スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お稽古場情報@宙

きましたよん。 組長大空氏のお稽古場情報。

なんでしょう・・・・・ショーに期待します!(えぇっ、いきなり


あとは続きに。

お芝居は、お稽古が始まって、一回通しをしたそうです。

祐飛さんは、大石先生と話してみて、、
「宝塚で見せたい場面、宝塚ファンが見たい場面、シュチュエーションみたいなものを
 すごく先生自身の中にいっぱいあって、宝塚・男役が大好きなんだなぁ・・」
とうれしかったって。

これ聞いたら、期待していいのかなぁと思うんだけど・・・


で、一回通してやってみて、すっしぃさんは、
「なんだろうね・・・ゆうひちゃんに・・・・・石田三成はこんな人だったんじゃないかなって

「またまた、またまた、組長、そんなこと言って(笑)」

「ほんとに、素敵だったのよ!昨日の通しで。」

「昨日の、たどたどしい(笑) セリフが日本物だから難しくって・・・」

って、やっぱり細かいところのセリフ回しに苦戦しているみたいですね。


音楽@大島ミチル先生がとってもきれいだそうです。主題歌は、「美しき人生」 
美しくて、せつなくて・・・・大きな曲なので、ごまかしの聞かない歌だと。

かと思うと、イシダセンセならではの戦国ロックも入ってくると。
時代劇とマッチしてくる・・・・って言いながら、2人とも半笑いなのが気になりますけど

ちょうどいいバランスで、肩の力を抜いて見れる場面が入ってくるそうで・・・
特に、みっちゃん率いる七本槍宙組のパワーあふれる面々が・・・って。 

コミカル担当っていうわけでは無いけれど、三成がいっつも苦悩しているのに対して、
ドラマ的な意味でも、役割分担としても、対極だと。
で、最終的には、みんな家康@すっしぃさんについてしまうと。 

いや、だから、2人とも、なんで言いながら、笑ってるのよぉぉぉ
やっぱり、シュララっぽいのだろうか・・・・そういう扱い??  

覚悟はしておくわ・・・・


そして、今回から宙組生となった、テル@疾風のこと。 すっしぃさんは、「リカちゃん」って
なんか、ゆうひちゃんとか、リカちゃんとか組長さんが「ちゃん」で呼ぶのってかわいいね(笑)

疾風は、祐飛さんいわく、「ストーカーですねあれは(笑)」  あ、やっぱりね(笑)

茶々のストーカーで、いっつもラブシーン覗き見されているという
初めてお芝居を一緒にしたけれど、「不思議なシチュエーションから始まって(爆笑)」って。

なにそれ(笑) なんか激しく気になるやん


最終的には、三成疾風には唯一の男の友情が芽生える。
秀吉@未沙には、完全な忠義茶々と同じくらいの忠義だそうです。

大石先生孤独に描きたかった三成は、小姓さえ連れていなくて、
いつもなら、七本槍とかが仲間なんだけれど、今回は全員に裏切られる、
そんな中、唯一、疾風とは、茶々への愛を通じて、友情が芽生えると。 そこが見所だそうです。

美穂姉さんおねは、かな~り強いキャラクター。せつない歌声も聴けると。
で、秀吉さまは、三成をビシバシいじめてるそうです。

ま、お芝居の話はこんな感じ。

やっぱり想像通り、ゆひテル絡みがメインぽいですね。
あんまりすごい合戦シーンとかは期待出来ないみたいですな・・・・。残念。

ドラマとしては、いいものが来ると思ってるんですけど、
やっぱり贔屓の出番とか組子の活躍っていうのは重要ポイントだし・・・。

天敵イシダセンセっていうのもあるので・・・、とりあえず期待値は低め設定で行きます。
幕が開いてから、ガンガン上がっていく!という状況を祈ってます。



それでも、今回は、ショー! があるのよね

お稽古的には、プロローグがついたところみたいですけど。

中近東をイメージしたショーということで、神官たちのコーラスが、たぶん開演ナウンスにかぶって
聞こえてきて・・・・・ゆひ、すみ、テル遺跡のように、のようにセリあがってきて動き出すって
いうところから始まると。
ゴージャスで、祐飛さんは、「クリムトの絵」みたいだな・・・と思ったらしい。
というと、ちょっとゴールドっぽいイメージなのかな?

祐飛さんは、今まで、やったことが無い始まり方だそうです
 
いきなりのセリ上がりっていいなぁ


そして、そこから、宙組全員の顔が見えるプロローグ!

最下級生まで活躍していて、いきなりプロローグから全力でいくぞ!!という感じだそうで、
祐飛さん、「すごい楽しい、ワクワクしてきました。」って。
組長も、 「歌詞もそうだけど、これから蘇って、旅が始まる、ショーが始まるっていうのと・・・」って。

あぁ、やっぱりショーはいいよねぇ(感涙) 

組ファンとしては、「全員の顔が見える」とか言われると、たまらんです


中盤の盛り上がるところ(おそらく中詰めでしょう)は、最近よくテレビでお見かけする、
名倉先生の振り付けだそうです。 祐飛さんは、久しぶりで楽しみって。

そして、その後は、BOY先生! 
苦悩の末・・・っていう感じで、激しそう!なんだって テーマは「祈り」

今、祈りっていう場面はいろんな思いをかけて踊れるんじゃないかって。

思いっきり激しいのがいいなぁ・・・・シャングリラ再び!!


プロローグとフィナーレは、御織先生、若央先生がビシっと決めてくれるって。
私的には、出来れば、男役のところは、御織先生がいいなぁ・・・・

すっしぃさんは、稲葉先生の話を聞いていても、「やる方がワクワクしてきて、
最後は宝塚の男役ならではのフィナーレナンバーだったり、ちょっとコミカルな場面が
あったりで、色彩もすごくきれいなショーになりそう」
だって。

稲葉先生、「全員のいろんな顔を見せられるショーにしたい!」ってはりきってるそうで・・・。

稲葉っちーーーー!!期待してるからねーーーーー!!!

私は、『Carnevale 睡夢』が、結構好きなショーだったので、楽しみにしてるんですよねぇ。
 

これからちょこちょこと情報が出て来るんでしょうけど、
あと一ヶ月かぁ・・・・早く、宙組に会いたいっ!!!

Comment

はじめまして。

はじめまして。僕は三重県内在住の20代です。はじめてコメント書かせていただきます。いつも楽しくブログ拝見しています。宝塚を本格的に知るきっかけは陽月さんの新聞記事でした。そんなわけで、ファン暦は2年弱です。情報は、れおさんのブログを通して知ることも多いのでありがたいです。これからも情報をお願いします。それと、ブログの内容を見ていて、もしかしたら三重県内あるいは近辺に在住されているのでしょうか?

2011.04.19 (Tue) | kaz #- | URL | 編集

kazさま☆☆

はじめまして。コメントありがとうございます。
・・・って、20代の男性で宝塚ファンとは!!すばらしい!
しかもきっかけが、ようこ姫の新聞記事って・・・ブラボーーー!!
姫の美しさにクラっときちゃったのでしょうか??

興味深々、聞いてみたいことが色々です(笑)

で、私、紛れも無く三重県在住でございます(笑)
三重の方ならおわかりだと思うのですが、近鉄沿線の一番関西寄りでございます(^_-)-☆

これからも、ぜひよろしくお願いいたします(^^♪
いつでも遊びに来てくださいませませ!

2011.04.20 (Wed) | れお #- | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。