スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きくなって、なんかすいません・・・


ヅカネタが無いので、ネタで・・・・

ついこの間まで、こんなに小さくてかわゆかったニャンズ・

P1240720.jpg 


こんなに大きくなりました。 もうすぐ1歳です。

S1710003a.jpg 


大好きなきららちゃんと並んで日向ぼっこ@。 大きくなって・・・・

S1830001a.jpg 

白ビキニ模様も健在。 

S1830004.jpg 
          いつでも泳ぎに行けるで!!



に至っては・・・・・

S1800001a.jpg 

なんてボリューミー


S1710004a.jpg 
             なんか文句あるわけっ  

いえいえ、とんでもございません  あなた様はホワホワなのでそう見えるのですよね


S1870001a.jpg 

・・・・・・でも、やっぱり、大きい・・・・ような・・・・


は、大きくなったけれど、とってもスリム。
そして、相変わらず、ビビリの甘えた。 きららが大好きで、後を追っては、
うっとおしがられております

は、この世で一番えらいのは、アタシ!なタイプ。
柔らかいホワホワ毛なので、余計に大きく感じます。 いかにも、長毛猫って感じです。

見た目はしっかり大人猫になってきた2ニャンですが、中身はまだまだ子供。
涼しい朝、晩には、大運動会を繰り広げております。


でももう少し見た目も、ちびにゃんこでいてくれても良かったのになぁ~

ま、それでも、暑くて大変だけど、3ニャンともとても元気。
やっぱりそれが一番なのだにゃ

スポンサーサイト

天使か悪魔か。


あ、何も、天使の歌声@蘭ちゃんの写真が怖いからじゃないですよ。(オイ、コラ


我が家の ちびーずキャット華。

  通称:デビルズ

でっかくなりましたのよ、ほんとに。 体長だけだと、きららと変わんないんです。

は細身ですけど、さらに、ガッチリしてきて、抱くとガッツリきます。

は、見た目もフワフワですが、抱くと、ホワンと軽いです。やっぱ女の子。


元気です! ええ、そりゃあもう!・・・・ははは・・・・・ははは・・・


この子たちを見てると、レオーネきららって、ほんとに良い子だったのねぇ・・・と思います

デビルズで、初めて経験っていうのが結構あります。
話にはよく聞く行動ですけど、「ほんとにするのねっって。

・パソコンのキーボードの上に座る。
  なんでわざわざそこなん?ってぐらい、確実にやってきます。 特に
  まず一回、ダッシュでキーボードの上を走り抜けてから、座ります。何度再起動したことか・・・
  
・水道の蛇口から出てくる水で遊ぶ。
  お風呂場、洗面所、トイレ、台所・・・・どこでも水の音がするとやってきて、パシャパシャ・・・
  ビショビショだって、何のその~~イエーイ

・何でもかじる。
  これは特に。 ダンボールとか、紙袋とか、書類とか・・・この間は、ものさしがボロボロに・・・。
  
・読んでる新聞で遊ぶ。
  新聞を広げると飛んできて、美しく完璧にワシャワシャにしてくれます

・人の顔や手を、なめる&噛む。
  寝てるときに横にきて、あごとか、鼻先をなめてから、噛んできます。 ダンナ深夜の流血

・流しの三角コーナーとか、ゴミ箱とかに顔を突っ込む。
  おかげで、いつも“隙なく”きれいにするようになりましたのよ~ おほほほほほ~。


こういうの、ほんと、レオきらはしなかったんですよ、小さい時でも。

おかげで、新鮮な衝撃との戦いの日々です  ニャンコ万歳!


先日は、夜中にどこからともなく、甘~い香りが・・・・・
半分寝ぼけながら、「あぁ・・・寝る前に洗濯物干したからなぁ・・・・」とか思ってたんですけど、
な~んか違う気が・・・・

「もしかしてっと思って、洗面所に行くと、そこは一面、


  柔軟剤の海~~


「まぁ~、やっぱり、ダウニーはいい香りねぇ~~」
なんて言ってる間は当然なく、
夜中2時半すぎから、あふれる柔軟剤と格闘しましたのよ。

タオルというタオルで吸い取り、何度も何度も水拭き。

なんせ、柔らか仕上げの柔軟剤。 ふき取っても、ふき取っても、な~んかヌメるような・・・

で、もひとつ大変だったのが、犯ニャンとの戦い。

つきとめるのは簡単でしたけどね。
だって、それはそれは、いい香りがするんですもの~、あはは~うふふ~


 ねぇ~、華ちゃんっ!


柔軟剤ついてるところを、舐めたら大変と、捕まえて、濡れタオルで拭きまくり。 
もちろん全力で嫌がるし~

もちょっとあったかい時期だったなら、即、 お風呂の刑だったんですけどね。

まぁ、おかげで、洗面所もとーっても、きれい&良ひ香りになりましたけどねっ!! (やけくそ)

結論としましては、ちゃんとフタをしめてなかった(だろう)、ワタクシが悪いということで


でも、何が腹立つって、その騒ぎをまったく知らないで爆睡してた、ダンナですけどねっ


とまぁ、日々、幸せにすごしておりますm(__)m


そんなデビルズちゃんたち。
  
      さて、コレは、何がどうなってるんでしょうか・・・・
  M1170001.jpg


おまけ。

Yahoo!のトップページにも出てたので、見た人も多いと思いますけど、
ゆうべ見て、めちゃくちゃウケた、動画。

Talking Twin Babies


 
「たっ」で、ちゃんと会話になってるし(爆笑)  双子ちゃんなんやって~

ちっこいオッサンみたいやけど(笑)  ちゃんと世界があるんだね~


これ見て、うちの弟が言ってたことを思い出しました。

先日3歳になった甥っ子が、保育園に行き始めて、言葉が増えてきたのはうれしいけど、
独特の表現、怒ったときに、「ま゛----っ!!!って言ったりするのが、
無くなってきてちょっと寂しい・・・って。

成長するって、そういうことなんだ。 ガンバレ、お父ちゃん!

猫のはなし その2

 

前の記事、書きながら、ずっと泣いていたので、目が真っ赤になってしまい、
仕事納めで帰ってきたダンナに、ビックリされました

まだまだレオーネのことはゆっくり思い出すのは、無理のようです。 よくわかりました。


でも、今日は気持ちを切り替えていきます 
 

『新しい家族を迎えよう!』と、決めたのですが、それからも葛藤はありました。  

だって、“命”の面倒を見ることになるんだから。

かわいい、かわいいだけではいかないことも多いし、何より、
いつかはくる別れのあのつらさに、耐えられるのか? 今でも、まだこんなのなのに・・・。

いろいろ考えたけれど、
それでもやっぱり、猫たちと暮らす喜びとか、幸せとかは、何ものにも変えられない。
レオーネと一緒にいた時間は、最高だったから!!


で、もし新しい子を迎える機会があれば、次はショップとかからではなく、
里親募集しているところから迎えようと決めていたので、色んな里親サイトなどを見て探しました。

希望は、元気な男の子。 近県で引取りに行けるところで。
出来れば、きちんと対面して、考えてから決めたい。 

レオーネきららは、ブリーダーさんのお店から来たので、健康状態とか、親離れの時期とか
いろいろと整った上でやってきたけれど、今度はちゃんと自分で判断しないと・・・。

きららもいるので、そこは大切。 いろいろと慎重に。


と、あるサイトで、県内で、2日前に募集が載った黒猫のかわいい男の子が。
前にも書いたことがあるのですが、黒猫は、一度飼ってみたかったのです。 条件も合う。

問い合わせてみると、なんと市内。 しかも車で10分くらいのよく知っている場所。
「ぜひ一度、見にいらしてください」とのことで、早速、主人と私の母と一緒に。

保護されていたのは、市内のお庭の施工会社の女性の方で、
本当に動物が大好きで、とっても優しくていい方。
お店の敷地に住み着いた猫が、4匹の子供を産んだので、順に保護しているということでした。
その時は、2匹保護できて、大学生の娘さんに手伝ってもらいながら、面倒を見ておられました。

 o0320024010900506922.jpg  
        この中の2匹を保護されてました。

実は、同じ母猫が、去年も仔猫を産んだそうで、その子たちはお店で面倒を見ているのですが、
さすがに今回の子たちまでは無理だということで、里親を募集しているということでした。
母猫も保護して、避妊もされていました。

黒チビくんは、ちょうど一時、預かって頂いていたお宅から戻ってきたところで、
先に保護された女の子と一緒に、事務所に置いてあるゲージで抱き合ってじっとしてました。

黒チビを、早速抱かせてもらうと、なんとも情けない顔のかわいい子で

ツヤツヤの黒毛の短毛。でもおもしろいことに、胸の部分と、下腹の部分だけ真っ白の毛が・・・。
そう、ちょうどビキニを着ているような感じ

病院にもちゃんと連れていってくれていて、検査等もしてあり、体調にも問題も無く、
元気だということでした。トイレのしつけもきちんと出来ていましたし、
これなら連れて帰れるかな・・・と思いました。

でも、ゲージの中には、もう一匹、女の子が。
ただ、こちらは、すでに里親さんが決まっていて、名前まで決めてくれていて、
引取り日を待っていると聞いていたのです。
それなのに、ちょうどこの日連絡があり、『行くのが遠いのでやめます。』ドタキャンされたそうで。
保護主さんも、とても悲しんでおられたところでした。
隣県の若い女の子だったそうですけど、正直、そんな無責任な人に引き取られなくて良かったです。

こちらの子は、フワフワの長い毛で、少しグレーがかった黒。 かなりな美人。

当然?美人大好きのうちのダンナは、この子がお気に入りに・・・

もちろん保護主さんは、「姉弟、一緒ならうれしいんですけど・・・」と。

新しい子を迎えたいと言ったときに、「もう、大変やからやめときな」と言っていた母も、
「この子、きれいやなぁ~。すごいしっかりしてるわ~。」と、なぜか後押し。

確かにゲージの中で、ヒシとくっついている2匹を見ると、引き離すのも・・・・
でも、一度に3匹なんて、大丈夫なのか? 面倒見るのは、私だぞ!・・・などなど、
頭の中でグルグルグルグル。

ここは冷静にならなくては・・・・と、「考えてまた連絡します。」とその場をあとに。

男の子を引き取るというのは決めていたのですが、「2匹とも」というのがどうしても決められず・・・。

と、翌日の朝、出勤前のダンナが言いました。

「あんな風にくっついてるの見たら、引き離されへんやろ~。
 女の子がドタキャンになったのは、やと思う。は大事にしないとあかん。」


・・・・・はい、キマリ。


早速、「2匹とも大切に面倒見させてもらいます。」とメールをすると、
すぐに電話がかかってきて、泣きながら「本当に安心しました。うれしいです。」と
何度も何度もお礼を言われました。
本当に仔猫たちのことを心配されていて、大事に面倒みてこられたんだなぁ・・・と、
いい人に保護されて本当に良かったです。

そして、ダンナが休みの日に引取りに行きました。

先に保護されていたので、少し体の大きい、黒の長毛の女の子(一応、姉ということで)と、
お姉ちゃんのあとばかりくっついている、甘えん坊の黒の短毛の男の子

名前は、女の子の方は、ダンナがすでに決めていて


・・・・・有無を言わさず、(はな)』になりました。


えぇ、えぇ、もちろん、あの陽月華さまから取りました。 ダンナが。


で、男の子の方は、「」に合う名前を・・・・といろいろ考えました。

「蘭」というのも出たのですが・・・・・、あ、これももちろんダンナが、
蘭寿とむ様にあやかって、かっこいい男になれ!と


ただ、「」と「」だと、「らんはな」、「らんはな」・・・・ん~、どっかで聞いたことある・・・で、ボツ。

あとは、「そら」とか、「かい」とか、「ゆう」とか・・・・どうもどれも、どっかで聞いたことあるような(笑)


で、結局、『蓮(れん)』 となりました。


なんでも、子供の名前で今年1番多かった名前とか。 つけたあとで知りました


」と「」で、「蓮華(れんげ)」になるし、逆なら、「華蓮(かれん)」で、字は違うけど、
『龍星』の時の、ようこ姫の役の名前になりますし

・・・・・・って、どこまで行っても、ヅカからは離れられない私たち


ということで、

  P1240978.jpg  
            『華(はな)』と、


 P1240979.jpg  
             『蓮(れん)』
です。 


 M1100009a.jpg

 どうぞよろしくお願いします。

(撮影しにくい黒猫ちゃんなので映りが悪いのはお許しを。あと、背景に他意はないです


『華』は、美形ですが、なんというか、爆裂娘です。
(決して名前のせいではないと思いたい・・・
運動神経も抜群で、好奇心も強く、たくましいです。何でも迷いなく突撃します。
おそらく今、彼女にこの世の中(といっても、家の中)に怖いものは何もないでしょう(笑)

 S1460013.jpg
  ベランダに積もった雪の中でも、まるでのように、ガンガン遊んでました

 
『蓮』は、本名を「あかんた・れん」と言います・・・・というくらい、あかんたれです
何をする時も、とりあえず一度ビビってから、おそるおそる手を出すという感じです。
少々ドン臭く、常にのあとにくっついていて、の姿が見えなくなると情けない声で鳴きます。
遊んでいるおもちゃも、いつもに取られてしまいます。
でも、ごはんもしっかり食べますし、もうちょっと大きくなったら、かなりなやんちゃには
なりそうです。 抱っこも大好きで、まぁ、典型的なほっとけないタイプです(笑)

 P1240723.jpg
  チャームポイントは、ビキニの模様です。特に型のパンツがかわいいです(笑)


来たすぐは、こっちも、チビニャンズも、探り探りな感じでしたけど、
慣れたら、もう、チビっ子天下で、家中をとにかく走り回っております。

猫って、兄弟一緒だと、あんなにはちゃめちゃにじゃれて遊ぶものなんですね
レオーネきららは、3ヶ月違いで来たので、そんなにじゃれて遊ぶとか無かったので・・・。

でもおかげで、あんまり構わなくても2匹で遊んでは寝て、食べては遊んで、また寝てと
自由にしてくれるので、助かってはいます。本当に2匹一緒でよかったです


仔猫を迎えるにあたり、一番心配だったきららは、最初の1週間ほどは、
ストレスでしょうね、食欲が落ち、 心配で病院に連れていったりしましたが、
慣れたら、まったく動じなくなり、食欲も戻りました。  彼女は賢く、強いです。

もともとクールなツンデレ娘なので、一緒に遊んだりはしませんが、
常に2匹が気になっていて、普段は知らん顔なのに、2匹が離れた部屋に行くと、
必ずついていきますし(で、遊ぶのを見てるだけ)、一緒にこたつに入って、寝たりもします。

特に「あかんたれん」が気になるようで、が水を飲んでむせたりすると飛んできて、
舐めてあげたりしています

おそらくは、きららに対しても爆裂なので、きららが引いてるんだと思います

でも、昨日は、私がちょっとベランダのドアを開けて、外に物を置いたすきに
が、ベランダに出ているのを知らずに閉め出してしまっていて、(とにかくすばやい)
きららがやたらとまとわりついてきて、ベランダに出せというので、
「寒いよ?ほんとに出るの?」と言いながら開けたら、がいた・・・という感じで

すでに、のような、のような・・・・。ますます、きららが上昇中のわが家です

 P1240725.jpg
       こたつの中。 きららに甘えると、爆睡の


そんなこんなで、悲しい出来事はありましたが、かわいい子たちのおかげで、
元気に、にぎやかに年が越せそうであります



今、気がかりなことは、チビニャンズの兄弟たちの残りの2匹のこと。
1匹は保護されて、里親募集をされてるのですが、なかなか見つからないとのこと。
もう1匹は、母猫と一緒にいるそうなのですが、キツイ子みたいで保護が難しいそうで・・・。
みんな幸せになってくれたらいいんですけど・・・・。

 o0342025710913195838.jpg
 チビ太3号と呼ばれている、里親募集中くんです。 かなりな男前です!


あとは、の爆走で、PCで打ち込んでる文字がめちゃくちゃになること・・・・。
なんでわざわざキーボードの上、走るかなぁ~


明日は、さすがに更新できないと思います。
今年のまとめとかしたかったのですが、最後の締めがヅカ話でなくて、すいませんでした。

今年もこのようなブログを読んでくださり、ありがとうございました。

来年も宝塚を楽しみながら、明るく過ごせたらな・・・と思います

寒くなるようですので、気をつけて、皆様も、どうぞよいお年を。


P.S 前の記事に拍手コメント頂いた、sさま。
    あたたかいお言葉、本当にありがとうございました。元気に仲良くがんばっていきます!


猫のはなし その1



久しぶりの更新ですが、今日は猫話です。


なかなか気持ちの整理もつかず、書くタイミングを逸していたのですが、

実は、わが家の大切な大切な愛するレオーネが、先月、急逝致しました。

まだ10才でした。


イタリア語で、ライオンという意味の名前のレオーネが、
獅子座流星群が輝き降るその日に、星になってしまいました。


本当に、想像さえしなかった突然の出来事に、まったく実感が湧かず・・・・。

一ヶ月以上経った今でも不思議な気持ちは消えず、ふと思い出しては、涙が止まらなくなります。

まだ写真を見ることも、思い出を語ることも出来ません。


レオーネは、私たちにとっては、特別な特別な子でした。

やんちゃで、大食らいで、やさしくて、おもしろくて、かわいくて・・・・。
レオーネへの想いは、ここで語りつくせるものではありません。


本当に、愛する愛する大切な子でした。


初めて動物を飼った主人は、別れも初めてのことで、私以上にこたえたようで、
本当に本当に辛そうでした。 あんなに泣いた主人を見るのは、私も初めてでした。

ただ、あまり悲しみすぎると、天国のレオーネもかわいそうだし、
残されたきららもかわいそうだからと、出来るだけ今まで通りでいようと、
2人で言い聞かせ合いました。


病死ではあるのですが、あまりに急なことで、原因はよくわかりません。
ただ、いなくなってしまったというのは事実なので、それを知ることはあえてしませんでした。

事故でもなく、闘病もしていませんし、眠ったまま逝ってしまったので、
まったく苦しまず、きれいなままでした。
その姿が、普段とあまりにも変わらないので、不思議な気がしてなりませんでした。

でも、去年の春に「余命3ヶ月かも・・」と言われたきららが大手術も乗り越え、今も元気でいるのに、
つい昨日まで、元気に走り回っていたレオーネが、突然いなくなってしまうなんて・・・・。


きららは、レオーネの亡骸を寝かせてあった部屋に一度入ってきて、匂いをかぎ、
すぐに走って出て行ってしまってからは、2度とその部屋には入りませんでした。
きっと一瞬で、すべてを悟ったのだと思います。

いつも、レオーネが脱走していなくなると、何度も玄関に行き、座って帰りを待っているのですが、
それをすることもありませんでした。

ただ、いつもはおもちゃで誘っても、ほとんど遊ばないきららが、
レオーネがいなくなったあとは、まるで仔猫に戻ったように、一生懸命遊ぶのです。
その姿が、「おかあちゃん、大丈夫よ、私がいるから!さみしくないから!」と、必死に言ってるようで、
本当に胸が苦しくなりました。

2匹は、母猫が違う兄妹で、レオーネが3ヶ月早く生まれていて、
ブリーダー宅から、わが家に来たのも、3ヶ月違いでした。
なので、きららは、1匹だけでいたという経験は無いのです。

猫は1匹でも大丈夫な生き物だといいますが、それでも、突然に、
いつも一緒にいたレオーネがいなくなって、きららもとてもさみしかったと思います。

そんなきららのこともあり、また自分たちのさみしい気持ちもあり、
夫婦で相談して、レオーネと過ごした日々が最高に楽しかったからこそ、
それを忘れないためにも、 早く、新しい子を迎えようと決めました。


そして、今、わが家は子育て真っ最中であります。

 P1240912a.jpg
 

その話は、また次回に。

きららのお誕生日。

今日は猫語りです251


今日、7月21日は我が家の愛猫きららの誕生日です。

2001年7月21日生まれですので、8歳になりました179

レオーネ(母親違いの兄猫になります。)が我が家にやってきた3ヵ月後
「アビシニアンの仔猫、生まれたらしいから、ちょっと見るだけ見に行かへん?」の言葉で、
ダンナを連れ出し、レオーネの実家?名古屋の猫専門のお店まで行った私たち。

「次も男の子」と決めていた私。
“かわいい男の子”を、ダンナには「見てるだけやからね」と探している横で、
突然ダンナ、「この子がいい。絶対美人になる。俺の女や。
訳のわからないことを言い出し、結局、その勢いで、
なぜか、財布に入っていたまぁまぁそこそこの大金を払い、
なぜか、車に積んでいたキャリーバックにお入りいただいて、
おませで、しっかり乳離れできていた「その女の子」を連れて帰ってきたのが、
8年前の9月でした。

ちなみに、レオーネは兄弟の中でももっとも乳離れが遅く229
「この仔にします。」と決めた日から、我が家にやってくるまで、3週間待ったのでありました・・239

そんなこんなで、いきなり我が家の一員になった、やせっぽちの「女の子」
名前も、レオーネイタリア語なので、イタリア語でつけよう・・・と思っていたのに、
当時やっていた、アニメの「犬夜叉」に出てくる、猫又(妖怪)の雲母(きらら)かわいい266との、
これまたダンナの一声で、「きらら」に決まったのでありました。

正直、やせて、目も耳も極端に大きいきららは、私には「美人」とは思えなかったのですけど・・・

 IMGA1368.jpg
       これは、結構かわいく写っている、その頃の写真。


やせっぽちの女の子も順調に大きくなったのですが、幸いにも?とは違い、
まったく太ることもなく、小柄で、いつまでも仔猫のような容姿の、なかなかの美猫さんになり、
これは、ダンナ直感が大当たりでした。

性格は、まさに!典型的なツンデレ娘ではあったのですが、
またそこが、男心をくすぐるらしく、とにかくダンナメロメロメロ~278

普段は、自分から寄ってくることはない、抱っこもさせないくせに、
毎晩、ダンナが帰ってくると必ずマッサージをねだるという、ツンデレぶりを発揮し、
ダンナは、「かわいいなぁ、やっぱり俺が選んだ女や」
それはそれは、うれしそうに毎日同じことを言いながら、マッサージしてました。

それが、皆さんにもご心配頂きましたが、この5月、突然の腹部の腫瘍の発見と手術となり、
実は腫瘍の大きさから言って、悪性ならば「余命3ヶ月」とまで言われたのです。

この「余命」の話は、実はどうしてもダンナには言えず、つい先日、初めて告白致しました。
あまりのことに絶句しておりましたが、おかげさまで、
腫瘍ホルモンの分泌異常によるものだが良性のものと検査結果も出て、
生命にかかわるものもなく、今では、以前とまったく同じ生活をしております。

ただ、やはり、あの手術、入院が、外界を知らない箱入り娘には相当こたえたのだと思います。
性格が、ツンデレではなく、デレデレの相当な甘えん坊になってしまいました。

私が家にいる時は、必ず姿の見えるところにいて、夜は絶対に私のベッドで寝ます。
私が留守の時は、どんなに暑くても、私のベットの上から動かないそうです。
それだけ、さみしく、怖い経験だったのかと、かわいそうで、ますます、
甘あまのバカ親になっております。

ただ、手術の影響なのか、何なのか、毎晩の日課だったダンナへのマッサージの
おねだりが無くなってしまい、「俺を卒業していった・・241ダンナは淋しそうで・・・
でも、あのマッサージのおかげで、病気もわかったので、「それが俺の使命やったんや!」
自分に言い聞かせて自分をなぐさめております。 ガンバレ、ダンナ!

手術の時に刈られてしまった、おなか周りの毛も。 P1200541.jpg 
      (まだ抜糸前。おなかの上が傷口。黒いのが糸です。)

横から見ても、ほとんど境目がわからなくなってきました。
P1220263.jpg  
           これは、今日のきららです。 


 きらら、お誕生日おめでとう420


これからも、、仲良く、元気に、長く一緒に暮らせるように、
今まで以上に体調に気をつけていこうね179


で、最後に、できた兄・レオーネより、プレゼントサービスショット420

P1220191_convert_20090721235232.jpg 
 
いっつもベランダでこんな感じな、レオ兄ぃです229

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。