スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宙組新人公演感想



昨日は、本公演を観てから新公を観劇でした。

バウでは雪組の梅芸の制作発表だったんですね。
劇場前でポスター柄のうちわがもらえて、ラッキー!みたいな

あ、今、NHKにキムミミがでてます。 2人ともかわいい~
でも、2人ともアイメイクが濃い目で、キムくんが男役さんというより、きれいなお姉さん。 

  P1250912.jpg
P1250914.jpg P1250934.jpg
 


さて、新公感想ですけど、
なかなか良い新公で ますます宙組が頼もしくなりました

あ、毎度のことですけど、かわいい宙っ子には基本、甘甘ですからね
「いいとこ見つけよう」目線です(笑)




いちくんたち達者なメンバーが多い学年が抜けちゃって
さらに日本物で、役名のある役も少ないし、どんな風になるかなぁ・・・と思いましたけど、
下級生たちの成長がよく見える新公だったと思います

それぞれの実力もきちんと見せられてましたし、
新公らしい若さでよくなった場面もあったりで、見ごたえありました。

特にハプニングも無かったですし、舞台も客席も最後までいい緊張感で、
お芝居が進んで、なんかとってもいい気分になれた新公でした。

演出的には、大きな変更点は無し。
大阪ロックのオチとか、茶々と疾風のやり取りの場面の動きとか、
細かいところはちょこちょこと変わってたくらいでした。
 

まず、2度目の主演、愛くん。

やっぱり麗しいです、この人。 もともとそのスタイルに堕ちたワタクシですが、
今回もため息が出るほどで・・・・。 あぁ、やっぱり好き
(カツラがもう少し自然になじんでたら、“極上”だったと思うわぁ~。)

特に牢獄の場面のあの衣装と無精ひげ姿の美しさったら・・・・

牢獄の場面のビジュアルには、かなり期待してたんです。
シュトラッサーのときに、想像以上にヒゲが似合っていて、クラクラさせられましたからね

関が原の鎧兜姿も、まさに宝塚!

演技は、歌や声にまだ問題はあるけれども、前回よりの成長はちゃんと見えるし、
丁寧に気持ちをこめて演じているのは伝わりますし、
何より、ちゃんと真ん中に集中させられる力があるのがいいです。
あ、いいなと思うシーンはいろいろありましたけど、
特に牢獄~処刑までのシーンは素晴らしかった。
「なぜ自害しなかった!」と責める正則をにらむ時の目力も、その後の茶々とのやり取り、
茶々が去った後の、処刑されるまでの間の緊張感はしびれました。

「誰鐘」のときも、ラストシーンが素晴らしく、周りが号泣していたのを思い出しました。

新公でありながら、あまり若さをぶつけられるような役では無い役が続いてますけど、
彼女のような立ち役タイプは、こういう経験はものすごく大きいはず。
まだまだ若くて、これからいくらでも成長していくんでしょうし、今のうちに経験を積んでおけば
コレ!という役に巡り合った時に、すごい確変を起こすに違い無い!
おばちゃんは、もう未来が楽しみで、楽しみで仕方ない(笑)

そして、最後のご挨拶では、はんなりした愛ちゃんに
今回は、涙は無くて、かわいらしくも、しっかりしたご挨拶でした。


相手役は、初ヒロインのありさちゃん。同期コンビとなりましたね。

抜擢の初ヒロインが日本物で、それはそれは大変だったでしょう・・・。
でも、その歌の上手さはよくわかってましたし、(今回のショーの歌は素晴らしい!!)
お芝居も破綻なくやってくれるとは想像してました。

最初こそ緊張していたみたいで、すこしセリフが走ってましたけど、
芝居が進むにしたがって、落ち着いてよくなってきましたね。安心して観ていられました。

歌も銀橋ソロは緊張が伝わってきましたけど、あれだけ歌えれば問題ないです。
愛くんとのデュエットも良かったですし。

でも、北ノ庄から助けられた後の、三成との銀橋での掛け合いながらのデュエットって、
難しい歌なんですね。さすがにあそこは、本役さんの上手さを実感しました。

彼女は、声がいいですね、セリフもとっても聞き取りやすいし。
とても娘役らしい声というか。いい響きをするんです。
最近の娘役さんの声って、変にアニメ声だったり、あんまり響かない声の人が多いから・・・・

課題は、やっぱりお化粧かな。かわいらしい人なのにちょっと良さが消えてたかも。
子役もやるし、そのまま大人もやるし・・・で難しいでしょうが、もっとかわいくなれそう。

眉間にしわが寄るような表情が多くて、少し表情がとぼしく見えたのも残念。
華が先に出てくるタイプとは違いますけど、実力は問題ないし、
東京までにまだまだ伸びてきそうで、こちらも楽しみ


疾風は、りくくん。
どちらかというと、陽タイプかな・・・と思うりくくんが、陰の忍びをどうやるのか・・。

これが、とっても良かった!さすがにテル氏のような妖しい雰囲気は出ませんけど、
身のこなしも忍びらしくて、いい意味での存在感がありました。
あ、この場合、「それって、忍びとしてどうなの~?」は抜きです(笑)

2番手のおいしい役をちゃんとものにした感じでした。
同期で、ガッチリぶつかるお芝居出来たのも良かったんでしょうね。
観ていておもしろかったんです。この2人。

ビジュアルもよく似合っていて、友人たちがもれなく「りく堕ち」致しました(笑)

セリフ回しがすごくしっかりしていて、声も良くて、ほんと成長しましたね~。
歌は、歌い始めるまで正直ドキドキしましたけど なんとか乗り切りました。
最後、死ぬところは少し力が入りすぎてた気もしますが、それでも充分。

一番驚いたのは、あのりくくんに(失礼)、色気が出てきてたこと
北ノ庄での、「気を持たせよって」のセリフを聞いたときに、なんかドキっとしました。

で、さぎりとの絡み、さぎりのえりちゃんの色っぽさと相まって、
正直、2人の場面は、本公演より、しっくり来てましたね。

なんか、この主要な3人が、東京でさらにどうなるのかだけでも、
ものすごーーーく観にいきたい気分です。


七本槍の面々。これがまた、ビジュアルがもれなくいけてる!!
セリ上がって来て、ズラっと並んだときに、正直、びっくりした。さすが宙組!!!

チラっと聞いたところによると、みんなかなりお化粧は研究したみたいで・・・・
いいんですよ、それで。だって、お芝居どうの・・・って役じゃ・・・な・・・・以下自粛。

特に、福島正則@あっきーの青天の似合いっぷりったら!!
切れ長の目元も日本物によく合ってますし。
もちろんスタイルも良いので、衣装もよく似合ってました。

動きがもう少しドッシリくると抜群なんですが・・・いや、でもとにかく美しかった。

武闘派というより、知的な武将に見えましたけど、牢獄で三成とのシーンは
最後、去るときの演技が素晴らしかったです。

加藤清正@かけるくんも、これまたヒゲも似合って意外なほど(ごめん)男前で。
豪快な武将の雰囲気もよく出てました。

大阪ロックでも、いい感じにはじけていて、奥さんのりりこちゃんとのちょっとした
やり取りもかわいくて、笑わせてもらいました 

まさちゃんの加藤嘉明は、じゅまくん。やっぱり上手い。
彼女もすごく声の通りがいいし。 “かわいい”から、かなり“かっこいい”になってきたし

みーちゃんの脇坂安治には、もんちが。
総髪で、目元をかなり切れ長にメイクして。ビジュアル頑張ってました。
お芝居は安心して見てられるしね~。

大ちゃんの平野長泰には、美月くん。正直、最初誰かわからなかったくらい、
イケメンになっていてビックリ。いいことじゃー。
セリフもはっきりしていて、ちゃんと男役になってますもんね。

ちーちゃんの糟谷武則は、りおくん。私、りおくん好きなんですよ、かなり。
「銀ちゃん-」の時から、注目株で。お芝居好きなんだろうなぁって思うんですよね。
「記者と皇帝」でもちょっとオネエなスタイリスト?頑張ってたもんね。
かなりイケメンだと思うんだけど、スタイルのバランスがちょっと悪いのが残念なんですよね・・。
(今回、隣にみなとくんがいることが多かったから余計にね・・・
それでも、貴重な若手戦力だと思います!!

カチャの片桐且元には、この公演、あちこちで「かっこよくなった!」と聞く、
桜木みなとくん。 はい、ほんとにきれいでしたね~。 男っぽくなった。
あちこち見ていて、「あ、きれい」と思うと、みなとくんでした。
お芝居もちゃんと出来るしね~。いつか真ん中で・・・・

今回、七本槍といえば、「大阪城ロック」の場面が一番の見せ場でして・・・
本公演の方では、ぶっちゃけ「なんで、この人たちがこんなこと・・・」って
毎回悲しくなる場面なんですけど、新公では、ちゃんと「見せ場」になっていて、
「あら、こんなに楽しい場面だったのね」って、素直に笑えて盛り上がれました

ま、でもその大部分は、弾けまくったりりこ嬢が持っていったんですけどね(笑)

りりこちゃんは、ちや姉がやってる清正の妻。ビジュアルも忠実に・・・ハハハ
何か吹っ切れたように、踊り狂い、ボケたおすりりこ(笑)
踊りながら、清正のおなかに、強烈パンチ入れてましたから

ロックの最後、「こんなお城が私も欲しい~」のところで、一人前に出てきて、
長美声のソプラノソロで、「欲しい~~~~!!」を

客席大爆笑!もちろん、上級生も大爆笑! りりこ、お見事!

他の奥さんたちも、本役に負けず劣らずたくましくて。

まなちゃん@あっきー嫁、えびちゃん@美月くん嫁、くるみちゃん@もんち嫁、
みこちゃん@りおくん嫁、かなりちゃん@みなとくん嫁、れいちゃん@じゅまくん嫁。

セリフ自体はあんまり無いけれど、みんなしっかり役になってました。
特にまなちゃんは、歌もいいけど、芝居もいいんですね

あの場面の最後のオチ、本公演ではカチャが「何ゆえ茶釜なのだ?」って言ってる
よく意味のわからんやつは、カットになってました。
で、その前のオチと産気づくやつを重ねたオチになってました。
うん、あれならまだ笑える。
本公演の方のカチャのセリフの意味って、結局どういうことなの?
いまだにわからないんですけど・・・・
客席も、一瞬「ポカーン」ってなるよね どなたかわかる方、教えてくださいm(__)m


さぎり@えりちゃん。 何せ、コスプレクイーンですからねぇ(笑)
忍びの衣装が楽しみだたったわ~。 (←オッサン注意)

幕開きの登場、センターで踊る姿から、美しかったです。
本公演の女童より、やっぱりああいうほうがよく似合う。

忍び姿になって、疾風とやりあうところの身のこなしも良かったし、
前にも書きましたけど、疾風との絡みは、色っぽくて、ドキドキしちゃいました。
(・・・・テルえりで観てみたかった)

やっぱりえりちゃん上手いなぁ・・・って思いましたね。
えりちゃんのおね様も観てみたかったかなぁ。

今回、すみ花ちゃんは出てないから、新公の長でご挨拶がありましたけど、
しっかりしたご挨拶でした。さすがに緊張はしてたんでしょう、ちょっと早口でしたけど。

たつの@うららちゃん。 宙の貴重な美女枠です(笑)
前回の新公とか、みっちゃんバウとかでどんどん前に出てくるようになって、
今回はセリフが一番最初にある役でしたけど、予想以上にしっかりしていて、
ちょっとうれしくなりました。
彼女の意外に落ち着いた感じのセリフの声とか好きですね。
歌はどうなんだろう? どんどん使って、成長させて欲しいです。
背が高いですけどね、合う相手役さんがいれば・・・・


市@れーれ。
ゆっくりしっかりセリフを言うようにして、かなり落ち着いた役作りしてましたね。
なかなか貫禄も出していて、良かったと思います。
役としての出番が無い分、弁財天とか、カルマダンサーとかで出てましたけど、
なんだかとっても楽しそうにやってる感じが見ていてかわいかったです


秀吉@まっぷー。
難しい役、しかも老け役を頑張って挑戦してました。
声が若いのは仕方ないですけど、本役さんの秀吉があんまり好きじゃないので
可愛げがある分、私的にはOKでした。


おね@ももち。 
これも大変な役で・・・。見た目がどうしてもかわいくなってしまう分、
セリフをキツめに言ったりして、ちゃんとももちのおね様にしてたように思います。
歌も銀橋ソロも、出足は固い感じでしたけど、歌いながら乗っていけたみたいでした


家康@てんれーくん。
こちらも、グっとトーンを押さえて、貫禄を出すように頑張ってました。
セリフとかであまり色々出せない分、眼力で責めてましたね

五奉行の三成以外の4人(春瀬、七生、実羚、和希)は、近習とか武将とかでも出てましたけど、
見た目はかなり良かったです。 とくに、七生くんは、きれいでしたね。


主な役っていうとそんな感じだと思うんですけど、
役名の無いような役、領民の男女とかのお芝居でも、みんなセリフがしっかりしていて、
新公っぽい拙さを感じませんでした。 今回はその手堅さが作品とあってたと思います。

バーンとはじけるとか、かわいい作品も観てみたいんですけど・・・今の宙じゃちょっと無理かな

あと、ほんとに歌が上手い子が多い。

女童コーラス(愛白もあ、夢涼りあん、彩花まり、美桜エリナ)も、本役と変わらないほどの
歌声だったと思いましたし、りりこちゃんの弁財天のソロは、瀬戸花まりちゃんで、
こちらもなかなか聞かせてくれました。

山伏のソロは、トニカくんが。他にも色々歌で頑張ってました。

カルマダンサーのダンスもみんなよく踊れてました。
あのシーン、三成の赤い打ち掛けの右袖が通ってなくて、
ちょっと踊りにくそうだったけど、ああいう場面だったので、あんまり目立たなくて
良かったです。


娘役には歌の上手い子が多くて、男役にはビジュアルの良い子が多い。
新公学年にありがちな、もっさりしたスタイルの子がほとんどいないっていうのは
スタイル重視の自分にはうれしいことだったりします。

新公が無事に終わって、明日からの本公演でまた色々進化するかなぁ・・・とか
次の観劇が楽しみであります


ただ、次の新公は、もうちょっとたくさんの人に役があって、お芝居でしどころが多い作品が
見てみたいなぁ~。

あ、それは本公演もか

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011.06.08 (Wed) | # | | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011.06.08 (Wed) | # | | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011.06.08 (Wed) | # | | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011.06.09 (Thu) | # | | 編集

Riさま☆☆

あはは、忙しくて睡眠不足気味みたいですね。
あんまり無理しないでね。気候も変だしね。

宙組愛を燃え滾らせて、次の使命につきすすむ貴女が好き(笑)
団体さんで観劇する日を、待ってますぞ(^_-)v

2011.06.09 (Thu) | れお #- | URL | 編集

Toさま☆☆

お疲れちゃんでしたv( ̄ー ̄)v 大丈夫、一緒に興奮してたから(笑)
同期がいいライバルって見てる方は楽しいよねぇ。
まわりも見どころいっぱいだしね。

DVD、お気に召していただいてよかったです。
ゴールデンコンビですからね。ある意味。
次は語り合いましょうぞ。 週末、ガンバレッ!!!

2011.06.09 (Thu) | れお #- | URL | 編集

Shoさま☆☆

はい、良かったですヽ(^o^)丿
私の周りもみんな、りくくん堕ちしてました。
いや、かっこよかったですよね、ほんと。
えりちゃんとの絡みもいい感じにエロかったです(笑)
あの衣装に関しては、私も同意見です(笑) 

センスの良いケース、どんなんでしょう。
あのセンスが良いと、なんかテンションあがりますよね(^_-)-☆

宙はお歌はほんとレベル高いですよね。いいことだ(^^)


2011.06.09 (Thu) | れお #- | URL | 編集

haさま☆☆

はじめまして。コメントありがとうございます(^^♪

あそこ、ほんとによくわからないですよね。
皆さん、色々悩まれてるんですね(^▽^;)
「茶釜」で「たぬき」っていうのもありますよね、確かに。
でもなんだかスッキリ笑えないですよねぇ、わかりにくくて。

わざわざ一瞬シーンとなってから言うセリフなのに
意味がわからないって・・・(-_-;)
やっぱり、カチャか大石先生に聞かないとダメでしょうかね(笑)

どうぞこれからもよろしくおねがいしますm(__)m

2011.06.09 (Thu) | れお #- | URL | 編集

NHKに雪組トップコンビ出演してたんですね、地上波だったら見たかったです。番組名は何でしたか?

2011.06.09 (Thu) | kaz #- | URL | 編集

kazさま☆☆

NHKの夕方の関西ローカルの番組で、「あほやねん!すきやねん!」
という番組でした。
宝塚講座みたいなことをして、ポーズをとったり、
H2$の制作発表の映像を見て、デュエットを歌ったりしてました。
常にみみちゃんが、キムくんを見つめていて(^^)
明るくて、とにかくかわいい2人でした。

ちょっと写真あげときました(^_-)-☆

2011.06.09 (Thu) | れお #- | URL | 編集

 関西ローカルなんですね。美海ちゃんのアップはあまり見たことがいので写真UPしてくださりありがとうございます。

2011.06.10 (Fri) | kaz #- | URL | 編集

kazさま☆☆

はい、関西ローカルの生番組でした。
みみちゃん、普通にかわい子ちゃんでいいですよね(^^♪

2011.06.11 (Sat) | れお #- | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。