スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満喫。


観てきました。星中日。

最初にアホなこと叫んどきます。


ちえてる解散 反対~~!(`◇´)ノ

な~んて思うくらい、いいわぁ、あの2人(≧∀≦)

何やってても、じゃれてるように見えるのってどゆこと?(笑)


これ、DVD購入決定ヾ(^▽^)ノ


「愛短」は初演に思い入れとか無い分、単純に楽しみました(^o^)おもしろかった。


「ル・ポアゾン」は、幕開きは懐かしくて、胃がキュンキュンしたんですけど(笑)
進むうちに、「これは別物」って感じが強くなりました。

いや、悪い意味ではなく、新しい「ル・ポアゾン」なのです。星組の(*^_^*)

やっぱり?れおんくんだと、耽美にはならないなと(笑)


特に中詰め、ジゴロのシーン。うたこさんのジゴロは、本当に色っぽかった。
まぁ、男役の集大成、円熟の極みでしたからね(^・^)


それと比べると、れおんくんのジゴロは、なんとも健康的(笑)

かっこいいんだけど、次々に女の子を身も心もメロメロにしてるようにはちと見えんかった(^^;)
ねね一筋やろ!って感じ(笑)

力一杯、思いっきり踊ってるのが可愛くて、ニヤニヤしてしまった( ´艸`)

かけ声もオラオラで、思いっきり星組やし(笑)


逆にテルくんは、なんともエロい(笑)
女役のしーらんとの絡みは、ヤバい(〃▽〃)

あの人絶対に隙あらば、女の子の耳元で口説いてるはずや!(笑)


個人的に、指名するのは、テルくんでお願いしますm(_ _)m


「アンダルシアの孤独」は、かっこよかった~!

ちょっと振り付けとか変わってましたけど、ちゃんと光と影だった!


フィナーレのれおんくんの歌い方のハードなアレンジが、
星バージョンの「ル・ポアゾン」を象徴してました(^_-)


あぁ、楽しかった~~!!

10日後、また行ってきます(。・_・。)ノ(えっ?)



さ、今から、陽水コンです!
電車の中、あったかくて眠いです(^^;)

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。