スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラインナップ



来年度のラインナップの前半最後が出ましたね。
前回も宙、星、花全ツと一緒だったな・・・

***************

宙組
■主演・・・(宙組)大空祐飛、野々すみ花

◆宝塚大劇場:2012年4月13日(金)~5月14日(月)
◆東京宝塚劇場:2012年6月1日(金)~7月1日(日)

ミュージカル
『華やかなりし日々』
作・演出/原田 諒

「狂騒の時代」と称された1920年代のニューヨークを舞台に、ヨーロッパから渡ってきた
移民の青年の愛と野望の軌跡をドラマティックに描いたミュージカル。
貧しい移民街からのし上がり稀代の詐欺師となって巨万の富を築いた男は、
ショー・ビジネスの世界を次なる標的とし、劇場を手に入れようと画策するが……。
大空祐飛が謎を秘めた詐欺師に扮し、独自のダンディズムと哀愁を十二分に魅せます。
また、かつて一世を風靡した“ジーグフェルド・フォーリーズ”の豪華絢爛なレビューシーンも、
見どころの一つです。尚、この作品は演出家・原田諒の宝塚大劇場デビュー作となります。

グランド・ショー
『クライマックス』
-Cry‐Max-

作・演出/三木章雄

“ショーはクライマックスの連続がふさわしい”―そんな思いを込め、
華やかにバラエティ豊かに展開するショー。大空祐飛の魅力をあらゆる角度から引き出し、
充実期にある男役の魅力をマックスでお届けします。
また、この作品は第98期初舞台生のお披露目公演となります。


これまたすごいタイトルですよね

【Climax】じゃなくて、【Cry-max】って、

『・・Yの法則』よりも、まんまやーーーーん!!!

とはいえ、発表があるまでは何があるかわからんちんやから。
なんてったって、

 不死鳥の祐飛!

って、いーのか、悪いのか


原田&三木は意外な組み合わせでした。ぶっちゃけ、あんまそそられない
某御大の一本物じゃなくてよかったとしか言えないわ。
後半の一本物率が高くなったけど・・・

三木先生は「カノン」に続いてですね。宙がするのは「ネオ・ボヤージュ」以来かぁ。
華やかというか、派手なイメージがあるんですが・・・・さてどうなるか。


原田先生は開けてみないとという感じかなぁ。
若いけど落ち着いたイメージなので(ポスターとかがモノクロ多しだからか
うまく合えばいいのですが・・・・

果たして景子&藤井を超えられるのかっ!・・・・ん~・・・・



星組も、出ましたね。

ミュージカル・プレイ
『メモリアル・アゲイン』(仮題)
作・演出/正塚晴彦

ヨーロッパを舞台に、クラブのトップダンサーの青年と、たまたまダンスのオーディションを
受けに来た娘との恋物語を中心に、彼らに関わる様々な人物たちの人生模様を、
ドラマティックなミュージカルナンバーと華やかなショーナンバーを織り交ぜ描いた作品。

ショー・グルーヴ
『Celebrity』
-セレブリティ-
作・演出/稲葉太地

“セレブリティ”。それは有名人、時の人、話題の大富豪と言った意味を持ち、
つまりは時代の寵児を象徴する言葉。映画スター、トップモデル、ミュージシャン。
様々なセレブリティを追いかけ、輝ける人生を送る彼らの光と、
その裏に秘められた影の部分を、激しいビートで展開するショー・グルーヴ。
星組のエネルギーが漲る熱いショーが繰り広げられます。


ハリーはまた(仮題)ですか。にしても、こっちもなんとも・・・・
ハリーでミュージカル、ショーっていう文字に出会うと不思議な感じがしますね。
ちえちゃんより、ねねちゃんがそろそろ・・・・な気もしますが・・・

稲葉作品は好きな方なのですが、自分の世界にこだわりすぎる感もあるので、
星組らしい作品になることを願いますわ。
ちえちゃんって、オリジナルのショーはやっと2作目ですもんね。


花の全ツは、『長い春の果てに』ですか。版権戻ったんですね。
蘭蘭コンビには合いそうですけど・・・・
蘭ちゃんって娘1になって結構やってるんですけど、そういうイメージがねぇ・・・

残念ながら地元はスルーでしたわ。


みわっちバウは外さないでしょう。 「舞姫」タッグ再びですもんね。
景子先生の日本物かぁ・・・・おそらく初めてのはずです。白塗り系のは。
しかも近松で心中物。 宙公演中ですが、絶対見なくちゃです!!


あと今日はテルバウのポスターが出てましたね。

 バウ・ミュージカル『ロバート・キャパ 魂の記録』

宝塚のポスターというより本の表紙か写真展の案内のようです・・・。
これだけドーンと実在の人の名前が入ってるのは珍しいですよね。

スポンサーサイト

地上波キターー!!


宙組、FNS歌謡祭ご出演~~ヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノ バンザーイ♪

****************

 「2011FNS歌謡祭」

 ■放送日時
 12月7日(水)19:00~23:18(4時間18分生放送) フジテレビ系列

 ■出演
 (宙組)寿つかさ、大空祐飛、悠未ひろ、北翔海莉、十輝いりす、大海亜呼、
      凰稀かなめ、春風弥里、鳳翔大、蓮水ゆうや、凪七瑠海、純矢ちとせ、
      愛花ちさき、七海ひろき、鳳樹いち、野々すみ花
 
 オフィシャルサイト・・・http://www.fujitv.co.jp/FNS/index.html

 ※放送時間は24時間表記をしています。
 ※放送時間、内容等は放送局の都合により、変更になることがございます。

***************

ひっさびさの地上波!!!
スマスマ出演以来かなぁ~。 楽しみすぎるっ


前回、FNSに宝塚が出演したときには、水さん率いる雪組さん
タニうめ、かなみちゃんがご出演でしたね。2007年ですよ。なつかしひ。
(その後、宝塚出ましたっけ?)

そして、今回は、ガッツリ宙組!!

で、FNSにはテル氏だけが出演経験ありってことですね

また黒燕尾かなぁ。何歌うのかなぁ。
『明日へのエナジー』とか歌うのかなぁ?

思いっきりショーの一場面とかいいと思うんですけどぉぉ。

今回は黒木姉さんがいらっしゃらないので、ちょっと安心(笑)(←一番にそれを確認した)
前回なんて、黒木瞳×宝塚歌劇団 だったんだよ


思う存分世間にイケメンパワーを見せつけてやるんだっ!!

あぁもう、とにかく、テンション上がりまくるニュースで幸せっ

いざ!

とうとう宙組大劇場公演、千秋楽です。
今から行ってきます。

大好きすぎる公演なので、さみしくて仕方ないです

こんなに1ヶ月が短く感じたことは無かった・・


卒業メンバーもしっかり見送ってきます!

では!

HAPPY BIRTHDAY!!



悠未ひろ様
 お誕生日おめでとうございます


今年は、舞台に立ってるときにお誕生日を迎えたというのに、
客席からお祝いできずにほんとに残念・・・・・

このブログでお誕生日のお祝いをするのが、5回目になりました。
来年もお祝いしたいですよ!絶対!!


この1年も素敵な姿をたくさん、たくさん見せてくれました。 幸せな1年でした


【誰がために鐘は鳴る】では、ラファエル

大食らいで少しのろまだけど、心優しいジプシーのラファエルを、ともちんらしい大らかさで。
細かいお芝居のひとつひとつが心にしみて好きだったなぁ・・・

ひとり離れてギターを弾いてる姿を見ているのが好きでした。
最後までマリアを守り続けようという優しさが素敵でした。


【ヴァレンチノ】では、ジャック・デ・ソウル

マフィアのボス。前半は少しコミカルに、後半は貫禄と怖さと色気をにじませて。
ともちんの大きさがすごく生きた役で、あのルディを痛めつけるシーンは、
いろんな意味で衝撃的。 忘れられない場面になりました。

フィナーレのかいちゃんとのダンスも大好きだった!


【美しき生涯】では、加藤清正

豪快な武将で、凛々しい武者姿も本当に男らしくて素敵でした。ヒゲも似合ってたし
戦国ロック、あれを思いっきりやっちゃうところが、ともちんらしくて良い!(笑)


【ルナ・ロッサ】

やっぱり一番は月下美人でしょうか。妖しく美しい花に翻弄される姿が本当にセクシーで・・・
相手役が背の高い男役でも、綺麗に見せられる人、ナンバー1ですからっ!!


【クラシコ・イタリアーノ】では、ヘンリー・ヒューストン

アメリカンなやり手の社長。奥さんとも愛人ともうまくやっちゃう、なんというか、
男の中の男です(笑) でもともちんがやると、なんとも憎めないいい男に見えるのは、
ただの贔屓目でしょうか?(笑)
腕を組ませるのに、スっと差し出す腕とか、たばことグラスを一緒に持つ手とか
そういう細かいところに、ともちんの芝居心をすごく感じられるんですよねぇ。
しかし、パーティの場面での小芝居なんかのあの生生しさは、どっから出てくるんでしょうね
普段はほんとーーーーに、かわいいかわいいおっとりさんなのにねぇ。


【NICE GUY!!】

なんだかいつにも増して、「エロ担」な役回りなショーなんですけど(笑) そういうの嫌いじゃない
オークションでは、わかっていてもあの歌詞とはじけっぷりに、客席でジタバタしちゃいますし、
中詰めでは、ものすごい気持ちの入ったともともデュエット、銀橋渡りのセクシーさを堪能。
衣装にキラキラがついてるのがうれしいんだよなぁ。

そして、極めつけの「セクシャル9」!あの濃さとエロかっこよさには言葉はいらない!
ノリノリっぷりが気持ちよすぎて、見ていてほんとに幸せになれるのです


どんな役もはずさない。そして、期待の上を行ってしまう。
そんな悠未ひろさんが好きです

今年も幅広い役で楽しませてもらいました。来年も期待しかないです
汗をかきかき(笑) 素敵な姿を見せてくれるでしょう


毎年恒例のやつを書いときます


  大きい人に惹かれます。
 手足の長い人が大好きです。
 立ってるだけで“男役”な人が好みです。
 大人の男がはまる人がタイプです。
 眉間のシワがたまらんです。 
 色気ダダ漏れ、大歓迎です。
 エロかっこいい、大好物です!!!!


そして、叫んどく。(最近、あんまり叫んでないので)



 ともちん、大好きだーーーーーっ!!


この1年も悠未ひろにとって、素晴らしい年になりますようにっ!

  

脳内配役・・・



今日は朝から、「仮面のロマネスク」の初演版を見てました。

ほんと、このときの、高嶺&花總はものすごいオーラと美しさですな・・・・

あとは、やっぱりトゥールベル夫人。改めてみると、すごい役なんですよね。
ダンスシーンもすごいし、ラブシーンもすごいし。当然、演技力・・というか、よろめき力も。


・・・・・・・誰がするの?


振り分けメンバーをじーーっくり見て、で、悩む

いわゆる番手的に行くと、せーこちゃんなんだろうが・・・・ん~・・・・ん~・・・・
ちょっとあの雰囲気が想像が出来ない・・・・
せーこちゃんは、女中頭のヴィクトワールの方が合いそうなんだよねぇ。
すっしぃさんの執事と大人のコンビ。

まだえりちゃんの方がトゥールベルにははまりそうなんだけど。どうかなぁ・・・

ほんとは一番合いそうなのは、すみ花ちゃんなんだけどね


で、改めて見て、やっぱりともちんは、ジェルクールより法院長の方がいいなぁ・・・と。
コメントでも、法院長があうって言っていただいたし。
威厳と包容力の必要な役で、出番は少ないけど、深い役だし。

ともちんなら、最後のお姫様抱っこも決まると思うのですよねぇ。
で、奥さんがもし、もし、えりちゃんだったら・・・・

ジェルクールはまさこちゃんで。軍服姿もそれはそれは美しいでしょうし。
大ちゃんが、かしちゃんの役でしょう。

鈴鹿さんの役とかは、別にそんなに年配じゃなくても良さそうに思うから、
てんれーくんとか。ナガさんの司祭は、さっつんな気がする。

などなどと考えながら、大劇場に行けないさみしさを埋めておりますです。はい。

宙組 振り分け!



いやぁ、やっと出ました。 遅かったねぇ。

 中日公演 出演者   コチラ

 バウホール公演 出演者  コチ


バウは画像も一緒に出てました。渋いですね。ま、キャパですからね。
 バウ・ミュージカル『ロバート・キャパ 魂の記録』


とりあえず今回の振り分け、私的にはホっとしました。 中日が良かったから。

とにかくアパショに出るともちんが見たかった! 
あのOPでガンガンに踊る姿が観れるだけで、うれしい
スパニッシュって、あんまり無いんですよ・・・

お花ちゃんとかその辺は、おいおい考えます(笑)

あと、やっぱり「仮面のロマネスク」は83期の初舞台公演で、思いいれもあるだろうしね。


カメロマ初演の配役など、ちょっと続きに。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。