スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナウオン@宙組大劇

昨日の蘭寿コンのニュース、頂いたコメントが、皆さん熱い!(笑)

でも、楽しみすぎるもんね~ チケットゲットがんばらねば

で、昨日は、悠河さまDSのハイビジョンの放送もあったんだよね~。
ハイビジョンまで見るの我慢してたの(笑)

 美しいものは、より美しく

あのDSの映像、私が観た回のやつだったのね。
ダンナが結構大きく映り込んでて、ウケた 
隣にいたはずの私はチラっとわかるかどうかなのに~。なんかズルいわ(笑)


**********************

今回もおもしろかったわぁ。 ナウオン

 「面舵いっぱ~い!」 「アイアイサー!」  な感じね(笑)


さ、では感想いきますかね。
今回、いつにも増して、あの方に力が入ってますけど、お許しを


*******************

今回のメンバーは、大空氏、すみ花嬢、まゆさん、みっちゃん、ともちんアリスちゃん

パっと見は、落ち着いた感じのメンバーだけど、中身は結構オモローだった


大空氏は、洋服の感じなのかな?女っぽく見えたわぁ。 

すみ花嬢は、いつもながら?髪型に気合いが。でも、もうちょっとスッキリまとめた方が似合いそうだけど。
足は、すっごく細くてきれい。だいぶ痩せたよね。がんばったのね

まゆさんがね~、とにかくめっちゃ痩せててねぇ・・アゴから首にかけてのラインが細すぎっ
さすがにちょっと心配になるくらい。
そりゃ、あれだけ踊ってるからなぁ・・・太れないとは思うけど、しっかり食べて、ケガしないでっ!

みっちゃんは、おっとりいつもの感じ(笑) みっちゃん、初日から思ってたけど、ちょっとぽっちゃりした?

アリスちゃんは、ちょっと顔がお疲れに見えましたけど。大丈夫かな?

そして、ともちんは、爽やかな白シャツの君 誰か、ようこ姫呼んできて~っ!!(笑)
でも、足元はごついブーツで、そこがまたかわいい!(←たぶん、何でもいいんだわさ)

なんと今回、「司会役」を仰せつかったもんで、気合いが(笑) 熱血っぷりが愛しいわ


最初にそれぞれ自己紹介の後、大空氏より、

 「今日の司会は、爽やかな副官!トマス!こと、悠未ひろでございます!」 と振られて、

ともちん、もう満面の笑みで、キラーンってカメラ目線になって、

 はい!このたび!ネルソン提督に司会を仰せつかりました!
 
トマスでございます!」

と、それはそれは気合い入りまくりなともちんに、

周りのメンバーからは大笑いで、「熱い!」 「暑苦しい!」の優しいツッコミ(笑)
それでも、ひるむことなく、

 「このナウオンステージの舵取りをですね、させていただくと言う事で・・・」

と、大空氏から「ウマい!」と声がかかって、アセアセしだして、

 「・・・はい、ということでしてですね・・・・・」


お隣のまゆさんにも、何か言われて・・・・

(※コメントで教えてもらいました 
  まゆさんが、「面舵いっぱ~いみたいなね。」って先に言っちゃったみたいです(笑))

 「・・・・・(ちょっとしどろもどろになって) はい、今から言いますけどですね

その必死でアセアセな様子に、大空氏まゆさんが大ウケで、顔を近づけて爆笑してるの
もう、それがおかしくて、おかしくて。 

ともちんもそれを横目で見ながら、

 「(笑) あの~、いたらない点もあるかと思いますが、その際はぜひフォローのほどをよろしく。」

って、ペコペコしてるの(笑)

そしてまた、おもむろにカメラ目線で大きな声で、

  「面舵いっぱい!!!」 って、真顔で敬礼!

いきなりすぎて、全員、のけぞって大爆笑!

まゆさんが、ノッてくれて、「アイアイサー!!」って敬礼してくれたの~
よかったよ、ほったらかしにならないで(笑)


 とも  「ということで、熱くいきたいと思うんですけども(笑)」 (自覚はあるのね

 ゆうひ 「いや~、もう、(暑そうに手をパタパタして)カっときましたね(笑)」

 まゆ 「す~ごい体温あがりましたよ、今(笑)」


って、もうほんと、のっけから爆笑させていただきましたよ。 ともちん必死すぎて、かわいすぎっ!!
「シャングリラ」の時のちーちゃんの方が落ち着いてたよ (笑)

そして、話は幕が開いてからの感想などについて。

   ゆうひ 「グングン楽しくなってきた。曲に乗せられて進行くしていくのが、舞台に乗って
        どんどん楽しくなってきて、海風を感じるようになってきた。
        “面舵いっぱい!”とか、ピューピューって、私には海が見える。ノッてきた!」

        「愛国心も、正義感もあって真面目だけど、安らぎを求めるところとかは、
        舞台に乗ってしっくりしてきた。」

    
  「頼りになる部下もいて
(ニッコリ)」 

    ともちん 爆笑しながら、無言で大きくおじぎm(__)m 
    無言なもんで、またまたみんなに笑われる

      「稽古場、始まって2、3日は、“頼りないっ!”って。」

    と   「いっつも出番のたびに、ゆうひさんの方が、「こっちだよ、ともちん!」って(笑)
        私、なんかとんでもないとこにいっちゃってて。」

    ゆ   「そう、とんでもない、上(かみ)、(しも)、反対の方にいっちゃてたりとか。
        
 (手招きしながら) こっち!こっち!」

    と   「“頼りないんだけどっ!”とか

       「そう、“頼りないんだけどっ!”とか言ったことにより、ともちんがググンと成長して、
         ある時から
、(サッと差し出すフリ) “ゆうひさん、サーベルです!”

       「“ゆうひさん、こちらです”って(笑)」

    ゆ   「“次はこちらです!”みたいに、熱血副官ぶりをね。発揮してくれたので、
        よりやりやすくなりました」

       「育てていただきましたm(__)m」 

    ゆ   「よいキャプテンとなり(ニッコリ)」


ともちんいわく、上下関係とかが海軍宝塚は似ているところがあると感じていて、
ゆうひさんに鍛えてもらっているのがいい影響で、トマスに生かせているそうです。

大空氏は、自分が直接何かを言う前にともちんが面倒を見てくれていて、次のお稽古場で
部下たちがワっとまとまっていると、頼もしいし、海戦の場面とかみんな生き生きしているのに
つながってると思う。最後はちゃんとキャプテンになってるって

ともちん、そう言われて、すっごいうれしそうに、「そうですか!はいっ!」って
   

飼い主上官に褒められて、うれしそうねぇ。ほんと、ネルソンのこと好きやね~、トマス
一言一言に大きくうなづいて、ニコニコしてるのは、ほんとにおっきいワンコがしっぽブンブンって感じ

なんかものすごく2人の世界(笑) 私的には、期待通りの展開なんですけどね


そして、次はナポレオンに。

まゆさんは、ナポレオンは大きな存在なのでどうしようかと思ったけれど、舞台に行くと空間が大きくて、
お稽古場よりやりやすいそうです。
で、今回のこのメンバーとは、本当に絡んでないって。 うん、確かにそうだよね。

 ゆうひ 「まったく会話してないもんね。」

 まゆ  「ほんとですよね、珍しいですよね。一言も会話を・・・」

 ゆ   「一言もしないよね。珍しいよね。」

    「こんな公演、まず無い・・・」

 ゆ   「そうだよね。ほんとに珍しいね。」
 
    「最後の決戦のシーンで。」

    「にらみ合いだけ?」
  
   「はい、“敗北だ・・・”って去っていっちゃいますから(笑)
     なので、そこに至るまでで、どれだけ大きさとか存在感とかヨーロッパ全土を
     支配しようとする野望とかを表現したいなと思うし・・・。
     あと、ボナパルト家はほんとに個性的な人がいますし(笑)」


 ゆ  「強いね。」

   「強いです。ジョセフィーヌを筆頭に(笑) みんな気が強くて 
     舞台上で火花が、もう、すごい勢いで飛んでるんです(笑) バチン、バチン。
     なのでそのあたりのボナパルト家の強さとかも・・・」

   「ボナパルト家の強さ・・・出てる、出てる(笑)」

   「そのあたりも。」

   「ジョゼッピーナ? 歌手もいるよね?」

 ま  「はい。」

 ゆ  「なんかこう・・・家族じゃないけど、あれは何なの? (えっ?いきなりそれ聞く?(笑))

 ま  「・・・・・・・・愛人です

 ゆ  「愛人なの! 悪(ワル)よのぉ。 おぬしもワルよのぉ(笑)」

   「(笑) ジョセフィーヌ一筋だったのにね。」

   「あんな綺麗な奥さんがいるのに!・・・・って、あたしもか(笑)」

      (みんな大爆笑)

   一緒っ!ちょっと!何を!どの口が今、それを申した!(笑)」

    (大空氏、大爆笑

 
そりゃ、あんたがそれを言ったらあかんし~(笑) しかも、奥さんも愛人もお相手が2人とも横にいるのに~
なんか、大空氏、はじけてるわ~(笑)


そして、話は、エマに。

すみ花ちゃんは、まだ慣れないことが多くて、冷や汗かいたり、失敗したりしてるんだけれど、
(横で、大空氏が、プッて笑ってた) エマは、最初が明るく出るのが大事だと思っていて・・ということで、
毎回、プロローグの終わるときに、袖で、ママ役あおいちゃんと2人で、

 すみ花  (握りこぶしをブンブンしながら) ガンバルゾ!!って2人で。」
 
 ゆうひ  「は・・・激しい(笑) “ガンバルゾ!”って、すごいダミ声で(笑)」  (爆笑)

 す   「もう2人でテンション上げてから舞台に出るようにしてるんです。
     道化師なんですけど、ほんとはさみしくて、ホレイショに心のよりどころを持っていってしまう
     変わっていくところをウマく見せられたらいいと思ってやってます。」


    「あのお母さんと出たら、テンション上がりそうだよね(笑)
      親子の場面、パっとしていて、すごい好きなんだけど。」

 す   「お母さんが本当にパワフルなので、ひっぱられてる感じです

 とも   「はい。」 (←司会の仕切りのお仕事w) 

       「面舵でしょうか?(笑)」

 と    「はい(笑) 面舵いっぱいいきたいと思います そんなエマのだんな様・・・」

 みちこ  「右に旋回しましたね(笑)」

 と    「右に(笑)」

・・・・・って、いいながら、男役陣、みんな揃って、舵をクルクル回すふり。揃ってるんだ、これが(笑)


みっちゃんは、今回は三角関係で・・・・で、カサブランカとは違ったヒゲなんけど、
稽古場で手探り状態だったのが、初日開けて、2日目くらいに「あ・・・」と思って、
だんだん色々見えてきた部分があったので、日々、色んなお芝居に挑戦していると。
言いながら、すみ花嬢とウンウンとうなづきあってた。 なんかこの2人まさに「役者同士」って
感じだもんね。 毎回、色んな色の絡みが出来そう。

 ゆうひ  「みっちゃんさぁ、初日、今までになく緊張してなかった?」

 みちこ  「(大きくうなづいて) いつもなんです!初日。いつも。ひどいんです。
       袖でうずくまってるんです。」

    「そうだったね。今回、それを垣間見て、なんかみっちゃんはそれだけど、
      でも、客席にはわからないよね。」

    「わかるんですよ!ほんとに。最初の登場シーンで絵を持ってるんですけど、
      絵も揺れるし、手も揺れるし。」

 ゆ   「震度3みたいな(笑)」

 み   「ほんと、ひどかったですね。で、このガチガチの芝居に、こっちに行っちゃいけないって
      自分で思ってるんですけど、でも初日は緊張しすぎましたね。」

 ゆ   「今回、みんなね、緊張してたし、その緊張が取れてきた今、全然たぶん初日と違うと
      思うんだよね~。」
  
みんなすごくうなづいてた。緊張だったのかどうかはわからなかったけれど、
明らかに初日3日目では違うお芝居の印象だったし、その後にご覧になって見比べられた方も
「同じお芝居だとは思えないほど違った。」ってコメントしてくださってました。

 ゆ  「(みっちゃんに)どんどん、楽しくなってきました、対決が。」

って、いいながら、2人で、目でニヤリってし合ってました(笑)


そして、最後にファニーアリスちゃん

前半は嫌味を言ったり、いじわるなところがたくさんあるけれど、ただいじわるな人というのではなく、
本当は好きなのに、素直になれなかったり、うまくいかなくなってイライラしたりっていう過程を
ちゃんと作っていけば、最後の場面にもつながるとおもってやっていると。

 とも  「アリスのこういう役、初めてな感じしませんか?なんかいじわるなところとか。
      楽しそうにやってるの見てると(笑)」

 みんな  「生き生きしてる!(笑)」

アリスちゃん、ウケてました(笑)


そして、ともちんが、

     「私、気づいたことがあるんです!今回、珍しくお三方ががいらっしゃるなと。」

  みんな 「あぁ~。ほんとだね。」

・・・・って、あなたも結婚してるじゃないですかねぇ、出てはこないけどさ。娘さんもいるんだしねぇ


  とも  「専科の五峰さん、ジョセフィーヌさんは?」

  まゆ  「ジョセフィーヌ様はね~、ほんとにお強くてですね~
       セリフが無いところでも、オペラのところとかでもですね、楽しそうに見てると・・・
     
  (すまして、横目でキラーンな真似) チェックがすごいんですよ(笑)
       で、“あっ”って
(動揺したら)、 “ねぇ~”(冷たくニッコリ)みたいな(笑)」

皇帝奥様には弱いのねぇ~(笑) あのオペラ鑑賞のシーンは必見ですよん

でも、今回は描かれてないけど、ジョセフィーヌのことはすごく好きで、一途な愛があってそれを貫いた
その後の部分なので、のしあがっていくための強力なパートナーというところはすごく感じられると。

  
  「強力なパートナーだね。」

  ま  「ほんとに(笑) フランス国歌を歌われる時の五峰さんたら・・・」

  ゆ  「そこ!奥さんが歌うのかっ!?くらいに(爆笑) ものすごい力強い(笑)」

    「そこ奥さんが歌うんだ!みたいにもう(笑) 
      前でガンガン踊っちゃってますからっ」
       
    奥さんの歌に合わせて踊ります!みたいな(笑)」

  ま  「踊ります!ナポレオン!みたいな(笑) 
      ほんと力強くて。助かっております。」


ちょっと、みんな・・・というか、大空氏、ウケすぎ(笑) やっぱりあの奥さんが歌うの、気になるよね~(笑)
なんでそこで、奥さんなん?って


話はイギリス軍の話に。

   「ヘンリー殿下のまさこは・・・(ともちんに) 麗しくないか?
  
   「うん、すごく素敵ですよね。なんか殿下って感じですよね。」

 ゆ  「なんか、気品が。なんだろうね。生まれ育ちが出てるのかな?

 みんな 「うん。」

   「舞台稽古で出会って、びっくりしたんだよね。」

   「はい、あのカツラとかがすごく似合ってて!」

   「すごく似合っててね イギリス軍結構、見目麗しいよね?と思って。」

 と  「そうですね

 ゆ  「大ちゃんとか、かいくんとかも。今回、みんな軍服がね、美しいね。」

 ま  「うん、すごい素敵。」

 ゆ  「私の大好きな紺と金の色で。みんなそういうコスチュームものなんだけど、
     ビジュアル的にもかっこいいと思うし・・・・
     
(ともちんに)そうか、イギリス軍と絡んでるの私たちだけか!
     どうりでみんなノッてこないと思った(笑)」

 と  「そうでしたね(笑)」


いやいや、ほんとビジュアル最高・最強ですからっ 

特に軍服はイギリス海軍のはかっこいいね。
まさちゃんの気品は、みんなやっぱり感じてるんだなぁ~。
みんな似合ってる軍服だけど、確かにまさちゃんが一番雰囲気込みで似合ってると思う。

海軍の上が下をひっぱるというところが、フット提督に育てられたネルソンに生き、
そして、息子のジョサイアを守り育てているところにつながっていて、
親子の愛から、夫婦の愛にもつながていると。

大空氏は、父親役って何回かあるけど、あんなに大きな子供がいるのは初めてだと。

ともちんは、ネルソンジョサイアの和解の場面は、袖で見ていてウルっとなるらしく

    「トマスはウルウルしながら袖で(笑)」

  ゆ  「トマスね~、熱い男だからね~、泣いたり笑ったりしてそうだよね~トマスはね~(笑)」

 
 と  「ネルソン提督の全てを、こうやって(覗き見のふり)見て

    「(同じく真似して) こう見て(笑)」

  と  「色々悩んでるところも知ってますし


・・・・って、またまた2人の世界ですけどぉ(笑) まぁ、今回は許してちょ

そして、ネルソンのそばに、肌の色が違うトム@カチャがはつらつといることで、
ネルソンは、どんな人にも分け隔てなく接して、慕われる人だというのがわかるから
トムは貴重な存在だと。

ネルソンは実際に階級とかに関係なく話とかをする人で、ネルソンキャプテンになってから
海軍の雰囲気が変わったらしい。そういうところも出していきたいと。

話は、のことに。

  「ビクトリーがね。(まゆさんに)大変じゃなかった?」

 ま  「聞いた時は“かっこいい!”と思ったんですけどね

とにかく、初めての寺嶋先生の音楽は、重厚で、お稽古場からすごいエネルギーを使った印象だった。
幕があがっていきなりMAXなテンションで、ものすごい駆り立てられる。
で、みっちゃんのパートの印象の変化がすごくいいと。

  「一応、貴族なので、軍服の戦いの勢いからカラーが変わるので・・・・・
    で、一瞬、みんないなくなるんですよね。すごくさみしくなる・・・みんな出てきてよって(笑)」
 
 ゆ  「すぐ出るから、ほんとにすぐ出てくるから大丈夫(笑)」

   「そして、みんな大集合で銀橋に。」

 ゆ  「テンション上がるよね。曲の使い方が迫力があるというか。国歌とかもね。
     やっぱり盛り上がるし。私は、“威風堂々”の歌が結構グっとくるっていうか。
     英雄とあらねば・・というような気持ちにさせてくれるというか。」

セリフのところの歌も気持ちを押してくれる感じで、音楽に助けられていると。

まゆさんは、ネルソンエマ“ぬくもり”の曲も好きだそうで、歌うすみ花嬢は、
同じ曲が何回も出てくるけれど、毎回、状況も気持ちも変化しているので、
とても音楽に乗せられているし、楽しいと。

大空氏は、毎回テンポとかも違うけれど、後半になるほど歌詞が染みてくると。

そして、最初と最後の布を使っての振付の話に。

最初は、船のへさきを表現していて、そこからネルソンが登場すると。
そして、最後はユニオンジャックになっていると。
  
  「なんか偉大な人が亡くなると、棺の上に国旗を上にかけたりするじゃない?
    私はそういう意味で解釈したんだけれど、若央先生が、海に沈んでいくっていうか、
    海で死んだ男みたいな意味でかぶせられる・・・っていうのと、
    で、最後、波が
(カメラ目線で) これ絶対、2階から見てくださいね!
    ユニオンジャックになってるんです!」

   「波の人たちがですね!私、お稽古場ですごい感動しちゃったのが、
    威風堂々に乗せて
、(必死に波をつくる真似) こう、なんていうんですか?
    縁の下の力持ちみたいな(笑) 見えてないんだけれど、そういうところに
    心打たれてしまって

 
  「(笑) そこに、ハートを込めてるのよ!そこがねっ!」

 と  「はい!はい!そうなんですよ!すごく素敵な場面ですよね~。」

 ゆ  「ね~。いろんな音楽とか振付とかが作用して、こうやって作品の土台が出来ていて、
     そこに乗せていただいていて、日々、おもしろいなと。」

 と  「はい。」

なんか、急にものすごい熱くを語り出したともちんなんですが(笑) よほど感動したみたいです。
こういう話を聞くと、次に見たとき、さらにめっちゃ感動しそうだわ~


ということで、お芝居のトークは終わり。

サイトー先生の話に。

作品については、

 ・美しい大空祐飛のかっこいい颯爽とした軍服姿を見せたいと思って、題材を選んだ。
 ・イシダ先生のショーと合わせて、宝塚らしい作品を見せたかった。

大空祐飛について。

 ・時代の流れでいろんな形の作品が公演され、スターのスタイルも変わっていく中、
  彼女は宝塚の忘れてはいけないスター像を持っている。
 ・「血と砂」、DS以来だが、稽古場で久々に出会った彼女は、スケールが壮大になっていた。
 ・ネルソンにふさわしい大きさを持った人物。
 ・ブロンドの髪をひるがえし、軍服を美しく着こなし、正義に、愛国心に燃え熱く戦う姿
  はファンが待っていたものだと思う。

野乃すみ花ついて。
 
 ・不器用なくらい、役に入り込めないと舞台に立てない人。
 ・稽古場での役つくりの過程、日々の感じ方の違いおもしろかった。
 ・タカラジェンヌで他には見当たらない感性でつくる人。

トップコンビの印象。

 ・以前から組んでいるような息の合った、キャリアの違いを感じさせないほど、
  自由に呼吸できているコンビ。
 ・いい意味で段取りが存在していなくて、大空野乃を役で生きることのみを求めていて、
  演じさせていて、野乃は、大空の大きさ、ふところに入り込んでいて、躍動感があり、美しいコンビ。

蘭寿とむについて。

 ・2番手というよりは、対トップに近い、経験、キャリアで、その経験値はとても大きな力である。
 ・ナチュラルなところで主演と絡むものが続いていたので、皇帝ナポレオンとして、
  近いところにはいない2人が、平行して時間をすごしている、その政治的な背景のライバルとして
  その大きさが、対ネルソンとして頼もしい。
 
宙組について。

  ・『A/L』以来で、とても楽しみにしていて、昔、「満点星大夜總会」でラインダンスをやっていた
   春風、蓮水、鳳翔、花影などが成長した姿を見せてくれていることがうれしかった。


というようなことを話してました

いやぁ、まとめて書くつもりが、結局こうなるんだよなぁ・・・・。

でも、興味深い話も聞けたのでやっぱり楽しかったですね。副官もがんばってたし
まだショーがあるんですけど、ここでとりあえず終わります。
ショーは、まとめて書くつもりです。さすがに疲れた~

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.05.29 (Sat) | # | | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.05.29 (Sat) | # | | 編集

aさま☆☆

こちらこそ、ありがとうございます(^^♪

ナウオン、みんなとっても楽しそうでした。いい雰囲気でうれしくなります(^^)
やっぱりみっちゃんぽっちゃりしましたよね?というか、むくんでた?
体調が悪いのか・・・とか心配しちゃいました。

ロケットのセンター、私もきれいな子だなぁ~と思ってみてました。
ものすご~く一生懸命足あげしてますよね?なんか微笑ましくて(^^♪
たぶん・・・と思う子はいるのですが、きっちり確認してないので、
次回、必ずチェックしてご報告します!
それまでにわかったら、教えてくださいませ(^_-)-☆

ほんと、何回見たら、見たい人全部見れるのでしょうか~~っ!!(切実)

2010.05.30 (Sun) | れお #- | URL | 編集

maさま☆☆

ありがとうございます(*^^)v 愛が私を回らせております(笑)
ともちんのハイテンションにつられてしまったのかもしれません(^▽^;)

やっぱり何回も見ちゃいますよね(笑)
大空氏もものすごくテンションも高く、表情豊かでしたね。
自然に一番楽しんでた気がする(笑)

みっちゃんとの“アイブローコンタクト” 上手い!確かにそうでした。
文字で表現するのは難しいと思ったのですが、これいいです(笑)
で、ほんとに出来ないわ(^^ゞ

まゆさんのお言葉、ほんとにそう言ってます!!!!
何回聞いてもわからなくて・・・いやぁ、すごいですわ(^^♪
なので、記事の方も書き直させていただきました。

そりゃ、あれ先に言われたら、ともちん焦りますよね(笑)
その後の、ゆひまゆのコソコソウケも何回見ても、おもしろいです♪

2010.05.30 (Sun) | れお #- | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。