抜擢に応えることが出来るのか?

結果・・・

とってもいい新人公演だった!!


・・・・が、ここで不安になるのが、「自分は甘アマやからなぁ・・・」
で、あちこちで感想を見たりして・・・・でもそこでも「あっきー良かった!」「うらら良かった!」
の声がかなり飛んでいて、うれし涙が・・・


もちろん、主演の2人だけでなく、周りのみんなも頑張った。
演出的に大きな変更はそんなになかったけれど(新公担当は上田久美子)
かけもちも多かったし、男性の役が多い作品なので、男役が足りなくて、
娘役になってるところも多かったしね。


ただ、スーツ物だし、スーツじゃなくても現代的な衣装なので、
スタイルの良し悪し(悪いわけじゃないんだけど・・・)がはっきりしてしまうのは大変ですね。
宙は揃って本役が超絶スタイル良しなので、比較になると、ものすごくはっきり出てしまう・・・。
すっごくお芝居とかが上手くても、スタイルが・・・とどーしても思ってしまう。
そういう意味では、宙組って怖い組だなぁと。

でも、のびしろがいっぱいありそうな子はたくさんいるので、
そういう子の良いところを見て、成長を楽しむのが良いのですよね!(←完全に母)


で、見終わってまず思ったのは、「この新公、東京で観たいっ!」でした
これがブラッシュアップされたものが観たい!このメンバーでの「クラシコ」がもう一度観たい!
そんな風に思えた新人公演でした。





主演は、最後の最後にチャンスをつかんだ、あっきー。

スタイル良し、イケメン。 素材は抜群。

宙ファンはおそらく大多数が思っていた、「あっきーにチャンスを!」
それが、いよいよ実現。 

決して外しはしないけど、毎回すこーし何かが足りない気もしていたあっきー(ごめんね)
期待も大きい分、不安もあり・・・・

公演前の新聞のインタビューや、終演後の挨拶なんかを聞いても、
とにかくこの役をやらせてもらえることをすごく喜んでいるのが伝わったし、
今持ってる力を精一杯出し切ろうとしてるのがよくわかりました。

ある程度、男役として形が出来てきたときに、この役で良かったなぁと。
なんせ、本役さんが形からなにから男役として完璧に近いわけで・・・・。
役としても、大人な役で、衣装や勢いでごまかせる役では無いしね。
新公とはいえ、やっぱり経験値があれば、形や動きにとらわれすぎずにやれる分、
よりよく持ってるものを出せるはずだし。

スーツもちゃんと着こなせていて、素直に「かっこいい!」と思えたし、
たばこを吸うとか、ちょっとした仕草も、大空さんの動きをすっごく勉強したんだろうな・・と
思わせるもので、きまってたのはさすがでしたね。

衣装で一番好きだったのは後半に着ている黒スーツ。酒場でその上着を脱いで、
ベスト姿になってる時が一番ツボに来ましたね。
あとは、ラストの白い衣装で背を向けて立っている姿の美しさ。
振り返ったときに本気でクラクラっとしました。 

演技は本当によく祐飛さんを研究してるな・・・と。
ただ場面によって、すっごくいい感じの時と、もうすこし落ち着いた方がいいな・・と思う時と
バラつきはあったように思いましたが。

当然、祐飛さんよりは若い感じのサルヴァトーレになるわけですけど、
それが、まだまだ上昇していこう!という勢いみたいなものにはちゃんとつながってる
気がしました。

歌もていねいに歌っていて、大きさも感じさせました。ミーナの歌から、おやっさんに
引き取られる時の回想シーン、そして歌、への流れのところが素晴らしかったと思います。
私的には、あの場面が一番感動しました。

作業場で、愛ちゃんのレニーにインタビューをされているシーン。2人の姿を見て、
「あぁなんてかっこいい2人・・・これからも宙を見続けなくては!」と決意しました(笑)

うららちゃんとの並びも美男美女で、ラストシーン、照れて座り込んだミーナの横に
腰を下ろして2人がそれぞれニッコリした瞬間、すっごく2人がきれいで
「うわぁあああああ」ってなっちゃいました。 なんか美しいってすごいね(笑)

色々書きましたけど、結論として、「私はあっきーが好き」ということで(笑)

最後のご挨拶、泣いちゃうのかな?と思いましたけど、最後までしっかりとしてましたね。
「喜びと不安」の間で、いろんな思いはあったでしょうけど、長の期だし、
しっかりしたご挨拶でよかったと思いました


ミーナは、初ヒロインのうららちゃん。
今、研3ですかね?同期も花のみりおんや、月のちゃぴ、雪のあんりとか有望で、
すでに活躍してる子たちも多くてね。

宙には貴重な美人さんで、このところショーやバウなんかでも
目立つポジションに入ってきていて、そのうちヒロインはあるだろう・・・とは思ってましたけど、
今回のミーナという役でヒロインがつくというのは、ちょっとビックリでしたね。
雰囲気からして、姫ポジションの役の方が合いそうだったから・・・。

うららちゃんて、確かに美形ですけど、背も高くて、すっごくきれいに見えるときと、
ちょっと怖い・・・って見えるときとあって、お芝居のモブで動いてるときでも、
正直、大根な雰囲気が・・・ で、私の中での期待値はあんまり高い方では
なかったんですよね(ごめんね、ほんと)

でも、いざ見てみると、声がすごくいいし、声量もあるし、セリフもちゃんと通ってクセが無いし。
舞台度胸もありそうで、意外に落ち着いてるな・・・って感じました。

少し前に、あっきーとスカステで番組をやってたのを見たときに、
スカフェ経験者のあっきーよりもかな~りしっかりしてる感じで、
「若いけど、やるわね。」って思ったのを思い出しました(笑)

歌も上手いとは言いませんが、まだまだ全然伸びそうだし。
銀橋の歌は気持ちがちゃんと入っていて、ウルっときてしまいました。

あの歌で、うららちゃん株、一気に上昇。

動きがあると、さすがにすみ花ちゃんのようにはいかなくて、もっさりしてるところが
多々あったのと、じっとして立ってるときの立ち姿があんまり美しくなかったのが
マイナスだったかな・・・とは思いましたけど。(脚の形もあるんですけど・・・ )
背が高いので、たぶんこれからも高いヒールは無いだろうから、その分も
しっかり立ち姿をきれいに見せるのは課題だなぁ・・・と思いますね。

すみ花ミーナは本当に天然なドジっ子、でもけなげっていう感じのキャラですけど、
うららミーナは、田舎出のダサイ子で、磨いたら美人でした!というキャラになってましたね。
ただ、ダサイ格好をしても、そこまでダサく見えないっていうのも、美人って大変(笑)

てるてる坊主コートを脱いだ後のアメリカチームとかみんなの反応が、すみ花ミーナは、
「よかった、ちゃんと衣装着てた。」って感じですけど、うららミーナには「ほぉぉぉ」っていう感嘆に
変わってたのが笑えました

ミーナって役として、ストーリーにものすごく絡んでくるわけでもなく、ヒロインとはいえ、
恋愛模様があるわけでもなく、なかなかおいしく見せにくい役なんですよね、
すみ花ちゃんのあのインパクトだから成立してる役でもあるわけで、
初ヒロインで、しかも柄違いうららちゃんにとっては、大変な難役だったと思うのですが、
ほんとにきれいで、ちゃんと真ん中で目を引いてやれるっていうのを
実感させてくれたのはとっても良かったなぁと。 ヒロイン出来る娘、発見!ってね。

おそらく東宝ではもっとよくなる気がするので、楽しみですね。

ちゃんとした、彼女の雰囲気に合う姫系のヒロインでぜひ見てみたいなと思いました


レニーは、愛くん。

明るい感じの役っていうのがとっても新鮮。楽しそうだった。
金髪で、ラフに下ろした髪型もなんかかわいかったし
テル氏の衣装でも負けないっていうのは、すごいことだよねぇ~。
やっぱりかっこいいなぁ、愛くん

あんまり背伸びしないでやれる役だとは思うのですけど、今までの経験もあってか
安定してるし、なんだかたのもしく見えました。

パーティの場面なんかで、後ろで踊ってるときでも、やっぱりそのスタイルと華は
別格に目を引きますね。 あら~、スターさんがいるわ~って思う(笑)

声質のせいでしょうか、割れたように聞こえるのが気になるところではあるんですけどね・・・
歌もまだまだがんばらないとね。

個人的にツボったのは、銀橋で、れーれリズを「グラッツェ セニョーラ!」って抱きしめるところ、
「きゃーーー、かわいーーーー」って。 ああいう愛くん、見たことなかったからね。


マリオは、りくくん。

私、りくマリオ、すっごく好きでした!!まっすぐで。自分なりのマリオ。
素直に「ああ、いいお芝居してるなぁ」って思えました。
ちゃんとグっと引き締める役になってたと思うし。

酒場のシーンでは、明るいりくくんらしさみたいなものがすごく出てました。
何気ないダンスのキレが素晴らしいし(笑) 
ほんと、やっぱりこの人もスターなんですよねぇ。

酒場でサルヴァトーレと抱き合った後に、すごい拍手が起こったのが感動でした。
客席の気持ちの入った拍手だった思う。

歌は、なんせみっちゃんの歌い上げる歌ですから、ほんと大変なんですが
逆にあまり歌い上げずに丁寧に歌おうとしてる感じでした。

お芝居も歌も、成長が見えるのはうれしいですね。

最初のランウェイ、ともちんのところが、りくくんでした 衣装は違いましたけど。
しっかりきまっていて、かっちょよかったです


リズのれーれも良かったですね。れーれは本当にお芝居が良くなったなぁ。
声はあれですけど、芝居自体は、ものすごく落ち着いてるもんなぁ。
衣装もどれもちゃんと似合って可愛かった

おやっさんのかけるくん。 ゆーちゃんさんの役は大変だったと思うけど、
しっかり落ち着いてやっていて、ちゃんと老け役になってたのは良かったですね。
サルヴァトーレを引き取るところの回想シーンに優しさがにじみ出てました。
酒場での夢の中のシーンが一番グっときたなぁ。

フィルムをみんなで見るシーン、おやっさんも、サルヴァトーレも立ったままでしたが、
あの演出は謎だ・・・


クラウディアはえりちゃん。 もう、このくらいの役ならなんなく・・・という感じでしょうか。
逆に物足りない感じがするくらい・・・。 
えりちゃんは、最後の長のご挨拶がすごかったですね。
前回は、キチっとしてるけど、なんか味気ない感じだったんですけど、
今回は、前回にも増してめちゃくちゃしっかりしてるんだけど、最後に感極まって
しまったりして、「あぁ、あのしっかりさは、一生懸命頑張ってるんだなぁ・・・」って
グっと来ましたね。

ペッピーノ(蓮水)のもんちも、いいお芝居しますよね。前はかわいいかわいい感じで、
結構顔芸込みの勢い系だったけど、 しっとりした・・・というか、落ち着いたお芝居の時に、
ものすごく男らしくなってきました。
奥さんのジーナ@花音をそっと気遣う風情とか、見てるとホワンとあったかくなります。
ランウェイで、りくくんの次に出てきたんですけど、めっちゃイケメンでびびりました

ジャコモ(十輝)のみなとくんは、さすがに持ち味が違っていて大変だったかなぁ・・・
悪役はいい経験になるでしょうが。 後ろのパネルが悪そうでかっこよかったです

ヘンリー氏(悠未)は美月くん。一生懸命、大きさとくどさ(笑)を出そうとしてましたね。
彼女もランウェイのメンバーでしたね。 あとひとりは、かけるくんだった

フランク(春風)はじゅまくん。 上手い人なので安心してみていられますけど、もうちょっと
軽めなアメリカンな雰囲気が出ても良かったかも。

チェーザレ侯爵(鳳翔)は、まっぷー。 あったかい持ち味の人で、凛とした大ちゃんとは
ちょっと違う雰囲気の侯爵になってましたね。 どーしてもスタイルを比べてみてしまうので、
その辺はつらいですね。

パメラ(純矢)は、前回ヒロインのありさちゃん。仕事の出来る雰囲気はよく出てました・・・が、
あんまりしどころの無い役なので・・・・

ジョルジオ(凪七)は、春瀬くん。なんか初めてちゃんとセリフ声を聞いた気がするんですけど、
とってもハスキーな感じなんですね。スタイルもいいし、おもしろい男役さんになりそう。

ジュリアーノ(寿)は、星月くん。しっかりしたお芝居をする人なので、役に合ってました。
銀ちゃんの時から、何気に好きな人です

ヒューストン夫人(鈴奈)、もあちゃんでした。本公演では無い奥さん紹介が
ヘンリーさんからありましたね。ミーハーな感じは良く出てたと思います。

シルヴィア(すみれ乃)は、花乃ちゃん。ちゃんと色っぽいお芝居が出来ていて、
ちょっとびっくりしました。セリフもしっかりしてたし。
ただ、かわいい人なのに、雰囲気が老けて見えたので、そういう部分はまだまだ
磨かないといけないって感じでしたね。でも、彼女も伸びてきそう・・・

パンフに主な配役で載ってる人は以上なんですけど、そのほかでは

テレビ局チームの若手くんたち。
ジェフ(七海)がまりなちゃん、マシュー(蒼羽)和希くん、ポール(星吹)秋音くん
みんな、若手らしく、楽しそうにやってたのがいい感じでしたね。

いちくんがやってたバイヤーが、ももちになってましたけど、
キツめな感じがとっても合ってて、セリフが女言葉になっていても
違和感なく、キレものって感じでした。 

あと、職人チームで、インタビューを受けるのが、じゅまくんの役が、
真みやちゃんになっていたんですけど、とっても良かったですね。表情もイキイキしてた

女職員(藤咲)が、彩花ちゃんでしたけど、彼女はえりちゃんほど硬質な役作りではなく、
でもキチンとした職員っていう雰囲気がありましたね。

あと、てんれーくんが、ちや姉のやってる政治家とCMディレクター、あと、タマちゃんのやってた
酒場の歌手もやっていて、大活躍(笑) 政治家では、おさえ気味ながら、てんれー芝居で(笑)
あんまりスピーチって感じがしなかったのはアレでしたけど

それと、やっぱりコーラスはたとえ新人公演でも文句なし。
どの場面もとても良かったです!!!


・・・・・と気が付いたら時間が なんやかんやと、勝手な目線で書きましたけど、
ほんといい新公だったと思うので、もし東宝で見るチャンスがあるなら、ぜひ!とオススメしたいです

新公メンバー、ほんとお疲れ様でした



ではでは。

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。