スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚プルミエール@ゆみこサヨナラ特集。


衝撃だった。 はじまりが。

退団後のゆみこちゃんへのインタビュー。  白シャツon白パーカーの君


いきなり『彩吹真央 退団を決めた訳』


 「やめようと思った・・・・・・・(ちょっと宙を見上げて考えて)

  トップになるという夢を叶えることが出来ないという現実がわかったときに、卒業しよう・・・。

  そして、卒業時期としても、春にこの世界に入ったので、春に卒業できたらいいなと思っていたので、 
  この時期に卒業しようと決断をしまして・・・。」


一言づつ噛み締めるように話すゆみこちゃん。 目が少し潤んでました。

わかってた。わかってたけど、本人の口から聞くのはやっぱり胸が苦しい。
 どんな状況で、「トップになれない現実」を知るのだろうか・・・。


ナレーションのとうこさん。 

 「私にとっては、下級生時代、雪組時代一緒に育ったかわいい後輩。
  はじめて聞いた彼女の歌声は今でも耳に残ってます。
  走り続けた16年を彼女が振り返ったときに出てきた言葉は「ありがとう。」
  今、彼女の思いに迫ります。」

ゆみこちゃんへのインタビュー。 過去のいろんな映像が後ろには流れてます。

 「人に夢とか何かを与えることがやりがい、生きがいと入る前から思っていて、
  その最たるものが宝塚に入ることだったので、夢が叶ってよかったです。」

 「やはり組替えがターニングポイントだった。雪組5年間いて、花組に組替えになって、
  スターばかりで、7番手、8番手、9番手くらいで。 舞台上で競うということを学びました。
  稽古場から、舞台の上でも、それはそれは濃い時期を過ごしたなと。
  そして、もう一度、雪組に戻ってきたこと。新たな希望とか、夢とかを抱えて来たので。
  2回組替え出来てよかったですね。」

そして、初舞台の頃からの映像を見て、色々と感想を。
とっても、楽しそうに昔の映像を見て、爆笑しながら、感想を言ってました。かわいい~
とうこさんのナレ&ツッコミもちょこちょこ入りながら

 
そして、とうこさんから、ゆみこちゃんに優しい声のメッセージ。
 
 「雪組時代、ともに歩んだ下級生時代。私のバウ初主演も彼女と一緒。
  語りつくせない思い出がたくさんあります。

  今、本当に、本当に、ゆみこのことを誇りに思っているよ。」

それを聞いたゆみこちゃん

 「うわ~。 泣くとこですね・・・。ありがたい、うれしいです。」 といいながら、本当に泣いちゃいました。

  「雪組の下級生時代、私はとうこさんの背中を見て、育ってきたなと思います。
  その時から、安蘭けいさんのトップを私は支えたいと、思ってましたね。
  いつか安蘭けいさんを、こうやって(フィナーレの最後) 迎えるときがくるんだろうなと思ってましたからね。
  それぞれ組替えして、それは叶わなかったですけど、とうこさんが星組でトップになられたときには、
  すごくうれしかったですし。 なので、私が卒業をご報告した時には、「待ってるで~」って言ってくださって、
  なので、そう言っていただけるのが、すごくうれしいですね。」


そして、改めて、 「卒業について。」

 「私の中では、宝塚のトップになるというのが最終的な目標でもありましたので、
  卒業を決める・・・・・・・・・・・そこまであきらめてなかったし、ギリギリまで。

  けれども、トップにならなかったという事実だけで、それ以外のことは私は叶ってるんですね。
  もちろん、ファンの方々が悲しまれるだろうな・・・っていうのが、一番悩み・・というか、
  気になっていたことですけれども、実際,卒業間近に、皆さんが最初のさみしい顔から、
  だんだん笑顔になっていただいてるなぁ・・・っていうのも感じるので、
  でも、こういう無責任に言っちゃうと、
  「そうじゃないんだよ、さみしくて、悲しくて・・・」っておっしゃると思うんですけど、
  もちろん、その気持ちは、わかってる、わかってますけど、でも、皆さんと歩いてきた道というのは、
  華やかで、夢のような世界で、一生消えないものなので、もう、『感謝』の一言ですね。」

素直にまっすぐに、少し微笑みながら心を込めて話すゆみこちゃん。 本当に素敵です。

ゆみこちゃんにクエスチョン。

 「宝塚人生を漢字一文字で。」  『夢・・・入りたいというのと、宝塚は夢の世界だから。 』

 「彩吹真央に一言」  『良かったね~、幸せだね~、いい人生送ってるね~。』

 「ユミコに一言。」  『良かったね~(笑) 宝塚入って良かったね~ 。』

 「娘ができたら一緒に観劇する?」 『見せると思いますが、娘さんどころか、息子さんが出来ても。
                        でもその前に、いいお相手を探さないと(笑) がんばります!』

 とうこさんも、「まずそこだね~」って(笑)

 「これからしてみたい女性らしいことは?」 『ネイルとか、きれいにしてみたいな~って。』

 「関西のファンに一言」  『もともとは関西ですから、関西魂は忘れてませんよ。 おおきに

 「ファンはどんな存在?」 『親心で応援して下さってる方もいれば、恋人のように愛して下さる方もいて。
                  皆様が宝塚の人生の中での伴侶というか、ありがたい存在でした。』



そして、千秋楽の様子が流れて・・・最後にもう一度、ファンの方へ

 「この道は私にしか歩けない道だったと思いますし、その道を歩かせていただいたのも
  皆様のおかげだと思っております。 その気持ちが伝わったらいいなと思っております。
  本当に長い間、ありがとうございました


ひさしぶりの、ゆみこスマイル。 うれしいけど、せつない気持ちも。 胸がいっぱいになりました。

ゆみこちゃん、改めて、素敵な笑顔を、『ありがとう』  これからも頑張って!



この後、宙組コーナーで、大空、蘭寿、北翔のトーク。
盛り上がっていて、おもしろかったですよん

舞台映像もスカステとは違う映像も映りましたし。
大好きなハーディさん「愛するもののため!」のセリフのところとか、
「VICTORY」を歌ってるのも少し聞けました


さて、今日からW杯ですね。

あんまり盛り上がってない・・・といいつつ、 結局、いろいろ見てしまいそうだわ~。

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.06.11 (Fri) | # | | 編集

ありがとうございます

レポして下さってm(__)m

泣いちゃいますね。
最近は涙もろくていけません(T^T)

2010.06.11 (Fri) | 騎士 #- | URL | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.06.12 (Sat) | # | | 編集

Saさま☆☆

ちょっとびっくりの内容でしたね。

もう色々考えてしまって。逆に何も語れなくなってしまいます・・・。

ファンの方のことを語るときの、本当にファンの気持ちで語ってくれる
あの姿が、ゆみこちゃんのすべてでしょうね。
だからこそ、つらすぎます・・・。

どうやら、お芝居の出演も決まったそうですね!
うれしいですね! 私もしっかり応援していきます(^_-)-☆

2010.06.12 (Sat) | れお #- | URL | 編集

騎士さま☆☆

泣ける話です。

どんな思い、葛藤があったのか・・・

本人の思い、ファンの思い・・・。

おばちゃんも涙もろくてイカンです(T_T)

2010.06.12 (Sat) | れお #- | URL | 編集

Miさま☆☆

はい!宙パワーで元気にしております!(^_-)-☆

もう、どんな状況で、誰から、いつ・・とか考えると、胸が苦しくなります。

「どうして?」という気持ちしかないですよね。
ちゃんとわかる理由が見えない・・。 
だったら、どうして希望を持たせるような扱いをずっとしてきたのか・・・。

これからの、ゆみこちゃんが幸せであるようにと祈ることしか出来ません。

2010.06.12 (Sat) | れお #- | URL | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.06.12 (Sat) | # | | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.06.13 (Sun) | # | | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.06.13 (Sun) | # | | 編集

Taさま☆☆

どんな思いで「現実」を受け止めたのか・・・
そして、それをどうやって昇華していったのか。
ずっと見つめてきたファンの方の思いも、計り知れないですよね。

ショー・・・見たかったですね(^▽^;)
今回もOPで、みんなが満面の笑みでノリノリなのを見ると、
こういうのは、ショーじゃないと見れないんだよなぁ・・と思ってしまいます。

でも、決まってしまったものは仕方ないので、
ほんと、今を楽しむだけです!!

お茶会、参加していませんので、ご報告うれしいです!
「一生懸命で・・」っていうのがなんかツボです(笑)
そりゃ、とろけますよねぇ。想像だけで、ヤバイです(*/∇\*)キャ

2010.06.14 (Mon) | れお #- | URL | 編集

aさま☆☆

キャリエールは映像で見ました。号泣でした。
サヨナラのCDにもオサさんとの銀橋のセリフ入りで入ってましたが、
それでも号泣しました。素晴らしかったですよね。

ほんとに、水さんにとっては、まさに「相手役」だったと思います。
「マリポーサ-」なんて、特に。

ファンの気持ち・・・どうして、こう真逆のことが続くのでしょう?
おっしゃるとおり、今の状況はその答えだと思います。
こんなのが続くと、これからの人事、作品に期待が持てないですしね・・・。

貸切ご報告、感謝です(^^♪
キラキラしてたんでしょうね、想像できます(笑)
組子のみんなも楽しかったことでしょう!!
まゆさんとの絡みはこの目で見たかった~~!!!!

2010.06.14 (Mon) | れお #- | URL | 編集

Aさま☆☆

ほんとのことなんだなぁ・・と思うと、胸がつまりますよね。

Aさまのおっしゃるとおり、きっと、優しいゆみこちゃんだからこそ、
あえてこの話をしたのかな・・・と思います。

すべての人が納得することというのは難しいことでしょうが、
少なくとも、不信に思うことはこれからありませんように・・・と心から思います。

2010.06.14 (Mon) | れお #- | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。